2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「図書館危機」有川浩

図書館危機タイトル:図書館危機
著者  :有川浩
出版社 :メディアワークス
読書期間:2007/04/23 - 2007/04/24
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 終始喧嘩腰で「図書館戦争」シリーズ第3弾、またまた推参!

前作が非常に気になるところで終わっていたので、続編を待ち焦がれてました。郁と堂上の関係を中心に、日頃疑問にすら感じていないことについて気付きを与えてくれるなど、本作も大満足でした。

昇進試験を受ける章を読んで、第1弾からの時の流れを感じずにはいられませんでした。筆記はまるでダメ、実技はピカイチというのは変わらないけど、ただ甘えるばかりじゃなく強い意志を見せられて、郁は日々成長しているのだなと何だか感慨深かったです。それに引き換え、自分は成長してるのか・・・。

機械っぽかった手塚や柴崎も郁に影響されて、ずいぶん人間味を帯びてきたなと思います。もともと能力が高いし、人のことを考えられるようになれば怖いものなしですね。薄々感じていたけど、手塚と柴崎って似たもの同士で何だかいい感じでした。

そして、本作のクライマックスは茨城県立図書館・美術館共同で執り行われる美術県展の警備。これまでにない良化特務機関との激しいぶつかり合い。激しい描写も多々あり、ページを捲る手にもついつい力が入りました。保身と腐心。強い心を持って正義を貫くのは非常に大変なことだと痛感させられます。

玄田の怪我、そして章のタイトルになっている稲本司令の勇退。今後図書隊はどのようになっていくのでしょうか。次巻でシリーズは完結。早く読みたい、でも終わって欲しくない。少々複雑な心境です。

+++++

【みなさまのご意見】
こんな一冊さん
a bird shopさん
粋な提案さん
ぼちぼちさん
寝ていられるのになぜ起きる?さん
ChiekoaLibraryさん
今日何読んだ?どうだった??さん
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん
ナナメモさん
本のある生活さん
たりぃの読書三昧な日々さん
苗坊の読書日記さん
マロンカフェ〜のんびり読書〜さん
道草読書のススメさん('07/06/13追加)
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】さん('07/06/13追加)
<花>の本と映画の感想さん('07/06/17追加)
たこの感想文さん('07/07/06追加)
しんちゃんの買い物帳さん('07/07/09追加)
miyukichin' mu*me*mo*さん('07/08/07追加)
hibidoku〜日々、読書〜さん('07/08/07追加)
WITH★LOVE別館 やっぱり本が好き!さん('07/09/03追加)
じゅずじの旦那さん('07/09/13追加)
駒吉の日記さん('07/10/09追加)
空夢ノートさん('07/10/14追加)
デコ親父はいつも減量中さん('07/12/21追加)


スポンサーサイト

  • 21:58
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは★
郁の成長めざましい作品でしたね。
たくさん泣いて、怒って、笑って、たくましくしなやかな女性になってほしいですねっ。
そのころにはきっと堂上ともお似合いに…(*≧m≦*)
カミツレのエピソードはこころをわしづかみにされたような衝撃を受けました。
いよいよ最終巻ですね〜。
皆のこころに希望が灯るような結末を期待したいです。

こんばんは。
登場人物たちの(特に郁)の成長ぶりは目を見張るものがありました。
手塚にはぜひ柴崎を何とかして欲しいとすごく思います。
最終巻楽しみですね。

早く次を読みたいんですけど、
終わってしまうのはいやなんですよね・・。
複雑です。」

  • june
  • 2007/06/13 10:53 PM

■Rutileさん
感想には書かなかったですが、カミツレのお話はよかったですね。
どんな思いがこもっているのかが、よく理解できました。
次で最後ですね。期待して待ちたいと思います。

  • あおちゃん
  • 2007/06/14 11:01 PM

■ちきちきさん
こんばんは。
手塚と柴崎、いい感じでしたよね。次でどうにかなるのかな。
誰も彼もがベタベタくっつく展開にはなって欲しくないですが・・・。
次巻が楽しみですが、これで終わりと考えるとちょっと寂しいです。。。

