2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「烏金」西條奈加

烏金タイトル:烏金
著者  :西條奈加
出版社 :光文社
読書期間:2007/12/17 - 2007/12/18
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


因業な金貸し婆、お吟のもとに現れた謎の若い男、浅吉。お吟のもとで押しかけ居候を始めた浅吉には、実は秘密の目的があった…相棒の烏、勘左とともに、浅吉が貧乏人を救う! 『金春屋ゴメス』の西條奈加が放つ超・時代エンターテインメント。

「金春屋ゴメス」が面白かったので借りてきました。著者の最新作。

金貸し・お吟もとに現れた謎の若い男・浅吉。金貸し業の手伝いを申し出て、お吟のために働く浅吉には実は秘密の目的が・・・。

タイトルの「烏金」とは、本文を借りれた「明烏のカァで借り、夕方のカァで返すことからこう呼ばれる。最も多いお得意は、振り売りや裏店の小商人の身薄の者たち」とのこと。浅吉は、借金返済のコンサルティング業とでもいうのでしょうか、債務者の特性に合わせた新商売を提案し、次々に返済不能と思われる借金を取り立てていきます。その場しのぎの強引な手法では決してなく、借金返済後も利益を生み出す根本的な対策。今の時代でも通用するかも?

タイトルに引っ掛けて烏の勘左という相棒が登場しますが、別に烏じゃなくてもいいような。確かに出てくる場面は重要な場面で大活躍といってもいいのですが、その分「なんで烏なの?」と少々引っかかってしまいました。

それはさておき烏が人間の言葉を理解するという設定からどことなくファンタジックの雰囲気を持つ本書。さすがは「日本ファンタジー大賞」受賞者というところでしょうか(受賞作には、「これがファンタジー?」ってのもたくさんありますが)。今後は時代物だけでなく、現代物なども書いてくれないかと切に願います。

+++++

【みなさまのご意見】
おさんぽ文庫さん('08/01/22追加)


スポンサーサイト

  • 15:20
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

はじめまして、こんにちは。
私は、この本、とっても楽しんだのですが、烏の活躍はすっかり忘れていました(笑)
ファンタジーですね( ̄ー ̄)
私も現代モノが読んでみたいです!

■キウイさん
こんばんは。
デビュー作から西條さんには注目してます。
このまま時代物オンリーで続けるのでしょうかね。
どちらにしても新刊をチェックしたい作家さんの一人です。

  • あおちゃん
  • 2008/01/22 8:39 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

烏金 / 西條奈加

烏金 作者: 西條 奈加 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2007/07 メディア: 単行本 烏金と呼ばれる、日銭を貸しているごうつく婆のお吟。彼女にわけあって近づく浅吉。彼は天性の才能で借金まみれの人々を救済していく。力ずくで無理やりの取立てをせず仕事を斡

  • おさんぽ文庫
  • 2008/01/18 4:53 PM