2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「人形館の殺人」綾辻行人

人形館の殺人タイトル:人形館の殺人
著者  :綾辻行人
出版社 :講談社文庫
読書期間:2004/09/24 - 2004/09/25
お勧め度:★★★

Amazon | bk1 ]


+++++

亡父が残した京都の邸「人形館」に飛龍想一が移り住んだその時から、驚倒のドラマが開始した!邸には父の遺産というべき妖しい人形たちが陣取り、近所では通り魔殺人が続発する。やがて想一自身にも姿なき殺人者がしのび寄る!

+++++

館シリーズ第四弾。普段は自分でまとめてあらすじを書くんだけど、今回は出版社の紹介文を引用しちゃいました。

というのもあまり書きすぎるとネタばれしちゃいそうだから。文体も妙だし、島田潔がなかなか登場してこないのも妙。なにもかも今までの館ものとは違う雰囲気を持って進んでいきます。そして結末も・・・。

世の評価は真っ二つですね。結末が納得いかないという方、これがミステリといえるのかという方、トリックなどない方も多数いるようです。が、これはこれでいいのです。単独で刊行されたものなら「なんだこれは」でしょう。でも、「館シリーズの第四弾として刊行されたこと」に意味がある。これが最大のトリックだった、と読了した今となってはしみじみ思います。

力説しましたが(笑)、あおちゃんの評価は、まずまずって感じ。「世の評価は真っ二つ」と書いといて中途半端な評価で申し訳ないです。「十角館」のインパクトが大きかったからなぁ。しかし、今までの館シリーズの中で、一番はっきりとしないことがたくさん残っているので、再読するならまずこれだと思います。

【みなさんのご意見】
ウラワの魂さん
vivianne's room*さん
今日の一冊さん
ラブレスさん
Mistery blogさん['04/11/04追記]


スポンサーサイト

  • 00:49
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんにちは〜♪
読書傾向も似てますが、感想も似てますね(*^-^)
やはり感性自体が似ているのかな。
だとしたらウレシイですね〜♪
「反則じゃ〜ん」と叫んだこの作品ですが、
やや爽快なやられ方でもありましたから・・・。ちょっと笑っちゃうような感じの。

  • vivianne
  • 2004/09/29 2:35 PM

はじめまして、Tバックありがとうございます。
暗黒館のために再読したんですが、内容は忘却の彼方です(苦笑)

  • 3104
  • 2004/10/05 12:10 PM

はじめまして!
コメントありがとうございました。

「人形館」については、アイディアと構成については
良いと思うんです。

しかし、そのオチに至るまでの見せ方がイマイチだったかと・・・・

せっかく人形館という不気味な舞台を用意しているのだから、
序盤からもっと盛り上げることが
可能だったのではないかと思いました(・∀・;)

  • モギ
  • 2004/11/02 6:22 PM

■モギさん
はじめまして。

>序盤からもっと盛り上げることが
>可能だったのではないかと思いました(・∀・;)
これでいいのだと思う一方、「人形」をもう少し使うことが出来なかったかなぁ、とは思いますね。結局視線が集中している先に・・・、程度しか使っていなかったので。

館モノは最新刊まで読了しました。モギさんは読み進めてますか?

  • あおちゃん
  • 2004/11/02 11:02 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

人形館の殺人/綾辻行人

人形館の殺人亡父が残した京都の邸「人形館」に飛龍想一が移り住んだその時から、驚倒のドラマが開始した!邸には父の遺産というべき妖しい人形たちが陣取り、近所では通り魔殺人が続発する。やがて想一自身にも姿なき殺人者がしのび寄る! 名探偵島田潔と謎の建築家

  • ウラワの魂
  • 2004/09/28 1:15 AM

「人形館の殺人」綾辻行人

第一印象は「反則じゃんか〜!!」 でもよくよく考えてみると、 ラストに向かうにつれ、違和感は現実のものになり、 漠然としたズレが、手に取るようにはっきりとしてきたわけで。 それを自分なりに消化出来ずに抱いた第一感想がソレだった訳ですね。 もちろん、

  • vivianne's room*
  • 2004/09/29 2:32 PM

綾辻行人「人形館の殺人」

 亡父が残した京都の邸「人形館」に飛龍想一が移り住んだその時から、驚倒のドラマが開始した!邸には父の遺産というべき妖しい人形たちが陣取り、近所では通り魔殺人が続発する。やがて想一自身にも姿なき殺人者がしのび寄る!名探偵島田潔と謎の建築家中村青司との組

  • Mistery blog
  • 2004/11/02 3:27 PM