2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「遊戯」藤原伊織

遊戯タイトル:遊戯
著者  :藤原伊織
出版社 :講談社
読書期間:2007/08/20 - 2007/08/21
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


ネット上に対戦ゲームで出会った男と女。正体不明の男に監視されながら、二人は奇妙に繋がり合っていく。著者が闘病中も書き続けた表題作と、遺作となった中編「オルゴール」を収録。

2007年5月になくなった著者の遺作。未完の連作短編と中編が収録されています。

亡くなられてから2ヵ月後に本書は刊行されました。出版社に商業的な思惑がはたらいたかどうかは定かではないですが、著者のファンとしては素直に新刊が読めてうれしかったです。

ネット上のビリヤード対戦サイトで知り合った男女が、ゆっくりと心を通わせてゆく過程を淡々と描き出しています。父親からの虐待という過去を持つ男が、なぜかこの女性にだけ心を開く。そうこういているうちに、謎の男が姿を見せて・・・。二人の関係がこのあとどのように展開していくのか。謎の男の正体は。

これからというとこで病に倒れ、さぞかし無念だろうと思います。創作途中ではおそらく体調があまり優れなかったのではないかと推察しますが、作品からはそんなこと微塵も感じません。古臭いけど清々しくて、重々しいけど読みやすい独特の文体。未完なのが残念だけど、読む価値は十分にあると思います。

遺作となった読み切りの中編の出来がまたすばらしかったです。哀しい内容と現実とがダブってしまい、ぐっとこみ上げるものがありました。

享年59歳ですか・・・。もう新作が読めないのが残念です。ご冥福をお祈りしたいと思います。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 18:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

未完なのが本当に残念ですね。
続きが読みたかったし、もっと新作も読みたかった…
「オルゴール」すごくよかったです。
淡々としながらも執念みたいのを感じました。

あの「オルゴール」という中篇、素敵でしたねえ・・。
早すぎました、亡くなられるのが。シャイな中に、男の優しさを秘めた小説をお書きになられるのが、とても好きでした。もう新作読めないんですよね。ほんとに残念です。

■ちきちきさん
藤原さんは永遠に解けない謎を残してくれましたね。
あまり再読をしないのですが、藤原さんの本は再読したいと思ってます。
それにしても本当に残念です・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/10/15 9:04 PM

■ERIさん
藤原さんの本を読み始めたのはごく最近のことなので、
ほんとうにあっという間に新刊が読めなくなってしまいました。
「ダナエ」が出たときには体調が回復しているのかと喜んでいたのですが・・・。
もうあの重厚な文章が読めないとは寂しいです・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/10/15 9:05 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

遊戯

追悼・藤原伊織 最後の謎。作家は何を企んでいたのか。 著者が闘病中も書き続けた表題作と、遺作となった中編「オルゴール」を収録。 ネット上の対戦ゲームで出会った男と女。正体不明の男に監視されながら、2人は奇妙に繋がり合っていく。 パリテキサスに再会―

  • ぼちぼち
  • 2007/10/12 10:32 PM

遊戯 藤原伊織 講談社

藤原伊織さんの遺作です。 読みながら・・途中で終わってしまったらどないしよう・・と 思いながら読んでいたら、やっぱり途中で終わってしまった。 これはもう、本当に寂しいことで・・。 またこれが面白いんですよね。 ネットゲームがきっかけで知り合った男女。

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/10/13 11:49 PM