2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「朝日のようにさわやかに」恩田陸

朝日のようにさわやかにタイトル:朝日のようにさわやかに
著者  :恩田陸
出版社 :新潮社
読書期間:2007/09/26 - 2007/09/27
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る−。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。

「図書館の海」以来、五年ぶりとなる短編集。十四編の短編が収録されています。

いろいろな媒体に書いた短編を寄せ集めた作品集なので統一感はあまりなく、ホラー作品が若干多かったかなという程度。恩田さんは抽象的な表現を重ねて作品の雰囲気作りをしていく作家さんなので、やっぱり短編よりも長編の方が持ち味が生きるかなぁと思います。

恩田さんは何かネタを思いつくと、すぐに筆を走らせてしまうのかな。他の作家さんとは一味違う舞台設定が魅力です。その分、なんだこりゃ?ってのもあるのですが・・・。

気に入ったのは「水晶の夜、翡翠の朝」「あなたと夜と音楽と」「冷凍みかん」「淋しいお城」の四編。「淋しいお城」は、今後書く長編の予告になっているそうで楽しみです。(そういえば「図書館の海」には、「夜のピクニック」の予告が入っていましたね)

【目次】
水晶の夜、翡翠の朝 / ご案内 / あなたと夜と音楽と / 冷凍みかん / 赤い毬 / 深夜の食欲 / いいわけ / 一千一秒殺人事件 / おはなしのつづき / 邂逅について / 淋しいお城 / 楽園を追われて / 卒業 / 朝日のようにさわやかに

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 18:05
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「朝日のようにさわやかに」恩田陸

朝日のようにさわやかに 恩田 陸 短編とショートショートなど全14作品。そしてあとがきでそれぞれの物語の解説などがついてます。アンソロジーなど、どこかに載せられていたものが集まっているので、いくつかは読んだことがある物語でした。ぞぞぞっとするホラー

  • ナナメモ
  • 2007/11/09 10:07 PM

朝日のようにさわやかに 〔恩田 陸〕

朝日のようにさわやかに恩田 陸 新潮社 2007-03売り上げランキング : 1492おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。 虚実の狭間を

  • まったり読書日記
  • 2007/11/09 11:55 PM

朝日のようにさわやかに 恩田陸

ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に

  • きつねの感想日記
  • 2007/11/11 1:51 PM

恩田陸【朝日のようにさわやかに】

静かな日常をガラリと塗り替える不気味さをたたえた、恩田陸の5年ぶりの短編集。 朝日のようにさわやかに恩田 陸 (2007/03)新潮社 この商品の詳細を見る さまざまな意匠をこらした...

  • ぱんどらの本箱
  • 2007/11/13 11:59 AM