2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


第137回芥川賞/直木賞候補作発表!!

もうこんな時期だったんですね。第137回芥川賞、直木賞の候補作が発表されました。
(クリックするとAmazonに飛びます)

■芥川賞
円城塔「オブ・ザ・ベースボール」(文學界 6月号)
川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(早稲田文学 0号)
柴崎友香「主題歌」(群像 6月号)
諏訪哲史「アサッテの人」(群像 6月号)
前田司郎「グレート生活アドベンチャー」(新潮 5月号)
松井雪子「アウラ アウラ」(文學界 3月号)

知らない方ばかり・・・。柴崎さんが2回目の候補となってますね。

■直木賞
北村薫「玻璃の天」(文藝春秋)
桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」(東京創元社)
畠中恵「まんまこと」(文藝春秋)
万城目学「鹿男あをによし」(幻冬舎)(感想)
松井今朝子「吉原手引草」(幻冬舎)
三田完「俳風三麗花」(文藝春秋)
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店)(感想)

何か目新しいメンバーです。山本周五郎賞を受賞した森見さんの作品が、直木賞を取れるのか。これまでダブル受賞はない(たぶん)ので注目です。その他は、お気に入りの万城目さんに期待してますが、ちょっと難しいかなぁ。


スポンサーサイト

  • 17:27
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback