2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「中庭の出来事」恩田陸

中庭の出来事タイトル:中庭の出来事
著者  :恩田陸
出版社 :新潮社
読書期間:2007/04/18 - 2007/04/20
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。自殺? それとも他殺? 芝居とミステリが融合した、謎が謎を呼ぶ物語のロンド。

久しぶりにわけがわからぬまま、読了を迎えました・・・。

「中庭にて」「旅人たち」「中庭の出来事」の3つのお話から構成されています。「中庭にて」は、ホテルの中庭で二人女性が亡くなった脚本家の死の原因について言い争い、「旅人たち」は、二人の男性が山奥の廃駅を利用した劇場でなにやら話をし、「中庭の出来事」では、三人の女優たちがオーディション(?)を行っており、その芝居の脚本を書いたのが「中庭にて」の亡くなった脚本家で・・・。

それぞれのお話を行ったり来たりし、またそれぞれ話の中で微妙に言い回しの違う表現が連発されているので、何が何やら、現実なのか芝居なのか全くわからなくなりました。せっかくたどり着いた結論がいとも簡単に覆させられる、というのが繰り返されたので、完全に思考を放棄、ただただ文章を辿ることに終始しました・・・。完全に恩田さんの術中に嵌ってしまいましたね・・・。

恩田さんが得意な"結論が良くわからないお話"は嫌いではないのだけど、これはわけがわからな過ぎでした。「チョコレートコスモス」ではすごくのめり込めて最大の評価をしましたが、同じ題材な上にこんな状況なので必然的に評価が下がってしまいました。

この本は携帯で配信されてたようですね。全編を一気に読んでもわからないのに、携帯で少しずつ読んだとしたら・・・。携帯で読んで理解できた人がいたら、尊敬してしまいます・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 22:50
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

携帯で読むと
微妙なニュアンスの違いにも気づかずに
毎回同じお話が配信されているような気分になってしまいそうですね。

ほんとうに頭の中がぐるぐるしました。

  • ふらっと
  • 2007/06/08 7:11 AM

こんばんは!!
ああ、確かに携帯だと、ん?これ、読んだけど?とか思ってしまいそう。
わからなさと目くらましが、この本での恩田さんの戦法かと思って、騙されてぐるぐるしちゃいましたよ。霧の中から、ふっと現れる光景が印象的でした。

  • ERI
  • 2007/06/08 8:21 PM

■ふらっとさん
こんばんは。
頭の中がぐーるぐるですよね。
みんな間違えて配信されてると思ったことでしょう。
結論はなんだったのか、いまだによくわかりません。。。

  • あおちゃん
  • 2007/06/11 10:26 PM

■ERIさん
こんばんは。
僕の目の前の霧は結局晴れませんでした・・・。
一応一つの結論は導き出したのですが、これがあっているのか・・・。
みなさんの感想を読み漁って、答えを探しています。

  • あおちゃん
  • 2007/06/11 10:28 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

中庭の出来事 恩田陸

装画は梅木英治。装幀は新潮社装幀室。 新潮ケ−タイ文庫2003年5月9日から2004年2月26日配信。 瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次

  • 粋な提案
  • 2007/06/07 11:43 PM

中庭の出来事*恩田陸

☆☆☆☆・ 中庭の出来事恩田 陸 (2006/11/29)新潮社 この商品の詳細を見る 瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。自殺? そ

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2007/06/08 7:12 AM

恩田陸【中庭の出来事】

すごく面白かった。 もうその一言しか書きたくない。というか書けない。ヘタに内容を書くとネタバレになってしまいそうだ。 ひとりの女が中庭で命を落とす。血のように赤いワインを飲んでいたその唇から、赤い

  • ぱんどら日記
  • 2007/06/08 9:29 AM

「中庭の出来事」恩田陸

中庭の出来事 恩田 陸 すごい本です。多分理解してないと思う。私は今どこにいるのかが全然わからないんです。外側なの?内側なの?完全に迷子です。「ユージニア」を読んだ時と同じような感覚。これは誰かに読んでもらって語り合わなきゃいけない本です。

  • ナナメモ
  • 2007/06/08 7:49 PM

中庭の出来事 恩田陸 新潮社

「チョコレートコスモス」に引き続いての、演劇がテーマの ミステリー。

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/06/08 8:18 PM

中庭の出来事 〔恩田陸〕

中庭の出来事 ≪内容≫ 瀟洒なホテルの中庭。 こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。 周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。 芝居とミステリが融合し、まったく新しい恩田ミステリの幕が開く―。 (BOOKデータベ

  • まったり読書日記
  • 2007/06/08 8:34 PM

「中庭の出来事」恩田陸

中庭の出来事 「中庭にて」「中庭の出来事」「旅人たち」で語られることが、劇中劇ありの入れ子状になっているうえに、同じような場面が繰り返されたりするので、読んでいて今自分がどこにいるのか、ここはどこ?というちょっと不安な感じでした。よく考えてもわから

  • 本のある生活
  • 2007/06/08 8:34 PM

『中庭の出来事』  恩田陸  新潮社

はっきり言いますけど、すっごく変な本です。ヘンです。通常のアタマ、一般の常識では受け入れがたい物語です。決して多くの人にオススメできる本ではありません。 でも、こういうヘンな本を書いてくれる恩田さんが、私は本当に好きなんです。もう、愛してると言っ

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2007/06/09 3:33 PM

恩田陸『中庭の出来事』

恩田陸『中庭の出来事』 新潮社 2006年11月30日発行 瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。 周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。 自殺? それとも他殺? 芝居とミステリが融合した、謎が謎を呼ぶ物

  • 多趣味が趣味♪
  • 2007/06/17 5:08 PM

「中庭の出来事」恩田陸

以前雑誌で紹介されていたのを読んで、いつか読んでみたいと思ってた本です。 でもこんなにボリュームのある本だとは思ってなかったです(いろんな意味で)。 これは何とも言いがたい複雑な読後感を与えてくれる作品でした。 坂道の途中で、コートの上から三

  • BOOKCASE
  • 2008/05/28 2:44 PM