2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


第140回芥川賞/直木賞候補作発表!!

第139回芥川賞、直木賞の候補作が発表されました。
(クリックするとAmazonに飛びます)

■芥川賞
鹿島田真希「女の庭」(文藝秋号)
墨谷渉「潰玉(かいぎょく)」(文學界12月号)
田中慎弥「神様のいない日本シリーズ」(文學界10月号)
津村記久子「ポトスライムの舟」(群像11月号)
山崎ナオコーラ「手」(文學界12月号)
吉原清隆「不正な処理」(すばる12月号)

■直木賞
恩田陸「きのうの世界」(講談社)
北重人「汐のなごり」(徳間書店)
天童荒太「悼む人」(文藝春秋)
葉室麟「いのちなりけり」(文藝春秋)
道尾秀介「カラスの親指」(講談社)
山本兼一「利休にたずねよ」(PHP研究所)

ブログの更新が半年毎のこのネタになっております。。。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

受賞作の発表は、1/15(木)。


スポンサーサイト

  • 11:42
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

気になる本⇒パンツ一丁で郵便局、血液型本、芥川賞・直木賞候補

 1.始めに 最近、気になる本の話題がいくつかあったので、紹介しよう。1つ目は『男はなぜパンツ一丁で郵便局に押し入ったのか』、そして2つ目は『血液型本、年間ベストセラー10位内に4冊』、さらに3つ目に『芥川賞・直木賞候補作』が決まったこと。 2.男はな

  • 明日への道しるべ@ジネット別館
  • 2009/01/05 7:04 PM