2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「サイン会はいかが?」大崎梢

サイン会はいかが?タイトル:サイン会はいかが?−成風堂書店事件メモ
著者  :大崎梢
出版社 :東京創元社
読書期間:2007/08/24 - 2007/08/25
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」−若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗りを上げた成風堂だが…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかりものの書店員・杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵のコンビが、書店に持ち込まれる様々な謎に取り組んでいく。短編五本を収録した本格書店ミステリ、好評シリーズ第三弾。

短編、長編ときて再び短編に戻ったシリーズ第三弾です。「取り寄せトラップ」「君と語る永遠」「バイト金森くんの告白」「サイン会はいかが?」「ヤギさんの忘れもの」の五編が収録されています。

前作の長編では途中だらけてしまって物足りない印象が残りましたが、本作は短編だけあってテンポがよく、どの編も面白さを堪能することが出来ました。やっぱりこのシリーズは短編の方がいいみたい。ネタの続く限り、シリーズを続けて欲しいものです。

以下、短評。

取り寄せトラップ
同一本に四人から取り寄せ依頼が入るが、みんな依頼した覚えはないという。そんな不思議が再び起きて・・・。自分はあまり取り寄せを利用しないのですが、活用される方は結構いるのですね。取り寄せ依頼しても取りに来ない人、逆に依頼したと勘違いされている人。どちらが迷惑かな。本屋だけで解決するのは危険な謎だった気がします。

君と語る永遠
社会見学でやってきた小学生が、それ以来頻繁に書店を訪れるようになる。でも、どこか行動が不審で・・・。書店にこんなエピソードが転がっているとは思っていませんでした。恥ずかしながら、ちょっとうるっときました。

バイト金森くんの告白
バイトの金森君が宴会で語る失恋話。今時こんな純朴な青年がいるのかな。逆の勘違いをする人の方が多いのでは・・・。

サイン会はいかが
人気上昇中のミステリ作家のサイン会の話が舞い込む。ただし、サイン会を開く条件として作家があげたのが「ある熱烈なファンを探して欲しい」というものだった。多絵が楽に解く謎を作家は解けない。二人の違いは「人を思いやる心」でしょうか。

ヤギさんの忘れもの
書店内で写真を入れた封筒がなくなってしまった。立ち寄った棚を隈なく探すが見つからず。誰かが持っていってしまったのだろうか? これは書店員、しかも本に詳しい人じゃないと解けない問題ですね。もちろん僕には解けませんでした・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

TBありがとうございます。

やっぱり短編が似合うシリーズですよね!!
本屋の裏話ネタいろいろ聞きたいので、短編で続けていただきたいです。
そして最初のお話は本屋さんだけで解決するには危険すぎる話でした。そんなん…って思ってしまいました。

このシリーズ、短編集の方が、テンポもいいし、しっくりきますね。
私も、本にそんなに詳しくないので謎は解けませんが、いろんな本を知ることができるのも楽しみの一つです。

  • 2007/10/16 11:09 PM

こんにちは。
やっぱり前作と比較すると、明らかに短編のほうがテンポもよく、楽しく読めますね。
新シリーズも本屋さんが舞台のようで楽しみです。

こんばんは♪このシリーズは、短編がいい感じです。そう・・ちょっと人物造形が甘いんですが、それもシリーズが続くなかで、練れていったら、いいですね。

■ちきちきさん
長編は中だるみしてましたからね。
ネタを作るのは大変だと思うけど、ぜひぜひ短編で続けて欲しいです。

  • あおちゃん
  • 2007/10/21 11:53 AM

■花さん
いろんな本と本屋の裏側を知ることが出来る貴重なシリーズですよね。
本の帯のこととか付録のこととか。本屋って完全な肉体労働ですね。

  • あおちゃん
  • 2007/10/21 11:55 AM

■shiba_motoさん
おっ、新シリーズも本屋さんが舞台ですか?
ってことで調べてみましたが、連載が始まったところなのですね。
こちらにも期待したいと思います。

  • あおちゃん
  • 2007/10/21 11:57 AM

■ERIさん
本作で初登場の人たちもいい感じだったので、
今後人となりが明らかになっていけばいいなぁと思っています。
細々とでもいいから続いて欲しいですね。

  • あおちゃん
  • 2007/10/21 12:00 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 」大崎梢

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ シリーズ3冊目は短編集です。長編もおもしろかったけれど短編の方がさらりとテンポもよくて好きです。 このシリーズを読んで思うのは、本屋さんの仕事って本当にたくさんあるんだなぁということです。本に付録を組むのも本

  • 本のある生活
  • 2007/10/16 10:54 PM

サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ 大崎梢

東京創元社ミステリ・フロンティア。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 しっかり者の書店員・木下杏子と勘の鋭いアルバイト・西巻多絵が様々な謎に取り組む本格書店ミステリ、好評シリ

  • 粋な提案
  • 2007/10/16 11:44 PM

サイン会はいかが?*大崎梢

☆☆☆☆・ サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 (2007/04)東京創元社 この商品の詳細を見る 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな...

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2007/10/17 6:35 AM

[review][▲]大崎梢『サイン会はいかが?』

 『配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ』に続く、〈成風堂書店事件メモ〉シリーズの第3作。やっぱりこのシリーズは短編の方がいいのかな。 ●「取り寄せトラップ」  同じ本の取り寄せ依頼が4人から入るが、4人ともそんな依頼をした憶えはないと言う。しかも、それが同じ4

  • こんな夜だから本を読もう
  • 2007/10/17 10:27 AM

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 〔大崎 梢〕

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 東京創元社 2007-04売り上げランキング : 4246おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。 ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。 「

  • まったり読書日記
  • 2007/10/17 7:13 PM

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 大崎 梢 成風堂シリーズの第三弾です。「取り寄せトラップ」「君と語る永遠」「バイト金森くんの告白」「サイン会はいかが?」「ヤギさんの忘れ物」の5つの短編。 待ってました。「晩夏に捧ぐ」の最後に「次は成風堂に

  • ナナメモ
  • 2007/10/17 11:43 PM

サイン会はいかが?(威風堂書店事件メモ) 大崎梢 東京創元社

人気シリーズになりましたね。 威風堂でも、この本は売れているのかしらん。 前回の長編から、一作目と同じ形式の短編に。このほうが、やっぱり 面白いですね。このミステリーの魅力の半分くらいは、本屋さんの裏話あれこれに あるんで。長編だと、そこが弱くなるん

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/10/20 10:09 PM

サイン会はいかが?―成風堂店事件メモ 大崎梢

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。 「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」―若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗り

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/10/27 11:52 AM

(書評)サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ

著者:大崎梢 サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ価格:¥ 1,575(税込)

  • たこの感想文
  • 2007/12/29 12:12 PM

サイン会はいかが?<大崎梢>−(本:2008年10冊目)−

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 出版社: 東京創元社 (2007/04) ISBN-10: 4488017398 評価:80点 (ネタバレあります) 成風堂書店シリーズ第3作目。 2作目の長編から、短編集に戻っている。 今の著者の筆力・構成力というところからは、短編集のほう

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2008/01/14 10:52 AM