2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「仏果を得ず」三浦しをん

仏果を得ずタイトル:仏果を得ず
著者  :三浦しをん
出版社 :双葉社
読書期間:2008/01/18 - 2008/01/21
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


"好き"が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。

エッセイも書いてしまうほど文楽好きの著者が小説にも挑戦。若き文楽の太夫・健と三味線弾き・兎一郎を中心に、恋あり笑いあり涙ありの青春小説です。「本が好き!」からの献本。

ここのところマイナー競技を扱った本ばかり読んでましたが、とうとう文楽とは・・・。スポーツだったら好きなのでマイナーでも少々知識はあるのですが、文楽については全く知識がありません。なので、最初は主人公が語る演目もあらすじも全然頭に入ってこなくて、右から左へと抜けてゆく状態でした。

しかし、演目の内容と実際に起こる事件が絶妙にリンクして、「文楽=人生そのもの」と置き換えられるようになってから俄然面白くなってきました。文楽を極めようとしつつも恋に悩む健、大切な相棒を亡くしたことを今一つ吹っ切れない兎一郎に感情移入することしきりでした。

他の登場人物たちもいい味を出していて、特に二人の師匠・銀太夫がいいです。いい加減なようで、しっかり見ているところは見ているし、悪い点をはっきり言わず、本人が自分で見つけ出すように道を示す。近くにいると苦労しそうですが、いい上司じゃないかと思います。

この本を読んでから「あやつられ文楽鑑賞」というエッセイが出ていることを知りました。普段エッセイは全く読まないのだけれど、本書をより楽しむために読んでみようかと思っています。

+++++

【みなさまのご意見】
多趣味が趣味♪さん('08/02/07追加)
苗坊の読書日記さん('08/04/06追加)


スポンサーサイト

  • 17:39
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは♪
私は「あやつられ文楽鑑賞」の方を先に読んでいたのなんとか理解できました。まるっきりわかっていなかったら少々辛かったかもしれません。
ぜひ読んでみてくださいね!
『女殺〜』と『忠臣蔵』の解説が(ツッコミも)冴えに冴えていてオススメです♪

■tomekitiさん
コメント遅くなりすみません。
そうですか〜、やっぱりエッセイを先に読んでいたほうが楽しめたのでしょうかね。
ぜひぜひ読んでみたいと思います。

  • あおちゃん
  • 2008/02/07 9:00 PM

こんばんわ^^
私は文楽については全く無知でした。
しをんさんの「あやつられ文楽鑑賞」を読んで知ったんです^^
なので、小説まで書くとは・・・とビックリしています。
本当にしをんさんって、好きになるととことんな方なんだなぁと再認識。
エッセイもぜひぜひ読んでみてください。

  • 苗坊
  • 2008/03/26 11:01 PM

■苗坊さん
エッセイから先だと少し知識をつけてからの読書だったんですね。うらやましい。。。
十分楽しめたのですが、読む順番次第でもっと楽しめたかなぁと思います。

  • あおちゃん
  • 2008/04/06 7:57 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

三浦しをん『仏果を得ず』

三浦しをん『仏果を得ず』 双葉社 2007年11月25日発行 文楽の太夫を目指す健は、超わがままなお師匠銀太夫(人間国宝)の元で日夜修行の日々。 そんなある日、堅物と評判の三味線・兎一郎と組むようにというお達しが出て・・・。 若手太夫の熱き青春物語。

  • 多趣味が趣味♪
  • 2008/01/30 12:17 AM

仏果を得ず 三浦しをん

仏果を得ず オススメ! 文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、笹本健。 師匠から突然、三味線の鷺澤兎一郎と組めと命じられる。 文楽の世界に入ってから、ろくに会話をした事がなく、また「実力はあるが変人」という噂もある人物だった。 “好き

  • 苗坊の読書日記
  • 2008/03/26 10:57 PM

仏果を得ず<三浦しをん>−(本:2009年25冊目)−

仏果を得ずクチコミを見る # 出版社: 双葉社 (2007/11) # ISBN-10: 4575235946 評価:80点 文楽である。 全く興味のない分野である。 この小説の主人公と同様に、高校生のときに芸術鑑賞会かなにかで文楽を見に行ったことがあるくらいである。 この小説の

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2009/02/21 12:21 AM