2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「無痛」久坂部羊

無痛タイトル:無痛
著者  :久坂部羊
出版社 :幻冬舎
読書期間:2008/01/10 - 2008/01/16
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。

著者の作品は、「廃用身」「破裂」に続いて三作目です。現役医師だけあって扱うのは医療ネタ。

外見で診断できる医師を主人公に、心神喪失ならば犯罪責任を逃れられる刑法39条の問題や一家惨殺事件、別れた妻を追い回すストーカー夫など実際にある事件、そして先天性無痛症という病気を絡めた意欲作です。

見ただけで病気を特定できてしまう二人の医師が登場しますが、一方は自分を最悪の医師と呼び、小さな診療所で来るもの拒まず診療を続け、他方はその力を最大限に利用し、現代医療に一石を投じようとしています。一見便利な特殊能力ですが、必要以上に見えてしまうのは日常生活では苦労してしまいそう。

先天性無痛症という病気は、はじめて知りました。痛みを感じないことで、捻挫や骨折を繰り返し骨格形成不全となること、重篤なやけどを起こしやすいこと、精神発達に遅れを生じやすいこと等書かれています。人は痛みを繰り返し経験する中で、自分の行動を制御していく。スポーツをして筋肉痛や打ち身、捻挫などをした時の痛みを疎ましく思っていましたが、本書を読んで痛みを感じることに感謝したいくらいでした。

願わくばもう少し先天性無痛症について掘り下げて欲しかったです。この一冊だけで判断すると、「先天性無痛症=精神に障害がある」と結び付けてしまいそうです。これは極端な例であって、そうでない方も多数いるなど、医師ならではの公平な目線も少し交えた方がよかったように思います。エンターテインメントとしては最高なのですが。

「無痛」というタイトルですが、読んでいると数々の強烈な描写に痛みを感じずにはいられません。不快な表現も多々あるのですが、それでも先を知りたくなってしまう筆力はなかなかのものでした。それにしても、何であんな男と結婚したのか、不思議でたまりません・・・。

+++++

【みなさまのご意見】
本のことどもさん('08/01/22追加)
らぶほん−本に埋もれてさん('08/01/28追加)


スポンサーサイト

  • 19:42
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんにちは。
久坂部さんの作品ということで、ある程度は覚悟して読み始めたのですが、やはりグロテスクな表現にはまいりました。
読み終えたあとも、すっきりとしない気味悪さが残ってしまった一冊でした。

■らぶほんさん
あそこまでの描写が必要かどうかは意見の分かれるところですね。
僕は、犯人の特徴から致し方ないところかなぁと思います。
ただ再読は遠慮しておきます・・・。

  • あおちゃん
  • 2008/01/28 7:24 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

◎「無痛」 久坂部洋 幻冬舎 1890円 2006/4

 無痛症というのは、以前テレビ番組でその珍しい病気の紹介を観て、知ってはいた評者である。簡単にいうと、痛みを感じない病気である。テレビでは、痛みを感じないため、無謀な行為で自分を傷つけてしまう少年の紹介であった。だから、評者の知識もその程度。おまけに

  • 「本のことども」by聖月
  • 2008/01/19 12:48 PM

無痛⇔久坂部羊

無痛 見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条…。 神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえない

  • らぶほん−本に埋もれて
  • 2008/01/24 2:37 PM

医療に限界はあるのか:無痛

無痛作者: 久坂部 羊出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/04メディア: 単行本 「廃用身」、「破裂」に続く久坂部羊の第三作。 今までと感じが異なるが、面白さは一番上かもしれない。

  • 本読みの記録
  • 2008/07/07 10:12 PM

●読書記録● 「無痛」 久坂部羊

ちょうど海堂尊の本をたくさん読んでいた時期に買った本です。 海堂さんも作家でありご自身が医師でいらっしゃるのですが、 この作者もご自身がやはり医師でいらっしゃるとのこと。

  • The 近況報告!
  • 2009/07/26 2:54 PM