2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「星と半月の海」川端裕人

星と半月の海タイトル:星と半月の海
著者  :川端裕人
出版社 :講談社
読書期間:2007/07/31 - 2007/08/02
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる-。表題作ほか、動物をテーマにした作品全6編を収録した短編集。

獣医や動物にかかわる仕事をしている人たちが登場する短編集。西オーストラリアの女性獣医とジンベイザメの物語を描いた表題作をはじめ、「みっともないけど本物のペンギン」など全6編から構成されます。

ペンギンとかサメとかパンダとか動物園や水族館では見たことがあるけど、生態には全く知識がないので、興味深く読みました。個人的に好きだったのは、「みっともないけど本物のペンギン」「星と半月の海」の二編。

「みっともないけど本物のペンギン」は、ペンギンの飼育係である主人公が、絶滅したはずのペンギンの写真を見つけてその謎を追うお話。わくわくするけど、種の絶滅のことを思うと、ちょっとしんみり。近年の環境の変化のことを考えずにはいられませんでした。

「星と半月の海」は、オーストラリアの研究者とチームを組み、ジンベエザメの回遊の秘密を追う日本人女性獣医の話。女性が男社会の一線で頑張っていくことがどんなに難しいことなのか。数十年の後に再開したジンベエザメと主人公、主人公とその娘の関係がうまく対比されていました。今後娘との関係に変化が起こりそうな予感が・・・。

前述二編のほかに「ティラノサウルスの名前」「世界樹の上から」「パンダが街にやってくる」「墓の中に生きている」を収録しています。どの作品も違ったテイストで楽しませてもらえましたが、後半やや尻すぼみしてしまいました。でも、独特の世界を持っている良書だと思います。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 19:15
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。TBありがとうございます。
そしてなんだかご無沙汰しております(^_^;)

こういうネイチャー系のテーマは好きなので大変楽しく読めました。
特にペンギンは大好きで「みっともないけど本物のペンギン」はお気に入りです。

上手く彼らと共存していければいいなとは思います。

動物への愛情が感じられた一冊でしたね〜。
「みっともないけど本物のペンギン」私もお気に入りです。
へぇ〜そうなんだぁと知らなかったことを知ることが出来たし、
ペンギンに対する飼育員の眼差しが面白かったです。

■ちきちきさん
こんにちは。こちらこそご無沙汰してます。
動植物との共存のために、一人一人が意識を高めないとなりませんよね。
エアコンの設定温度を下げるだけでなく、なにか出来ることを考えたいと思います。

  • あおちゃん
  • 2007/09/27 6:26 PM

■エビノートさん
装丁からして著者の思いが伝わってきますよね。とてもきれいです。
薀蓄が長い傾向があると思うのですが、今回は知らないことばかりで楽しめました。

  • あおちゃん
  • 2007/09/27 6:33 PM

こんばんは。ペンギンのお話、いろいろ考えてしまいましたね。
私も「かわいい」動物に弱いんですが、人間の尺度で知らないうちに切り捨てているものって多い気がします。川端さんの物語は、いつも目線がいいですね。ハッとします。

  • ERI
  • 2007/09/28 1:49 AM

■ERIさん
川端さんの本を読むのは久しぶりだったのですが、
テーマや文体に個性があってとても面白いです。
そして、いろいろ考えさせられます。。。

  • あおちゃん
  • 2007/10/03 6:46 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

星と半月の海

きみの中に海がある。きみは海なんだ。 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる。 表題作ほか、動物をテーマにした傑作小説短編集!講談社HPより JUGEMに新しくレビ

  • ぼちぼち
  • 2007/09/26 7:44 PM

星と半月の海 〔川端裕人〕

星と半月の海川端 裕人 講談社 2006-12-01売り上げランキング : 34784おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。 いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる。

  • まったり読書日記
  • 2007/09/26 10:04 PM

星と半月の海<川端裕人>−(本:2007年2冊目)−

講談社 (2006/12/1) ASIN: 4062137348 評価:80点 後書き?で、著者が「動物小説集」と書いているから、これは確かに動物小説なんだろう。 でも、あまり「どうぶつーっ!」という感じではなかったなあ。 動物が題材のひとつとして取り上げられているけど、大き

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/09/27 1:37 AM

星と半月の海 川端裕人

装画は山田博之。装幀は坂川事務所。小説現代2005年6月号から2006年9月号まで不定期掲載。動物テーマの短編集。4は書き下ろし。すべて加筆修正。 1みっともないけど...

  • 粋な提案
  • 2007/09/27 2:22 PM

「星と半月の海」川端裕人

星と半月の海 川端 裕人 ペンギンやジンベイザメ、パンダなど動物をテーマにした短編集。 川端さんらしい物語です。この世には絶滅してしまった生き物が沢山います。大昔は気候のせいだったり、環境のせいだったりしたのでしょうが、現在はそのほとんどが人間

  • ナナメモ
  • 2007/09/27 4:11 PM

「星と半月の海」川端裕人

星と半月の海 「動物小説集」ということで、ペンギンやパンダからジンベイザメ、恐竜まで出てきます。もともと川端さんの小説には科学的な視点があってそれに魅力を感じていましたが、これはそういう面が前面に出ています。でも私はこれは動物をテーマにしながらも、

  • 本のある生活
  • 2007/09/27 9:06 PM

星と半月の海 川端裕人 講談社

動物をテーマにした短編集。 自然というものを長らくテーマにしてきた川端さんの生き物に対する考え方 は、深くてまた瑞々しい。種として繁栄し、命を繋ぎ、そして滅びていくこと。 その命の連鎖の中に人間もいて、同じ時をゆっくり刻んでいる・・・。 その生き物た

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/09/28 1:47 AM