2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「憧れカメラスタイル」松本賢

憧れカメラスタイルタイトル:憧れカメラスタイル
著者  :MazKen(松本賢)
出版社 :えい出版社
読書期間:2007/09/02 - 2007/09/03
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


60代半ばから70年代に作られた国産カメラの銘機の魅力を、体験談と共に紹介します。「機械仕掛けで動くからマニュアルカメラは楽しい」というシンプルな考えを軸に、人気の高い機種が登場した当時の逸話や、撮影方法、そしてフィルムから自宅のプリンターで大きく引き伸ばしプリントするなど、身近な写真の楽しみ方をご紹介。

PEN使いで有名なMazKenさんによるマニュアルカメラの楽しみ方指南書。

数種類の国産マニュアルカメラを元に解説は進められていきますが、PENを使った説明が軸に据えられており、PEN使いにはありがたい一冊となるのではないでしょうか。入門書というより、マニュアルカメラを触ったことのある初中級者向けの解説本と思います。

目からうろこだったのが、中古カメラ・レンズの選び方とスキャナ・プリンタの活用について。前者については、中古品を買うときには試し撮りをさせてもらうこと、レンズを買う際にはカメラ本体を持っていくこと、フィルムが仕上がる期間程度も待ってくれない店はやめておいた方がいいこと、などなど、中古品を買いなれた人には当たり前のことでしょうが、ぜんぜん思いつきもしなかったことでした。これを読むとインターネットで買うのは危険だなと思いました。

後者については、バリバリのフィルム派である著者もスキャナでフィルムを取り込みプリンタで出力する「デジタル暗室」をものすごく活用していることに驚きました。暗室に籠もり焼き加減を調整することとパソコンでRGB調整することが同意であるという柔軟な発想は、いいことは何でも試すという姿勢が大切なことを教えられました。あと、短時間でフィルムをプリントしてくるサービスが実はデジタル処理していることにはちょっとショックを受けました・・・。

カメラに触れること、たくさんの写真を撮ること。そして、みんなに見てもらうこと。楽しさが存分に伝わってきて、落ちかけていた写真欲が高まってくるのを感じました。何を撮ったらよいのかと悩んでいる方々にオススメです。

【関連ページ】
OLYMPUS PEN-FTの世界(松本賢さんOfficial Page)


スポンサーサイト

  • 16:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback