2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「六番目の小夜子」恩田陸

六番目の小夜子タイトル:六番目の小夜子
著者  :恩田陸
出版社 :新潮文庫
読書期間:2004/09/02
お勧め度:★★★★


恩田陸さんの伝説のデビュー作。ファンタジーノベルシリーズの一冊として刊行されるも絶版。その後、別作品が売れたことに伴い、本作も大幅加筆され新潮文庫から再版されました。一度絶版の憂き目をみたことで、話題性が出ているのは結果としてよかったのかも。

カテゴリーとしては、ホラーに入るのかな。ただし、薄気味悪いバケモノも血みどろの殺人者も出てこない。舞台は高校。その生徒達の間で何の理由も無く受け継がれている「サヨコ」というゲーム。学校という閉鎖的な空間で進んでいく話は妙な緊張感を醸し出している。作品の持つ雰囲気が大いに気に入った。

デビュー作ということで、多少荒いところもあるが(ラストはややインパクトが弱い)、読了感はすがすがしい。高校三年生の一年間を丁寧に綴っているので、自分の高校時代の記憶と重なる風景を見つけることが出来るだろう。

恩田陸さんの本は、本屋ではよく見かけてはいたが未読で、本作が初恩田陸。今まで知らなくってもったいなかった。著作は既に数十冊出ているようなので、一冊ずつつぶしていきたい。

+++++

【みなさまのご意見】
本を読む女。改訂版さん('05/06/03追加)
+ChiekoaLibrary+さん('05/07/07追加)
Grave of memoryさん('06/01/09追加)
乱読家のススメさん('06/04/12追加)
*モナミ*さん('06/05/06追加)
唇からナイフさん('06/11/28追加)
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん('07/02/04追加)


スポンサーサイト

  • 16:53
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん、ご無沙汰!
なんだか9月に入ってから、カタログの秋冬用改訂(←仕事)で忙しいコムギです。

さて、恩田陸さんですか。いいですね〜〜。
また話があった。私も、好きなんですよ。
でもハードカバーの物で未読の物結構あります。
恩田陸さんの本は装丁もいいし、ファンは手放さないので
中古で出回らないんですねー。ヤフーオークションとかでも
争奪戦で、高額になるし・・・
恩田陸さんだけは、新刊で思い切って買おうかなと思っています。読みたいの沢山あります!んでもって、再読したいんですよね。
私が特に好きなのは「上と外」や「ドミノ」。
ストーリー展開が早い物が好きなので。
あおちゃんは「黒と茶の幻想」などじっくり読むものが
好きかなー・・・

  • こむぎ
  • 2004/09/08 12:24 AM

おー、おかえり!
忙しそうですなぁ。あおちゃんもそれなりに忙しかったけど、ブログはちょっとずつアップしとりました。(メインは全然ですが、、、)

恩田陸さん、いいですね〜。すっごく気に入りましたよ。コムギさんとこの「Ca library」で薦められてましたね。納得。

読みたい本がたくさんあってどこから手をつけようか・・・と迷っとります。横山秀夫さんも読みたいし、宮部さんも読みたいし。それに恩田陸さんも加わりました。
今年の秋は、「食欲」よりも「読書」の秋かな。いや、両方ともか、、、。

  • あおちゃん
  • 2004/09/08 1:32 AM

宮部みゆきさんは、メジャーすぎて、私も読むまでに
時間かかりました。山村美沙みたいなんかなぁとか思ったり
して・・・
恩田陸さんは未読で読みたいのが5冊以上あります。
新刊で買ったら、1万円くらいに・・・
やっぱり細々と、古書で探そうかなぁ

  • こむぎ
  • 2004/09/08 8:01 AM

書籍費ってばかにならないですよねー。
ブログであげてるのは推理小説が多いけど、そのほかに雑誌を買ったり、仕事関係の本を買ったりですごいお金を使ってるし。

昔、籠を本でテンコ盛りにしてる方を見かけて、驚いたことがあります。全部買ったんだろうか。あの人、お店中で注目をあびてたなぁ。

  • あおちゃん
  • 2004/09/08 2:59 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

ミステリ感想(3冊)

なんかジオでの私の名前がgomulessさんになってしまった。 パスワードかなんかかと思ったら…吉井ですってば。 それにしてもゴムレスかよう。愛もなければゴムもないってわけですね。 愛がなくてもちゃんとつけましょうね。 時計館の殺人 /綾辻行人 108個の時計コ

  • ラブレス
  • 2004/11/12 1:08 PM

「六番目の小夜子」恩田陸

六番目の小夜子posted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 2恩田 陸 / 恩田 陸著新潮社 (2001.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 日本ファンタジーノベル大賞の候補になったデビュー作。 ファンタジーノベル大賞って上質な作品

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/06/03 1:21 PM

六番目の小夜子 [恩田陸]

六番目の小夜子恩田 陸新潮社 1998-08 とある高校に、十数年間にわたり受け継がれる奇妙な「ゲーム」。ゲームの主役は三年に一度選ばれる「サヨコ」と呼ばれる生徒。そして「六番目のサヨコ」が誕生するはずの今年、その高校にやってきた転校生の名前は「津村沙世子」

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2005/07/07 9:33 PM

恩田 陸の「六番目の小夜子」読了

六番目の小夜子 恩田 陸 著 「六番目の小夜子」 ★★★★ 津村沙世子――とある地方の高校にやってきた。美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり,奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度,サヨコと呼ばれる生徒が,見えざる手によって選ばれる

  • Grave of memory
  • 2006/01/08 12:36 AM

「六番目の小夜子」/恩田陸(新潮文庫)

 しばらく漫画ばっかりだったのでここで最近読み終えた小説を。  今更?と思うむきもあるだろうが「六番目の小夜子」である。

  • 乱読家ノススメ
  • 2006/04/11 11:43 PM

『六番目の小夜子』 恩田陸

ホラーのような、ミステリのような…。 ものすごく怖いわけではないんだけれど、 夜読んでいると、背筋がゾクゾクしてきた。 ある学校に伝わる、サヨコ伝説。 しかしそれは、単なる伝説ではなく、 今も生きている、今も継承されている、秘密の行事。 誰も

  • *モナミ*
  • 2006/05/06 7:55 PM

「六番目の小夜子」(改訂版) 恩田 陸

「六番目の小夜子」のことが初めて気になったのは、絶版になってカルト的な人気になっているという書評を、何かで読んだ時でした。 2回目はNHKの子供向けドラマで栗山千明さんや鈴木杏

  • 唇からナイフ
  • 2006/11/28 2:12 AM

六番目の小夜子 恩田陸

六番目の小夜子 ■やぎっちょ書評 これは、たしか。恩田陸さんの処女作?ですよね?? 驚きました。今まで「古い本」のイメージがあって読まずに来ましたが、もっと最初に読んでおくんだった。 普通に小夜子さんのお話なんだなぁと思っていたら、なんと関根一家のお

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/02/03 5:21 PM

六番目の小夜子/恩田 陸 [Book]

 恩田 陸:著 『六番目の小夜子』  六番目の小夜子 (新潮文庫)恩田 陸新潮社このアイテムの詳細を見る  恩田さん、実は前に読みかけのまま  中断しちゃったことがあるので、  実質、これが初。  恩田さん作品群のなかでも、  この本は人気が高いらしく、  私

  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2007/09/03 7:49 PM

六番目の小夜子

★★★★

  • 自由の森学園図書館の本棚
  • 2008/12/03 9:16 PM