2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

フィッシュストーリータイトル:フィッシュストーリー
著者  :伊坂幸太郎
出版社 :新潮社
読書期間:2007/05/11 - 2007/05/14
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。

「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の四編を収録。今までの作品に登場した人物がちょこちょこ出てるそうですが、気が付いたのは黒澤くらい。こんな恥ずかしいくらいに前の作品を覚えていない僕でも、十分楽しめる作品でした。

「動物のエンジン」
十年前、僕と河原崎さんと動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。そこには、狼の檻の前で横たわって眠る元動物職員の姿が。恩田曰く「動物園のエンジン」とのこと。

「サクリファイス」
人探しのため、小暮村を訪れた黒澤。その村には、未だ「生贄」の風習が残るという。抽選で決まるはずの「生贄」に、高い確率で当たる一人の男。黒澤は、疑問を抱く。

「フィッシュストーリー」
解散寸前のロックバンドが最後に出したアルバム中の一曲から連なる現在、過去そして未来の奇跡のお話。

「ポテチ」
控えのプロ野球選手・尾崎と空き巣・今村、そして今村の家族の物語。万有引力やピタゴラスの定理を発見した今村が見つけたもう一つの事実とは・・・。

全編伊坂節前回全開でした。書き下ろしは「ポテチ」のみですが、ぜんぜん古さは感じません。唯一気が付いた黒澤は、以前と雰囲気が変わっていて少々丸くなったような感じがしますが、こういう一面も持ち合わせているのかとうれしく感じました。

「動物園のエンジン」がやや劣るものの、その他の三編は甲乙つけがたいです。無理やり一番を選ぶと「ポテチ」でしょうか。途中でオチが読めるベタな展開でしたが、心地よいラストでした。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:55
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん☆こんばんは
ミステリーっぽい時でも、得意の「?」なセリフで笑っちゃうんですよね。
伊坂さんの描く世界は、どこか浮世離れしていて大好きです。(#^.^#)
それにしても、黒沢さんよく働いてますねぇ!

  • Roko
  • 2007/07/02 10:43 PM

前から誰かが活躍となってて陣内が期待されてたようですが、黒澤が好きなので堪能いたしました 

■Rokoさん
こんばんは。
忘れたころにやってくる他の作品とのリンクが今回は目白押し!のはずが、
ほとんど気がつかず・・・。でも、楽しめました。伊坂さんワールドが全開でしたね。

  • あおちゃん
  • 2007/07/04 2:05 AM

■きりりさん
黒澤以外にも過去の登場人物たちがたくさん登場するようですね。
全部読む元気はないので、どこか載っているサイトを探します・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/07/04 2:06 AM

伊坂作品は2冊目だったんですけど、ドンピシャ!って感じで好きになりました。
それにしてもリンクが多そうで、私の記憶力では不可能です。
そういえば繋がりが載ってるサイトを、ゆうさんに教えてもらったのですが、
http://www.mtnk.net/isakaworld.html
いかがでしょうか。

  • じゃじゃまま
  • 2007/07/05 12:20 PM

■じゃじゃままさん
まさにそのサイトは先日発見したものでした。紹介ありがとうございます。
なるほど〜と思いながらも、思い出せないものもあり、
こうなるともう一度読み返してみないといけないかなと感じてます。
伊坂作品はまだ2冊目ですか。どの作品も例外なく面白いので、楽しんでくださいね。

  • あおちゃん
  • 2007/07/06 1:16 PM

こんにちは。
私も「ポテチ」がいいな!と思いました。
個性的すぎるキャラがほほえましく感じてしまう作品でした。

■らぶほんさん
「ポテチ」は、今村の母がいいですよね。
オチが読めたのですが、なんだかあたたかい気持ちになりました。

  • あおちゃん
  • 2007/08/07 9:21 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

『フッシュストーリー』 伊坂幸太郎

フィッシュストーリー新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2007/01/30

  • ついてる日記?
  • 2007/07/02 10:37 PM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎

フィッシュストーリー オススメ! 「動物のエンジン」 10年前、僕と河原崎さんと、動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。 そこには、狼の檻の前で横たわって眠っている元動物職員の姿があった。 「サクリファイス」 山田という男を捜すため、黒澤は小暮村にや

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/07/03 12:03 AM

フィッシュストーリー 〔伊坂幸太郎〕

フィッシュストーリー著:伊坂幸太郎出版社:新潮社定価:1470円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く ≪内容≫ 売れないロックバンドが、最後のレコーディングで叫んだ音にならない声が、時空を越えて奇蹟を起こす。 伊坂幸太郎の真骨頂とも言える多重の企みに満

  • まったり読書日記
  • 2007/07/03 12:28 AM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎

装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“

  • 粋な提案
  • 2007/07/03 12:52 AM

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」

「キリンに乗ってくから!」 「見たいだろ 俺なら見たいよ 仙台の街のそのビルの屋上に、キリンだよ 俺なら見てから死ぬね」 そりゃ見たい 自殺する前に 冥土のみやげです 空き巣に入った家の留守電から聞こえてきたメッセージ 今から自殺するからと言う女の