  • あおちゃん
  • 2007/06/14 11:03 PM

■juneさん
このシリーズ、図書館で借りてるのですが、
購入しておけばよかったかな、なんて思います。
と言ってますが、次も図書館ですが・・・。
文庫化されたら購入します。

  • あおちゃん
  • 2007/06/14 11:06 PM

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 手塚も柴崎も、最初の頃と比べるとずいぶん親しみやすい雰囲気が出てきましたよね。

 次巻、楽しみだけど寂しい、って感じですねぇ。
 

■miyukichiさん
コメント遅くなりました。m(_ _)m
手塚も柴崎も相当郁の影響を受けてますよね。
もともと能力はあるし、これに人間味が加わったら怖いものなしですね。
次が最後で寂しいですが、早く読みたい気持ちが勝ってます。
まだ刊行情報は出てないですよね。楽しみです。

  • あおちゃん
  • 2007/08/12 4:14 PM

『内乱』に続きお邪魔してしまいました。
最終章の激突、両陣営の理想とか痛みとかすごく伝わってきて、簡単には読めませんでした。 郁の成長も目覚しくて、反省したり。 いろんな読み方ができる作品で良かったです。
次巻はタイムリーに読めそうです(笑)。 楽しみだけど、寂しいですね。

■りるさん
いらっしゃいませ。
いやでも月日の流れを感じずにはいられない一冊でしたね。
稲本指令の勇退で、図書館警察は大きく変貌を遂げそうですね。
待ち遠しいけど読み終えたくない。複雑な心境です。

  • あおちゃん
  • 2007/10/15 9:10 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

図書館危機 有川浩

図書館危機 オススメ! 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!! 図書館は誰がために― 王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! ―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていた

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/06/12 10:55 PM

『図書館危機』有川浩

シェアブログ1152に投稿 うふふふ。もはや得意技なのか。 先日堂上&郁が夢に出てきました!! 残念ながら彼らのカラミではなかったのですが、 私は郁とふたりで夜景を見にいったんですよ〜。 (郁に夜景…ってなんかガ

  • 道草読書のススメ
  • 2007/06/12 11:38 PM

「図書館危機」を読む

「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ〜〜〜。折口さんに、あんまし心配かけんようにね。(^_^;)

  • 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
  • 2007/06/13 12:39 AM

図書館危機 有川浩

イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロ

  • 粋な提案
  • 2007/06/13 12:42 AM

図書館危機 有川浩

図書館危機 ■やぎっちょ書評 なんで泣けるんだろう。 ドタバタなのに。メルヘンなのに。なのにどうしても泣けてしまうんですよ。 玄田の仁王立ちにも泣けたし、狙撃手進藤が被弾したのに手塚を信頼して囮になったりしたのもグッときた。戦闘というか、誇りや信頼を

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/06/13 1:15 AM

図書館危機*有川浩

☆☆☆☆・ 図書館危機有川 浩 (2007/02)メディアワークス この商品の詳細を見る 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2007/06/13 7:13 AM

有川浩  図書館危機

図書館危機 有川 浩 図書館シリーズ3作目。読み終えての感想は一言、すごかった・・・ 前2作に比べて戦闘シーンも比ではなかったし、女子寮でのいじめも格段に上がってたし、親子喧嘩も全てにおいてパワーアップしているような感じがしました。もちろんベタ甘

  • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
  • 2007/06/13 9:44 PM

図書館危機

図書館は誰がために 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 混乱のあまり現場をひっちゃかめっちゃかに!? 一方、玄田のもとには折口からの出版事情の揉め事相談が。 出るか伝家の宝刀・反則殺法! ――― そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? そこで郁を

  • ぼちぼち
  • 2007/06/13 10:37 PM

「図書館危機」有川浩

図書館危機 はじめは乙女全開でドキドキきゅんきゅんだったんですけど、途中考えさせられて、最後はしんみりとさせられて・・。はぁ・・とても忙しかったけれど楽しい読書でした。もうっ!このシリーズ大好き。続きが早く読みたいです!でも、あとがきによるとこのシ

