2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「埋み火 Fire's Out」日明恩

埋み火 Fire's Outタイトル:埋み火 Fire's Out
著者  :日明恩
出版社 :講談社
読書期間:2007/06/12 - 2007/06/17
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


老人世帯で連続する失火による火災。住人は、“不運な偶然が重なって”焼死。赤羽台出張所の若手消防士、大山雄大は出火原因に疑問を持ちはじめていた。「…これは、放火自殺なのか…?」閉塞した世の中を雄大が救う。

著者四作目にして不法滞在外国人ネタから離れました。今度は独居老人と核家族の問題。

主人公の消防士・大山雄大の成長譚に連続火災事件が絡み、その他に細かい話題が散りばめられていますが、展開がブツブツと切れていて、かなり読みにくかったです。どうせなら、連作短編で書いてくれた方がどれほど読み易いことか。

例によって説明がくどいことも読みにくさに拍車を掛けています。主人公の特長とか消防士の仕事とか確かに説明しなきゃならないことはたくさんあると思うけど、もうちょっとさらりと書いてもらえないかなぁ。

扱っている問題のわりに軽く読ませてくれるのは著者の良いところですが、これで四作目なのでパターン化してしまっている印象です。それなりに盛り上がりもみせ、ラストはそこそこ心地よいのですが、途中読むのが辛くなった事を考えると、甘く評価して星三つがせいぜいでした。

これまでの刊行ペースからして新刊が出るのはもう少し先でしょうが、次を手に取るかは少々微妙な感じです・・・。


スポンサーサイト

  • 18:20
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback