2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


カイボイセン お猿さん

カイボイセン お猿さん久しぶりにグッズの投稿。

8/1は母の5?歳の誕生日(おそらく知られたくないだろうから伏字)。花とかピアスとかネックレスとか、今までにもいろいろプレゼントしてますが、今回はかな〜り悩みました。で、結局あげたのがこれ。

数々のホームページで紹介されていて前々から欲しい!って思っていたんだけど、偶然横浜高島屋で出会ったので決めちゃいました。自分達が欲しいものを送る、これはあおちゃんとぼびぃのプレゼントに対する基本的な考え方で、まさにその条件にもぴったりでした。


このお猿さんカイボイセン(Kay Bojesenと綴る)のデザインなんですね。「カイボイセン」という名前は、実は最近casacさんの「CASAC.info 〜かざっく道具選眼〜」で知ったばかり。元々はカトラリーのデザインで名を馳せた方だそうで。カトラリーもお猿さんと同様柔らかなカーブを持つデザインで、やさしいのであろうその人柄がじわぁっとにじみ出てます。

一つ注文をつけるならば、このお猿さん、首も動けばいいのになぁってこと。動かすことも出来そうなんだけど、壊れそうで力が入れられない。高島屋で見せてもらった在庫のお猿さんは、首を傾げた形で固定されていて「何かあったの?」ってポーズをしてました。通販で購入を考えている人がいると思いますが、ご注意を。

【関連ページ】
ブラウデザイン


Nespresso コーヒーメーカー

とうとう買ってしまいました、Nespresso コーヒーメーカーを!横浜高島屋の Nespresso ブースを訪れるたびに試飲をして、欲しいなぁって思ってたのでした。とても簡単に本格的なエスプレッソやカプチーノを淹れる事が出来ます。

セミオートの D190/C190、フルオートの D290/C290、マニュアルの C250/D150 などさまざまなタイプがありますが、簡単に出来なきゃ意味がない!ってことでフルオートの D290 クロムを買いました。D290 と C290は形が違うだけで機能は同じです。


エスプレッソの淹れ方ですが、写真左にある専用コーヒーカプセルをセットして、ボタンをポン。これだけです。あらかじめ水量がセットされている(エスプレッソは50cc、ヨーロピアンは100cc)ので自動ストップ。もちろん好みの水量に変更も出来ます。

コーヒーカプセルはエスプレッソ9種類、ヨーロピアン3種類の計12種類。10カプセルで650〜750円と値段はやや高めですが納得のおいしさ。口当たりの強いリストレット、コクと風味のバランスがよいリヴァントが好みです。カプセルがカラフルでかわいいから飾りたいなぁって思ったら、そういうアクセサリーも販売してました。その辺は抜かりがないな、Nespressoめ。

完全に嵌ってしまい、買ってから毎日飲んでます。会社にも一台欲しいなぁ・・・。


DeLonghi コンパクトオーブン

デロンギコンパクトオーブンケメックスのコーヒーメーカー柳宋理のステンレスケトルに続く竣工祝いの頂き物シリーズ第三弾!

竣工パーティをした際にM工務店社長からもらったカタログギフトでGETしました。これとVitantonioのクラシックブレンダーElectroluxのスチームガンで迷いました。ブレンダーでスムージーも作りたいし、スチームガンでガラスをピカピカにしたい…。最終的には日常生活で一番使いそうなオーブンにしました。


今はホームセンターで945円(!)で手に入れたオーブンを使ってますが、トーストがパリっと焼けないんです。この値段だから文句言うのもどうかと思うけど…。いつかは買い換えたいと思いつつ、2年も使用してしまいました。もう十二分に元は取ったぞ。

パンはもちろん、ピザ用の石板がついているので、本格的なのを焼けます。生地から作っちゃったりして。あと、魚を焼けるってのもガスコンロに魚焼きがついていないのでありがたい。

まだ箱から出したばかりで使い始めてないのですが、今後大活躍してくれそうです。


ステンレスケトル

あおちゃん弟夫婦からの新築祝いの贈り物第二弾。デザインは柳宗理。オフィシャルサイトはこちら

「新築祝いは何がいい?」と聞かれたので、「ケメックスのコーヒーメーカー」か「ステンレスケトル」のどちらかと頼んだら、なんと両方ともプレゼントしてくれました。太っ腹!以前使っていたケトルを空焚きしてダメにしてしまって、以来ずーっと鍋でお湯を沸かしていたのでした。


飽きのこないデザインで使い勝手も抜群。給水口が広くって水が入れやすく洗いやすいです。また、底面が広いのでガスコンロにかけたときに火をしっかり受けることができるせいなのか、お湯が沸くのが早いように感じます。難点は・・・、特に思い当たらないんだけど、やや汚れが付くと目立つこととお湯を沸かすと持ち手が熱くなってしまう、ということでしょうか。「持ち手が・・・」はどのケトルでも同じかもしれませんが。

長くきれいに使いたい一品です。

【関連ページ】
調理用具専門店アドキッチン


水やお酒が旨くなる?

今までずーっと気になっていたものを購入。その名は「魔法のボトル」。ネーミングからしてかなり怪しい・・・。


付いてきた説明書きによると、
この魔法のボトルは、お水を一晩入れておくだけで翌朝には味がまろやかになり、おいしくいただけます。
お水のほかにも、お酒や焼酎を入れていただいても効果があります。
とのこと。

なんでも、使用している信楽の粘土には「マイナスイオン作用」で注目されている(?)ラジウム鉱石を含む原土を使用していて、このラジウム鉱石から出るアルファ線によって、酒はアルコール分子の周りに整列した水分子が取り囲んで味がまろやかになり、水はイオン化しておいしくなるそうだ。しかも、その効果は永久!!

水やお酒は入れるとすぐ変化が始まるのだが、味の変化を理解するためには一昼夜置いた方がいいとのことなので、明日の夜にでも違いについてレポートします。

使用上の注意が書いてあってどれも至極もっともなことなんだけど、最後の但し書が気になる。
ただし、お水、お酒、焼酎のボトルの併用はお避けください。
何本も買わせる気!?


ケメックスのコーヒーメーカー

あおちゃん弟夫婦からの新築祝いの贈り物。デザインはドイツ人化学者ピーター・シュラムボーム。オフィシャルサイトはここ

三角フラスコに似た形状で、実験器具好きにはたまらない一品。もちろん実験器具好きじゃなくても気に入ると思います・・・。

ガラスのボディに木を巻きつけて持ち手とする方法、木が外れないように革紐で結ぶという方法は、使い勝手だけでなくデザインとしてもすばらしいですね。


専用のろ紙の先端がとがっていることで、注ぎいれたお湯が挽いた豆を通る時間が長く、豆から均質にコーヒーを抽出することが出来ます。優れもの!

難点はこの形状故に洗いにくいこと。手が入らないので、ブラシ(専用品あり)などを使用しなくちゃ底の部分は洗えません。あおちゃん家では使い終わったらすぐに水洗い、数回使用後に持ち手を外して洗剤洗い、としています。

もらったのは6cup用ですが他に3cup用もあります。また、それぞれに機械で作った「マシンブロウ」と、職人さんが1つ1つ手吹きした「ハンドブロウ」というタイプがあります。モノの出来にこだわりのある方はハンドブロウをどうぞ。(現物を見たことないのでマシンメイドとの差はわからず・・・)

雰囲気の似た製品にエバ・ソロカフェソロってのもあります。こちらはフィルタを使わず、挽いた豆を入れてお湯を注ぐだけというお手軽なコーヒーメーカー。意外にも掃除は楽なようですが、コーヒー粉がカップに入ることがあるようなので、あおちゃんには×かな。

ケメックスのコーヒーメーカーについてのさらに詳しい説明はこちらでどうぞ。
ケメックスのコーヒーメーカー

【関連ページ】
4CUPS+DESSERTS