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/07/03 2:20 AM

『フィッシュストーリー』 伊坂幸太郎 新潮社

「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4つのお話が収められています。 いや〜やっぱり伊坂さんは面白い。全然期待を裏切らない面白さです。面白いという言葉だけでは表現できていないと思うのですが、ほかに適切な言葉が思

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2007/07/03 7:18 AM

フィッシュストーリー*伊坂幸太郎

☆☆☆☆・ フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 (2007/01/30)新潮社 この商品の詳細を見る 「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」 売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が、時空を越えて奇蹟を

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2007/07/03 7:33 AM

伊坂幸太郎【フィッシュストーリー】

伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 本書は仙台を舞台とする短編4つを収録している。やっぱり伊坂の「仙台もの」は良い。なにせ私は宮城県人

  • ぱんどら日記
  • 2007/07/03 11:27 AM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎

40数年の時空を超えて、思わぬところで話が一つになるという巧妙な構成の元に描かれた表題作をはじめ、昔から伝わるある村の風習をモチーフとしたミステリータッチの物語、空き巣に入った先で受けた一本の電話を巡る物語など、バラエティ豊かな中編4編。 過去へ遡った

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2007/07/03 11:30 AM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 新潮社

短編というより、中篇か。 「動物園のエンジン」 「サクリファイス」「フィッシュストーリー」 「ポテチ」 の 4編所収。物語同士の関連性はあまり、ない。したがって「死神の精度」「チルドレン」の ように伊坂ワールドを楽しむ、というところまでいかない。しかし

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/07/03 6:01 PM

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎 「動物園のエンジン」  ある男の行動の謎に迫る河原崎たち。 「サクリファイス」  探偵の黒澤は、奥地の村を訪れる。 「フィッシュストーリー」  あるバンドのある曲が、奇跡を起こす? 「ポテチ」  今村は、某有名野

  • 読書感想文 と ブツブツバナシ
  • 2007/07/03 8:36 PM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎

フィッシュストーリー ■やぎっちょ書評 うーーん。キレとコクがいまひとつだった気がしますね〜。 伊坂さんの場合最初の期待値が高いからしょうがないのかもしれないけど。 たまねぎさんは「これ一冊で判断してはいけない」みたいなことを書かれていて、確かにそう

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/07/03 9:23 PM

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

フィッシュストーリー 伊坂 幸太郎 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4編収録。 やっぱり伊坂さんの物語っていいですね。表紙カバーの裏側に「フィッシュストーリー」って書いてある辞書みたいなのがあって、もうそ

  • ナナメモ
  • 2007/07/03 10:51 PM

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

フィッシュストーリー 読むのにえらく時間かかってしまいました。なぜかというと、「アヒ鴨」やら「重力ピエロ」やらひっぱりだしては読みふけり・・ということをしてしまったから。とりあえず今考えてるのは「明日はラッシュライフを買いに行こう」ということです。

  • 本のある生活
  • 2007/07/04 2:29 PM

『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎/新潮社 livedoor BOOKS 書誌データ / 書評を書く あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! 小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フ

  • ひなたでゆるり
  • 2007/07/05 12:06 AM

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎著。

伊坂作品はこれで2作目ですが、なんてうまい作家を私は知らずにいたのだろう?と思ってしまった。妙な余韻を残し続け、決して不快ではない絶望感を体験した「終末のフール」。 そして「フィッシュストーリー」で決定打って感じ。 特に4編のうちの「ポテチ」に感動!こ

  • じゃじゃままブックレビュー
  • 2007/07/05 12:17 PM

フィッシュストーリー⇔伊坂幸太郎

フィッシュストーリー 〔伊坂幸太郎〕 あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。 ランキングエントリー中!

  • らぶほん−本に埋もれて
  • 2007/08/04 7:58 AM

フィッシュストーリー/伊坂幸太郎 [Book]

 伊坂幸太郎:著 『フィッシュストーリー』  フィッシュストーリー伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る  表題作を含む4編の短編集。  これで現在出版ずみの伊坂さん作品、  すべて読了だと思います、たぶん。  あー、なんか寂しい(笑)  伊坂さん作品

  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2007/09/15 8:19 PM

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 (2007/01/30)新潮社 この商品の詳細を見る 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」...

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2008/01/15 8:12 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2010/08/14 9:59 PM

フィッシュストーリー<伊坂幸太郎>-本:2010-42-

フィッシュストーリークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/1/30) # ISBN-10: 4104596027 評価:89点 短編を4作品収録している。 最後の「ポテチ」は熱い話で胸に響くが、やはりできすぎ。 まあ、そこでホームラン打たなきゃどうにもなりませんがね。 最初の「動物

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2010/10/02 12:42 AM