2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「家日和」奥田英朗

家日和タイトル:家日和
著者  :奥田英朗
出版社 :集英社
読書期間:2007/08/06 - 2007/08/07
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。

「サニーデイ」「ここが青山」「家においでよ」「グレープフルーツ・モンスター」「夫とカーテン」「妻と玄米御飯」の六編を収録。

主人公は夫もしくは妻で、どこにでもいそうな家庭の中で起こるちょっとした事件を面白おかしく書いています。ただ、よくよく考えると、夫婦とか家族ってそんな些細なことが大事なんだよなぁって思います。

以下、短評。

サニーデイ
42歳の主婦・紀子は、使わなくなったテーブルをネットオークションに出品。思わぬ高評価に気をよくした紀子は、不用品をどんどんオークションに出してゆくのだが・・・。一時期オークションにはまっていました。出品じゃなくて、買う方。競い合って買えたときの喜びといったらもう・・・。誰でも褒められればうれしいものです。

ここが青山
14年間勤めた会社が倒産した36歳の裕輔は、妻に変わって家事一切をこなす「主夫」として再出発するのだが・・・。倒産して失業、そして主夫へ。端からみれば可哀想ですが、その人にとっては、何が向いているのかはわかりませんね。周りの目なんか気にする必要はないです。僕も「主夫」はありだと思います。

家においでよ
妻が家を出て一人暮らしが始まった38歳の正春。家具一切を持っていかれたため、インテリアショップを巡って自分好みの部屋を作り上げてゆくのだが・・・。我が家の場合、好きなものの好みが似ているので、お互い好きなものに囲まれて暮らしてます。いや、僕の意見がほぼ通っているのかも。感謝してます・・・。

グレープフルーツ・モンスター
自宅で内職をしている38歳の主婦・弘子。内職の仕事を持ってくる営業マンが変わり、それ以来変な夢を見始めるように・・・。要は欲求不満ってことでしょうか?これだけ何を言いたいのか、今一つわかりませんでした。

夫とカーテン
イラストレーター・春代の夫は、ころころと職を変え、今度はカーテン屋をやり始めるという。夫の仕事を気にしながらイラストを仕上げる春代であったが、普段より出来がよい。思い返すと夫の転職のたびに、イラストレーターとして転機が訪れていた・・・。危機意識ってやつでしょうか。一方がダメなときはもう一方が助ける。それが無意識に起こっていたのでしょうね。補い合えるよい夫婦と思います。夫の意外と頼もしい姿も○。

妻と玄米御飯
42歳の康夫は小説家。名のある文学賞を獲り、初めてのベストセラーを出した。銀行に信じられない金額のお金が・・・。結果、妻は仕事を辞め、「ロハス」に目覚めてしまった・・・。やるなら徹底してとは思いますが、みんなに共用するのはいかがなものかと・・・。自分が康夫だったら、家庭は大事だけど原稿を出版してしまうかも。

全編ピリッと皮肉が効いているのがよかったです。ほんと奥田さんの本は外れがなくって安心して読めます。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 22:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。
さすが奥田さんで安心して楽しめる作品でしたね。
いろんな夫婦がおるんやなあと自分ところと照らし合わせてみたり。
全体的に奥様が強いおうちが多かったような気がしますが。
でもみんな仲良しでしたよね〜。

あおちゃんは「主夫」ありなんですね。
うちはだめそうです(^_^;)
主夫じゃなくてもいいから、一緒にいろいろやって欲しい〜。全くやらないわけでもないんですが。

こんばんは♪奥田さんの物語は、ほんとに安心して読めますよね。
読んでいて、気持ちいいです。グレープフルーツモンスターは、欲求不満の話やったんですかね?私もあれは、ちょっと読んでて恥ずかしかった(笑)それぞれ小さなドラマなのに、目が離せない。よその家庭を覗くみたいで、ワクワクしちゃいました。

  • ERI
  • 2007/09/30 12:04 AM

相互リンクのお願い

あおちゃんさんこんばんは。
いつも楽しく読ませていただいています。
初コメントで失礼を承知でのお願いなのですが、
よければ私のサイトと相互リンクしていただけませんか?

クレジットカードを持っていない人でも気軽に
Amazonマーケットプレイスで本やCD、DVDなどを
購入できるよう、代理購入サービスをやっております。

少し気が早いですがこちらからは既にリンク済です。(^^)

『Amzonマーケットプレイス代理購入サービス★トレジャー・ブックス★』
http://book.tore-han.com/

※紹介コメントの修正やリンク解除が必要な場合は
 お気軽にお申し付けください。

今後とも末永くお付き合いの程よろしくお願いします。

■ちきちきさん
「主夫」はありですよ。ただ、料理は全くダメなんですよ。
うまくなりたいとは思っているのですが・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/10/03 6:50 PM

■ERIさん
「グレープフルーツモンスター」だけ、ちょっと毛色が違いましたね。
確かに家庭のお話ではありましたが。
言われれば頷けることばかりでしたが、言葉であらわすのは難しいですよね。
人間観察の目がすごく鋭いなぁって思いました。

  • あおちゃん
  • 2007/10/03 6:54 PM

■HEYっちさん
コメントありがとうございます。
HPを拝見させていただきましたが、商用サービスのようですので、
申し訳ありませんが相互リンクはご辞退させていただきます。

当方ブログをリンクいただいているようですが、相互リンクが条件でしたら
削除いただいてかまいませんので、よろしくお願いいたします。

  • あおちゃん
  • 2007/10/03 6:57 PM

あおちゃん☆こんばんは
「人間いたるところに青山あり」の引用の仕方がツボにはまってしまいました。
アリガタイ話をしているつもりでも、言葉を間違えたら意味ナーシなんだなぁ。(#^.^#)
奥田さんの作品はどれも楽しくっていいですよね。

  • Roko
  • 2007/11/03 8:55 PM

■Rokoさん
奥田さんの観察眼は鋭いですよね。
ここ最近の作品はくすっと笑えるものばかりですが、
また「邪魔」とか「最悪」とかどっしりしたものを書いてもらいたいなぁと
ひそかに思っています。

  • あおちゃん
  • 2007/11/07 7:01 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

家日和<奥田英朗>−(本:2007年63冊目)−

家日和 出版社: 集英社 (2007/04) ISBN-10: 4087748529 評価:80点 ドキドキハラハラ感はないけれど、最後まで安心して読ませてくれる。 それでいて決して飽きさせない見事な筆力。 さすが奥田英朗だ。 安心させて飽きさせないって、たぶん結構難しいんだ

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/09/28 10:43 PM

家日和 〔奥田 英朗〕

家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外

  • まったり読書日記
  • 2007/09/28 11:48 PM

家日和 奥田英朗

ネットオークションにはまる主婦、主夫業を愉しむ失業中の営業マン、別居後の生活を謳歌する夫など、日常生活の中で見つけたささやかな楽しみに没頭してしまう人々をコミカルに描いた短編六編。 日常の中で見つけた楽しみから得られた高揚感がリアルに描かれていて、読

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2007/09/29 2:51 PM

家日和

おかしくて切ない、〈在宅〉小説誕生! ネットオークションにはまる主婦。会社が倒産し主夫となった営業マン。ロハスに凝る妻に辟易する小説家…。ちょっとズレても家庭は続く。夫と妻の心の機微を軽妙に描きだす、6つの物語。集英社HPより さすがにさすがに。安

  • ぼちぼち
  • 2007/09/29 8:38 PM

「家日和」奥田英朗

家日和 ところどころ鋭さにうなって、ところどころ笑って・・さらりと読むことができて、気軽に楽しむことができます。おもしろかったです。でも同じ系統だったら「ガール」の方が好きだし、短編よりも長編の方が好きです。 内容(「MARC」データベースより) ネ

  • 本のある生活
  • 2007/09/29 11:49 PM

「家日和」奥田英朗

家日和 奥田 英朗 6つの短編。30代後半から40代前半の夫だったり妻だったり。どこにでもありそうな家庭の話をほんわか、ちょっぴり辛口に書いてる。 面白かったです。それぞれのラストもきっちりと終わらせる訳じゃなく、この先さてさてどうなるんだろう

  • ナナメモ
  • 2007/09/29 11:54 PM

家日和 奥田英朗 集英社

熟練の気配ですね〜、奥田さん。 どこにでもある生活の、どこにでもある人生の一コマ。 それを、喜怒哀楽、きっちり掬って過不足なく物語として描き出す。 今、テレビでいいホームドラマって、少なくなったじゃないですか。 なんかこう・・こんな世界、あるんかいな

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/09/29 11:57 PM

家日和 奥田英朗

装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビ...

  • 粋な提案
  • 2007/09/30 1:17 AM

「家日和」奥田英朗

ひさびさの奥田さん。 やっぱりいいわ〜、この人♪ ★★★☆☆ ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王

  • 日だまりで読書
  • 2007/10/01 8:32 AM

◎「家日和」 奥田英朗 集英社 1470円 2007/4

 単身赴任になってから、もう3年経ってしまったが、評者の場合、いつも家日和である。今は、土日の連休なんてそうそうない職場環境にあるが、最初の2年間はほぼ完全週休二日を実行できていたので、そういう場合、その連休に何をするのかといえば、ずっと家にこもって

  • 「本のことども」by聖月
  • 2007/10/01 5:13 PM

家日和

家日和奥田 英朗 (2007/04)集英社 この商品の詳細を見る <ストーリー> ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外に

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2007/10/03 12:18 PM

『家日和』  奥田 英朗  集英社

家日和 ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。 6編の短編集。在宅小

  • みかんのReading Diary♪
  • 2007/10/25 12:58 AM

『家日和』 奥田英朗

家日和posted with amazlet on 07.10.31 奥田 英

  • Roko's Favorite Things
  • 2007/11/03 8:48 PM

奥田英朗『家日和』

家日和奥田 英朗集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『家日和』を紹介します。本書は家庭にフォーカスを当てた短編集です。何かあるあると思わず言ってしまうようなものばかりですね。全体的に女性に優しい感じがしますね。一番良かったものは妻と玄米御

  • itchy1976の日記
  • 2009/01/21 1:00 AM