2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「厭世フレーバー」三羽省吾

厭世フレーバータイトル:厭世フレーバー
著者  :三羽省吾
出版社 :文藝春秋
読書期間:2007/09/19 - 2007/09/20
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


突然、父親が失踪。14歳のケイは陸上部をやめて新聞配達、27歳のリュウは急に家長の意識にめざめるが-。家族という不可思議な関係の崩壊と再生をポップに描く。『別冊文芸春秋』連載を単行本化。

失職した父が失踪。母は酒浸りになって家事を放棄、一人暮らしをしていた長男が戻ってくるが、長女の帰宅は遅くなり、次男は陸上部を辞め、祖父のボケは進行し・・・。各章語り手を変えながら、崩壊する家庭とそれぞれの考えから、「家族とは」と考えさせてくれます。

タイトルがそれぞれの年齢になっていて、最初読んだときは最初の主人公の一代記かなと思ったのですが連作短編でした。家族各自が現状を受け止め、なぜ自分の身にこんなことが降りかかるのかと思いつつも心に折り合いをつけて、父のいない家族を再生してゆく。軽い文体で読みやすく、ネガティブな題材をポジティブに仕上げているので読後感も悪くないです。

それぞれの語りで、まったく姿を現さない父親の姿が浮き彫りになっていくのが面白いです。誰の目から見てもハチャメチャで。自分の父親じゃなかったら、ちょっと面白いかも。

たぶん父親がいたとしたら、早晩この家族は分裂していたでしょうね。何が幸いするのかわかりませんね。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:50
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん☆こんばんは
全く登場しない父親が、そこにいないからこそ存在感があるという所が面白かったです。
ボケたふりしていたおじいさんがいい味だしてたなぁ!

  • Roko
  • 2007/11/07 10:19 PM

■Rokoさん
実はおじいさんがほんとにボケていたのか、ボケたふりなのかがよくわかりませんでした。
僕はほんとにボケていて、たまに昔のことを思い出していると受け取ったのですが違うのかな?

  • あおちゃん
  • 2007/11/09 6:07 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

『厭世フレーバー』 三羽省吾

厭世フレーバーposted with amazlet on 06.10.05

  • Roko's Favorite Things
  • 2007/11/07 10:15 PM

厭世フレーバー 〔三羽省吾〕

厭世フレーバー ≪内容≫ 俺がかわりに殺してやろうか。 父親が失踪。 全力疾走のはてに少年は血の味を知った ―家族の崩壊と再生をポップに描いた快作誕生。 (BOOKデータベースより)

  • まったり読書日記
  • 2007/11/09 5:38 PM

「厭世フレーバー」三羽省吾

厭世フレーバー三羽 省吾リストラされた父親が失踪した。残された家族5人の物語。 この本も本が好きな方のブログにたくさん登場していて、なんとなく面白そうなにおいが漂って来ました。うん。面白い。恥ずかしながら漢字が苦手な私は「厭世」が「えんせい」と読む

  • ナナメモ
  • 2007/11/09 10:06 PM

三羽省吾『厭世フレーバー』

厭世フレーバー三羽 省吾 文藝春秋 2005-08-03売り上げランキング : 44,392Amazonで詳しく見る by G-Tools 突然、父親が失踪。没頭していた陸上をやめ、14歳のケイは新聞を配り始めるが──。家族という不可思議な関係を描くポップな一冊 聖月さんに教えていただい

  • どこまで行ったらお茶の時間
  • 2007/11/10 5:26 PM

厭世フレーバー

厭世フレーバー 三羽省吾 父親がリストラにあって失踪。残された家族は? というかなりよくある設定。でもおもしろくて一気に読んでしまいました。 残された家族14歳、17歳、42歳、73歳のそれぞれの立場から、父親あるいは夫、息子の失踪後が描かれますが

  • 本のある生活
  • 2007/11/11 11:29 AM

厭世フレーバー

厭世フレーバー三羽 省吾 文藝春秋 2005-08-03売り上げランキング : 25,825Amazonで詳しく見る by G-Tools 父親がリストラで失踪! 14歳の陸上少年は、新聞配達を始め、優等生だった姉は夜の...

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2007/11/12 8:36 AM

◎◎「厭世フレーバー」 三羽省吾 文藝春秋 1680円 2005/8

 期せずして傑作を読んでしまった。本書『厭世フレーバー』は、ユーモア風味溢れる家族小説の傑作である。  デビュー作であり第8回小説新潮長篇新人賞を受賞した◎『太陽がイッパイいっぱい』も、オカシミ&ユーモア溢れる青春小説として中々楽しかったのだが、い

  • 「本のことども」by聖月
  • 2007/11/14 9:55 PM

三羽省吾のことども

  ◎ 『太陽がイッパイいっぱい』 ◎◎ 『厭世フレーバー』 ◎◎ 『イレギュラー』

  • 「本のことども」by聖月
  • 2007/11/14 9:55 PM

三羽省吾『厭世フレーバー 』

厭世フレーバー (文春文庫)三羽 省吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、三羽省吾『厭世フレーバー 』を紹介します。父親失踪後の家族それぞれの様子を描いています。「14歳(次男)」「17歳(長女)」「27歳(長男)」「42歳(妻)」「73歳(祖父)」の5章です。5章

  • itchy1976の日記
  • 2009/12/09 11:32 PM