2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚タイトル:木洩れ日に泳ぐ魚
著者  :恩田陸
出版社 :中央公論新社
読書期間:2007/10/17 - 2007/10/18
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


あの旅から、すべてが変わってしまった。一組の男女が迎えた最期の夜明らかにされなければならない、ある男の死の秘密。運命と記憶、愛と葛藤が絡みあう恩田陸の新たな世界。

密室での男女二人の会話から全編構成されています。こういう閉じこもった空間での緊迫感がある情景描写は、恩田さんはお得意と思います。

別れの一夜に二人で暮らした部屋で、ある男性の死に関してお互いの推理をぶつけ合うことが話の中心に据えられていますが、徐々に明らかにされる二人の関係や別れを迎えるまでの工程に驚かされました。戯曲ではないのだけれど、そのまま芝居に出来てしまいそう。

部屋から出ることはないのに、二人が旅行で見た光景や息遣いがはっきりと頭の中に浮かびました。淀みなく進む展開に、書き始める前からああしてこうして、ラストはこうなって・・・っていうプロットが恩田さんの中に出来上がっていたのだろうなぁと感じました。

推理を披露し、それを否定するという展開の繰り返し。結局のところ何が真実かははっきりとしない(ラストの推理は一応もっともらしいが)ので、人によってはイライラしたり疲れたりするかもしれません。そこがちょっとマイナス。ただ、やっぱりこの手の本を恩田さんにしか書けないと思いました。

+++++

【みなさまのご意見】
多趣味が趣味♪さん('07/11/29追加)
アバンストラッシュ!さん('07/11/29追加)
かみさまの贈りもの〜読書日記〜さん('07/12/21追加)


スポンサーサイト

  • 02:31
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』

恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』 中央公論新社 2007年7月25日発行 明日からはそれぞれの道を歩んでいく一組の男女が過ごす、アパートでの最後の夜。 彼らの間には明らかにされなければならない、ある男の死があった。 それはすべて、あの旅から始まった・・・。 記

  • 多趣味が趣味♪
  • 2007/11/24 4:03 PM

木漏れ日に泳ぐ魚

木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸中央公論新社このアイテムの詳細を見る 【ストーリー】 最後の一晩を過ごすヒロとアキ。二人は幼い頃に離れ離れになり大学のテニスサークルで偶然再会した双子の兄妹。しかし、兄妹以上⇒恋人未満の二人は一緒に暮らし、そして一年前に旅行に行

  • アバンストラッシュ!
  • 2007/11/26 4:13 PM

木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸

別れを決意した一組の男女。過去の思い出を語り合うことで、秘められた事実が次々と明らかにされていく。 ある不可解な男の死を絡めてストーリーは展開、いつもながらの不安を煽るような空気の中、男女の思い出話だけで構成され、語れば語られるほどに謎は深まり、ペー

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2007/12/12 9:09 AM

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚 ■やぎっちょ書評 久々の陸ちん。 ややや。最初からいきなりミステリーです。 ジャンル設定が難しい陸ちんの作品にしてはとてもわかりやすい。そしていきなり謎。導入が本当にうまいですよね。久々に読むと思い出しながら感心します。 大枠の謎

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2008/04/08 11:09 PM