2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「夢を与える」綿矢りさ

夢を与えるタイトル:夢を与える
著者  :綿矢りさ
出版社 :河出書房新社
読書期間:2007/05/08 - 2007/05/09
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


チャイルドモデルから芸能界へ。幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが…。成長する少女の心とからだに流れる18年の時間を描く待望の長篇小説。

両親からの愛情を十二分に受けすくすくと成長してきた少女が、芸能界の荒波に巻き込まれていく様子が事細かに綴られています。

ストーリー自体は、特筆すべきことはないです。子役としてデビューし、一つのきっかけで大ブレイク。その後、一挙手一投足まで注目されるようになった夕子。世間での評価と自己の違いに悩み、欲望を開放した少女に待つ没落。よく聞く内容というか、私たちが芸能界に対して思っているイメージ通りというか、新鮮さは感じませんでした。

ただ、この主人公の設定に、最年少芥川賞受賞者となり、その容姿でも注目された著者本人をどうしても重ねてしまうと思います。「芸能界」を「文学界」と読み替えると、大ブレイクまでが現在で、その後は著者の不安な心情が形を変えて現れているようにも取れます。特に「信頼だけは一度離せば、もう戻ってきません」との少女の言葉が、作者の危機意識の現れのようにも・・・。

本書を大絶賛するつもりはありませんが、今後の作品も目が離せなくなったかなと思いました。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 22:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あらすじは、確かに新味はなかったけど、その苦悩の生々しさに、綿矢さん自身がかさなりましたね・・。これを書いたことで、これから、もっと成長していかれることでしょうね。次の作品、私も楽しみです。

  • ERI
  • 2007/06/29 11:33 PM

■ERIさん
いろいろ思い悩みながらこの本を書いたのだろうなと感じました。
読者にそう思いこませるところまで著者が意図していたのなら、脱帽です・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/07/03 10:43 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「夢を与える」綿矢りさ

夢を与える 綿矢 りさ 幹子はフランスで知り合った年下のトーマから別れを切り出されたが、意地で別れ話をなかったことにして子どもを作り結婚する。そして生まれたのが夕子だ。夕子は愛くるしい女の子でモデルとしてスカウトされ、チーズのCMキャラクターとし

  • ナナメモ
  • 2007/06/25 11:42 PM

夢を与える 綿矢りさ

夢を与える ■やぎっちょ書評 綿矢りさ新刊として発売されてからしばらく時間が経っています。本ブロガーさんの記事もちょくちょく見かけていたし、本屋さんでこの表紙がとても目立っていました。 表紙いいですよね。 一転して内容の方ですが、読後感は気難しい感

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/06/26 2:51 AM

夢を与える 〔綿矢 りさ〕

夢を与える綿矢 りさ 河出書房新社 2007-02-08売り上げランキング : 915おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ チャイルドモデルから芸能界へ。 幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。 ある出来事をきっかけに、彼女はブ

  • まったり読書日記
  • 2007/06/26 9:07 AM

綿矢りさ【夢を与える】

幼いころからモデルとして活躍し、やがて芸能プロダクションに所属して人気タレントの座に登りつめた18歳の「阿部夕子」。親の期待、プロダクションの期待、スタッフの期待、ファンの期待を一身に背負って、ドラマや映画

  • ぱんどら日記
  • 2007/06/26 10:02 AM

「夢を与える」綿矢りさ

夢を与える綿矢 りさ (2007/02/08)河出書房新社 この商品の詳細を見る 芸能界で生きるゆーちゃんこと夕子が主人公。 夕子の18年間を描いた本です。 夕子が生まれる前からストーリーが始まるねんけど、これがクセモ

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/06/26 5:59 PM

『夢を与える』  綿矢りさ  河出書房新社

「蹴りたい背中」がもうひとつ共感できなかったのですが、これはタイトルと表紙が綺麗だったので、予約してみました。この本、評価が分かれているようで酷評もみうけられます。でも私は結構楽しめました。 主人公は阿部夕子という女の子。(この名前があまりにベ

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2007/06/27 7:21 AM

夢を与える 綿矢りさ

幼い頃からモデルとして活躍してきた夕子。 彼女の大人へと成長していく過程を瑞々しく描いた物語。 美しく可憐な少女モデルの扱われ方がリアルに描かれ、テンポよくは読めたものの、印象に残るようなものが何一つなく、物足りなさでいっぱいのまま読み終えてしまった

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2007/06/27 10:37 PM

夢を与える

チャイルドモデルから芸能界へ――幼い頃からTVの中で生き続けてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが……成長する少女の心とからだに流れる〈時間〉を描く、待望の芥川賞受賞第一作!河出書房新社HPより えっと単行本貼

  • ぼちぼち
  • 2007/06/28 10:09 PM

夢を与える 綿矢りさ 河出書房新社

綿矢さん、ひさびさの長編です。 これが、なかなかの力作。 やっぱり彼女は、力量がありますね。これだけの長編に、一本芯が 通ってる。一人の少女が、何を失っていったのかが、しっかり書かれています。

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/06/29 11:29 PM

『夢を与える』綿矢りさ

夢を与える 綿矢りさ/河出書房新社 チャイルドモデルから芸能界へ。幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが…。成長する少女の心とからだに流れる18年の時間を描く待望の長篇小説。 てっきり主

  • ひなたでゆるり
  • 2007/06/30 8:09 PM

「夢を与える」綿矢りさ

「夢を与える」綿矢りさ(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、少女、成長、芸能界、スキャンダル、家族、文芸 綿矢りさという作家の名前は知っていた。史上最年少の芥川賞受賞作家。しかしぼくには当事、流行のようにもてはやされた一過性のタレント作家の

  • 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
  • 2007/08/23 12:14 PM

「夢を与える」

「夢を与える」 綿矢りさ チャイドル(ジュニアアイドル)が生まれてから18歳になるまでの生活を綴った物語。 中身は普通の少女なのに、芸能界で成功して

  • 青いblog
  • 2007/09/11 6:13 PM

夢を与える<綿矢りさ>−(本:2007年105冊目)−

夢を与える 出版社: 河出書房新社 (2007/2/8) ISBN-10: 4309018041 評価:70点 ネットでいくつかのレビューを読んでみたが結構皆さん辛口。 さらには2チャンでスレもたっていて、みんな好き勝手なことを言っている。 芥川賞作家の作品だというのに、著者が若

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/09/24 11:38 PM