2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

エスケイプ/アブセントタイトル:エスケイプ/アブセント
著者  :絲山秋子
出版社 :新潮社
読書期間:2007/05/07
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている。旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。あやしげな西洋坊主バンジャマンと、遅れすぎた活動家だった「おれ」。そして不在の「あいつ」。あきらめを、祈りにかえて生きるのだ。―いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実を描く傑作小説。

表題にある通り「エスケイプ」「アブセント」の中編二編から構成されています。

「エスケイプ」の主人公は、職業革命家歴20年、御年40歳の江崎正臣。活動家を辞め、妹が経営する事になった託児所を手伝う為、故郷に帰ることとなった。帰郷する猶予期間に旅に出たくなり、行き先を大阪と決めて電車に乗ったが、「あいつ」がいた京都が気になり途中下車をする・・・。「アブセント」は、「あいつ」の物語。「エスケイプ」を補っているお話です。

自分が長々と続けてきたことが、果たして無駄ではないといえるのか。活動家を辞める(これがエスケイプ?)にあたり正臣が考えたこと。事は違えど、そんなこと誰にだって言えることではないでしょうか。まぁ、考えても答えは出てこないと思うので、僕は考えたりしませんが・・・。

神父のパンジャマンがいい味を出してます。他人を愛せないくせに、他人に愛を説く神父。外人だからと神父になったという安易さ。主人公を含め、このいい加減さ、ダメ加減さの描き方が絲山さんの真骨頂かと。

「アブセント」は、特になくてもよかったかな。ただ、ラストはきれいに収まった感があり、その点はよかったです。

ほぼ全ての著作を読んでいるのに、いまだ掴みきれません。ただ、よくわからなくても読み続けてしまうと思います。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 22:45
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。
周りの人たちが良かったですね。
私も神父はええなあと思いました。正臣と彼との関係も。
だめ男を書かせるとはまりますね。

>このいい加減さ、ダメ加減さの描き方が絲山さんの真骨頂かと。
そうですねぇ。うまく説明できないけれど素敵なダメっぷり(笑)
でもそれが妙な共感を呼ぶんでしょうか・・・?
彼女の小説はなんだかとっても心にしみます。

■ちきちきさん
お返事おそくなりました。
どうしても毎回イトヤマさんと主人公を重ねてしまいます。
こういう人なんじゃないかと・・・。ちょっと失礼ですかね。

  • あおちゃん
  • 2007/06/22 11:38 AM

■tomekitiさん
返事がおそくなりました。m(_ _)m
結局何がいいたいのか毎回分からなくなるのですが、
独特の雰囲気、文体が好きです。

  • あおちゃん
  • 2007/06/22 11:40 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

エスケイプ/アブセント 絲山 秋子 元職業革命家の〈おれ〉こと江崎正臣を語り手にした一人称の中篇小説「エスケイプ」と、その中で正臣がしきりに気にかける〈あいつ〉を主人公にした三人称の短い作品「アブセント」 なんだか絲山さん、男です。冴えないおっ

  • ナナメモ
  • 2007/06/14 11:50 PM

エスケイプ/アブセント 絲山秋子

装幀は池田進吾(67)。初出「新潮」2006年11月号。 エスケイプ・・・闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。主人公で語り手の江崎正臣四十歳の、二00六年夏。故郷、仙台にいる妹のやよいが念願の託児所を

  • 粋な提案
  • 2007/06/15 1:34 AM

○「エスケイプ/アブセント」 絲山秋子 新潮社 1260円 2006/12

 「エスケイプ」という短編と、「アブセント」という短編で構成された、ひとつの中編と言ったところだろう。なぜなら、後半の「アブセント」のほうは「エスケイプ」の存在なしに単独で読ませる力を持った作品ではないし、それぞれの話が“同じ時”を書いたものではない

