2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「有頂天家族」森見登美彦

有頂天家族タイトル:有頂天家族
著者  :森見登美彦
出版社 :幻冬舎
読書期間:2008/05/16 - 2008/05/21
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 ]


糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の狸、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天―。狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。

感想はそのうち・・・。


スポンサーサイト

  • 13:43
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

本、直木賞苦悩

夜は短し歩けよ乙女 もの書き、そして編集者、もともとは世をすねた、世間にもてあまされ、所詮はしがない「ヤクザ稼業」のようなものである。 直木賞は彼ら編集者のアンケート調査に基づいてノミネート小説が決まる。編集者といっても縄張りのようなものがあり、当然

  • つき指の読書日記by大月清司
  • 2009/03/22 10:16 AM