  • 本のある生活
  • 2007/06/13 10:52 PM

図書館危機

図書館危機有川 浩 / メディアワークス(2007/02)Amazonランキング:1425位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <評価> <感想> 今回は、ラブ度が非常に高い会になっております

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2007/06/15 4:10 PM

本「図書館危機」

図書館危機 有川浩 メディアワークス  2007年3月 図書館で痴漢が出る。郁は囮となり・・・・・ 相変わらずおもしろい。王子様が誰かを知った郁の態度が、女の子だねえ。いじらしいというか、なんというか。堂上は、部下としての郁のフォローも

  • <花>の本と映画の感想
  • 2007/06/17 4:08 PM

(書評)図書館危機

著者:有川浩 図書館危機価格:¥ 1,680(税込)発売日:2007-02 憧れ

  • たこの感想文
  • 2007/07/06 10:51 AM

「図書館危機」有川浩

図書館危機有川 浩 (2007/02)メディアワークス この商品の詳細を見る やっとこさ図書館の順番が回ってきました。少し内容を忘れていて、あれ?そうだっけ、 と何度かなってしまった。郁と手塚のお兄さんの会話なんて、す

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/07/09 4:38 PM

図書館危機/有川 浩 [Book]

 有川 浩:著 『図書館危機』  図書館危機有川 浩メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 『図書館内乱』 に次ぐ、  図書館シリーズ3作目。  前作でついに王子様の正体を知ってしまった郁ですが、  その動揺が1巻通してずーっと続いてます

  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2007/08/04 3:59 AM

図書館危機/有川浩

読書期間:2007/7/25〜2007/7/28 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 終始喧嘩腰で「図書館戦争」シリーズ第3弾、またまた推参!

  • hibidoku〜日々、読書〜
  • 2007/08/04 1:02 PM

図書館内乱&危機(シリーズ2、3冊目) 有川浩

内乱のほうは短編集という感じ。 こういうのは読んでいて気楽でよいなあ。 まあ一冊目ではなかなかしづらいものだけど2冊目だし。 で、3巻たる危機のほうも連続でよんでしまいました。 まあ2巻もそうですが、短編集的な感じであるけれども イチオウ続いている要

  • WITH★LOVE別館 やっぱり本が好き!
  • 2007/08/24 8:22 PM

【図書館危機】 有川浩 著

「…手塚、うるさいから笠原さんどっか持ってって」 「持ってって」、表現ピッタリのお笑いシリーズ第3作スタート [:拍手:] 昇任試験では、手塚の弱点を見たり、オリジナリティ豊かな郁、やっぱりキレのある柴崎、みごと個性が絡み合っていく。 図書館は誰がた

  • じゅずじの旦那
  • 2007/09/11 11:07 PM

読書:図書館危機(有川浩)

図書館危機(有川浩) 「あたし、王子様からは卒業します!」 郁が「王子様」で混乱してる間に周囲の環境は厳しさを増して・・・?!戦闘シーンは初めてだったのでなんか衝撃をうけました。 それにしてもよりによってこんなところで終わるなんて〜!!!次回刊

  • 駒吉の日記
  • 2007/10/06 10:22 PM

『図書館危機』の感想

『図書館危機』有川浩/メディアワークス/『図書館内乱』が登場人物にスポットを当てた頭脳戦というかラブコメというか(笑)な展開だったため、少し忘れがちだったけど、このシリーズは戦争さえ厭わない覚悟で本と人間とを守るお話だったんだ。 といこと、を強く再認

  • 空夢ノート
  • 2007/10/14 10:05 AM

図書館危機<有川浩>−(本:2007年154冊目)−

図書館危機 出版社: メディアワークス (2007/02) ISBN-10: 4840237743 評価:86点 前作のラストで、憧れの王子様が、上司の堂上であることを知ってしまった郁。 いったいどうなることかと思って読み始めたが、予想通り最初の話は王子様。 図書館での痴漢逮捕

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/12/15 2:07 PM