  • 「本のことども」by聖月
  • 2007/06/15 8:56 AM

エスケイプ/アブセント 絲山 秋子

闘争に明け暮れ、気がつけば40の齢になる中年男が京都を巡り歩き、行方不明の双子の兄を捜す物語『エスケイプ』と、その双子の兄の物語『アブセント』の二編。 一人称で物語は綴られ、主人公の存在感に圧倒されながら一気に読んでしまった。 特に『エスケイプ』では、

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2007/06/15 9:15 AM

エスケイプ/アブセント 〔絲山秋子〕

エスケイプ/アブセント絲山 秋子 新潮社 2006-12売り上げランキング : 52409おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。 だが人生は、まだたっぷりと残っている。 旅先の京都で始まった、長屋の教会

  • まったり読書日記
  • 2007/06/15 9:27 PM

絲山秋子『エスケイプ/アブセント』

絲山秋子『エスケイプ/アブセント』 新潮社 2006年12月20日発行 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。 だが人生は、まだたっぷりと残っている。 旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。 あやしげな西洋坊主バンジャマンと、遅れすぎた

  • 多趣味が趣味♪
  • 2007/06/15 9:59 PM

エスケイプ/アブセント

『エスケイプ/アブセント 』絲山秋子(新潮社) 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている。旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。あやしげな西洋坊主バンジャマンと、遅れすぎた活動家だった「おれ」。

  • ぼちぼち
  • 2007/06/15 10:16 PM

エスケイプ/アブセント 絲山秋子 新潮社

昨日は、青春のロードムービー。 今日は、中年の旅の話。どっちが胸に沁みるか。 この正臣という、オジさんのする空っぽな旅の手ごたえが、なんだか 心に染み渡る。ああ、私も同じように空っぽだあ、って思うと、なんだか ほっとする。お互い、空っぽだねえ、って。

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/06/16 12:23 AM

「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

エスケイプ/アブセント これ、文章はまぎれもなく絲山さんなんですけど、知らずに読んでいたらおっさん、いえ男性の書いたものだと思いそうです。革命家をやめた男の視線というか独白が読ませます。あいかわらず絲山さんすごいです。男らしすぎます。恋で虎バターに

  • 本のある生活
  • 2007/06/16 11:41 AM

エスケイプ/アブセント

嫌いじゃない。 40歳の活動家。 ほぼ同じ年なんだけど、 この年代の活動家ってあまり聞いたことがないな。 自分の大学でも自治活動はあったけど、 革命や過激派や闘争紛争なんてのは過去の話になってたような気

  • My Favorite Books
  • 2007/06/17 9:16 PM

『エスケイプ/アブセント』 絲山秋子

非常に書評を書きにくい本です。ネタバレになってしまうのでヒントは「アブセント」(不在)とだけしておきます。40才になった江崎は元革命家。セクトをいまだにやっていてちゃんと(?)公安にもつけられる立派な活動家。しかし政治に夢破れ、妹の始める託児所を手伝う

  • 猛読醉書
  • 2007/06/22 4:45 PM

「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

エスケイプ/アブセント発売元: 新潮社価格: ¥ 1,260発売日: 2006/12売上ランキング: 17703おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/02/10 うわ、感想書きづらい。ほぼギブアップ気味。 絲山さん、今度は「俺」の一人称。 40歳になるまで「活動」をしてい

  • 本を読む女。改訂版
  • 2007/06/27 11:17 AM

エスケイプ/アブセント /絲山秋子

読書期間:2007/6/28 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている−。いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実。気鋭の作家のみごとな深化を示す、響きあう2篇の「双子」小説。

  • hibidoku〜日々、読書〜
  • 2007/06/30 12:06 AM

エスケイプ/アブセント 絲山秋子

エスケイプ/アブセント ■やぎっちょ書評 絲山さん久々です。 いきなりクライマックスからですが、本当なら和臣の物語をもっとぐーっと書いて、第3部で2人が会うかどうかすれ違うのかっ!という展開が正しい小説のあり方?だと思うんだけど、ここで終わる絲山さんが

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2008/01/14 10:38 PM