2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「赤(ルージュ)・黒(ノワール)」石田衣良

赤(ルージュ)・黒(ノワール)−池袋ウエストゲートパーク外伝タイトル:赤(ルージュ)・黒(ノワール)−池袋ウエストゲートパーク外伝
著者  :石田衣良
出版社 :文藝春秋
読書期間:2007/11/16 - 2007/11/19
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


一時間で一億円の大博打。池袋のカジノ売上金強奪。襲撃成功。ところが、金を横取りされて…。怒りと誇りが男を這い上がらせる。

シリーズ本を読破し、残ったのが本書。シリーズでの主要人物で本書に登場するのは、サルくらいなので、シリーズ本を読んでいなくても十分に楽しめます。

誘われるままにカジノ売上金の狂言強奪に参加した映像ディレクター・小峰渡。襲撃は成功したが、その後その金をすべて横取りされ、小峰は金の行方を追うこととなります。

タイトルとなっている赤、黒は、カジノの一つルーレットの盤面を指しています。テーマは「ギャンブル」で、売上金強盗も時給数千万のギャンブルなら、ラストもカジノが舞台です。伝説の賭博師の登場とかラストシーンといい、多分に都合がよすぎると思わないでもないですが、全く縁のない世界だったので楽しく読めました。

出てくる女性陣が男性以上にたくましいです。小峰の彼女・香月にしてもそうだし、毎日顔写真を撮り続ける女性(名前失念)にしてもそう。こんなに女性陣が頑張るのなら、男性も頑張らねばなりません。

お金を取り返して得た報酬で、小峰は撮りたかった映像を撮ることが出来たのでしょうか。ってこれ、シリーズのどこかにリンクしてませんか?


スポンサーサイト

  • 19:10
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback