2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「映画篇」金城一紀

映画篇タイトル:映画篇
著者  :金城一紀
出版社 :集英社
読書期間:2007/11/29 - 2007/12/03
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


友情、正義、ロマンス、復讐、そして、笑いと感動―。五つの物語の力が、あなたを救う。今すぐ映画が見たくなる。今すぐ誰かに読ませたくなる。笑いと涙と感動が詰まった、完全無欠のエンターテインメント! 書き下ろし最新小説集。

映画をモチーフにした連作短編集で全五編が収録されています。

区民会館での「ローマの休日」上映会を軸に、それぞれの物語が微妙に絡まっているのがポイント。友情あり、家族愛あり。男女の出会いもあれば、亡くなった人に対する思いもある。それぞれ独立しているのに「ローマの休日」で繋がっていて、長編小説とも思えるほどでした。

出てくる映画をリストアップしようと意気込んでいましたが、すぐにやめました。出てくる映画が多いってこともあるけど、読むペースと流れを妨げたくなかったというのが大きな原因です。映画への愛情はもちろんのこと、登場人物たちがみんな愛らしかったです。

どれもすばらしい話でしたが中でも「太陽がいっぱい」「愛の泉」がお気に入り。「太陽がいっぱい」は金城さんお得意の設定、「愛の泉」はオチが予想できたけど暖かい気持ちになりました。

寡作の人だからまたしばらく新刊が出ないんでしょうね・・・。ドラマ「SP」で我慢することにします。

以下、備忘録。

太陽がいっぱい
デビュー小説の映画化が決まり、訪れた撮影現場で小学校の同級生と出会う。渡されたブルース・リーのブロマイドから仲のよかった友「龍一(リョンイル)」を思い出す。

ドラゴン怒りの鉄拳
連れ合いが寝室で自殺してから引きこもりの生活が続いた私。たまたま電話のジャックをつなげた時にレンタルショップからビデオの返却依頼の電話が来る。私は意を決してビデオを返しに出かける。

恋のためらい/フランキーとジョニー もしくはトゥルーロマンス
隣の席の石岡さんと好きな映画の話をしてから仲良くなった僕。突然の電話で呼び出された僕は、石岡さんからとんでもない計画を打ち明けられる。

ペイルライダー
自由研究「映画ランキングベスト50」の為にレンタルビデオ屋通いをする小学生・ユウは、店を出たところでクラスのいじめっ子に難癖をつけられる。そこに大きなバイクに乗ったパンチパーマのおばちゃんが通りかかりいじめっ子を追い払ってくれた。おばちゃんは何やら目的があってこの町に来たらしく・・・。

愛の泉
おじいちゃんが亡くなってから元気のないおばあちゃんを励ますため、孫五人は協力しておばあちゃんがおじいちゃんと初めて観た映画の上映会を計画する。

+++++

【みなさまのご意見】
苗坊の読書日記さん('08/01/07追加)
ぱんどらの本箱さん('08/01/07追加)
多趣味が趣味♪さん('08/02/07追加)


スポンサーサイト

  • 16:25
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

映画篇 金城一紀

映画篇 オススメ! 「太陽がいっぱい」 僕のデビュー小説の映画化が決まり、撮影現場を訪れた時、一人の女性に話しかけられた。彼女は懐かしい僕の本名を呼び、自分は「永花(ヨンファ)」だと名乗った。 「ドラゴン怒りの鉄拳」 買い物から帰ってきたら夫が自殺し

  • 苗坊の読書日記
  • 2008/01/06 11:29 AM

金城一紀【映画篇】

映画がきっかけで友達ができる。恋が始まる。人生が変わる。ちょっと大人になる。幸せになる。そんな人々の姿を描いた中篇5作を収載。 ...

  • ぱんどらの本箱
  • 2008/01/06 12:07 PM

金城一紀『映画篇』

金城一紀『映画篇』 集英社 2007年7月30日発行 『ローマの休日』『太陽がいっぱい』『大脱走』『ドラゴン怒りの鉄拳』など、不朽の名作の力も借りて、映画がキッカケで出会った人々の友情や愛を描いた連作短編集。 映画篇 金城 一紀 2008年本屋大賞にもノ

  • 多趣味が趣味♪
  • 2008/01/30 12:11 AM

映画篇<金城一紀>−(本:2009年11冊目)−

映画篇クチコミを見る 評価:98点 # 出版社: 集英社 (2007/07) # ISBN-10: 4087753808 大いに笑い、感動し、不覚にも泣いてしまった。 近年読んだ中では最高だ。映画好きのおっさんにはこれはたまらん。 この本を読もうかと思ったとき(昨日)には、図書

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2009/01/18 10:21 PM