2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「反自殺クラブ」石田衣良

反自殺クラブタイトル:反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク(5)
著者  :石田衣良
出版社 :文藝春秋
読書期間:2007/07/05 - 2007/07/09
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


続発する集団自殺を、呼びかけるネットのクモ男、風俗スカウト事務所の集団レイプ事件、中国の死の工場を訴えるキャッチガール…ストリートの今を鮮やかに切り取る新世代青春ミステリー。

「スカウトマンズ・ブルース」「伝説の星」「死に至る玩具」「反自殺クラブ」の四編から構成されています。

前作に比べると扱っている事件がやや小粒ですが、話には現実味がありました。「スカウトマンズ・ブルース」では、風俗スカウトグループに嵌められたウェイトレスを救い出し、「伝説の星」では、池袋にロック博物館を建てようと計画する往年のスターのためにGボーイズを動員し、「死に至る玩具」では、姉の敵を討つために単身日本に渡った中国人女性に加勢をし、「反自殺クラブ」では、自殺の手引きをする"スパイダー"を探し出す。

「スカウトマン・ブルース」「伝説の星」がシリーズ初期の雰囲気を持っていて好ましかったですが、読んでいて一番面白かったのは「死に至る玩具」でした。巨大な力にどういう風にマコトが立ち向かうのか興味深々でしたが、こうきましたか。解決へ向けたマコトの動向に好感が持てました。

外伝を含め、シリーズも残すところあと三作。ここまでは急いで読んできましたが、残りは少し時間を空けてゆっくりじっくり読みたいと思います。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:15
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん☆こんばんは
「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ」という石川五右衛門のセリフは今の世でも真実ですね。
悪いことに関するアイデアって、本当に次から次から出てきます。
マコトくんのお仕事は、いつまでも続きそうですね。

  • Roko
  • 2007/09/20 12:03 AM

■Rokoさん
悪事を考える頭をもっと別な方面に使って欲しいものです。
マコトの仕事は減ってしまうけど。

  • あおちゃん
  • 2007/09/21 1:33 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク ?』 石田衣良

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5posted with amazle

  • Roko's Favorite Things
  • 2007/09/19 11:52 PM

反自殺クラブ

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5 石田衣良 シリーズものは、新しいものが出るとやっぱり読まずにいられません。なじみの登場人物たちの近況が気になるという感じ。マコトくん、クラシック音楽にものすごく詳しくなったうえに、俳句にまで手を出し、ついに

  • 本のある生活
  • 2007/09/20 9:12 AM

反自殺クラブ 石田衣良

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5 ■やぎっちょ書評 池袋ウエストゲートパークのシリーズ5冊目。 今回は・・どうだろ。パターンが少し似ている気がしました。これまでとも似ているし、この一冊の中でも似ている。そんな気がしましたねー。 マコトは相変わら

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/09/21 12:28 PM