2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「レインツリーの国」有川浩

レインツリーの国タイトル:レインツリーの国
著者  :有川浩
出版社 :新潮社
読書期間:2007/03/15 - 2007/03/16
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。

「図書館内乱」からスピンアウトした本書。出版社がメディアワークスから新潮社に変わっているのがちょっと不思議・・・。

昔読んだ思い出の本の感想をネットで検索していた信行は、「レインツリーの国」というサイトでその感想を見つける。内容に好感を持った信行は、サイト管理者「ひとみ」に思い切ってメールを出す。半ば返事は諦めていたが即返信が届き、それから数日を空けずメールのやり取りをすることとなった。何度もやり取りを重ねるうち、「ひとみ」に会いたくなった信行は、そう「ひとみ」に伝えるが・・・。

知り合いにも何人かこういう出会いで結婚した人がいます。今時珍しいことじゃないでしょうね。自分は経験ありませんが。

会うまでの二人のメールのやり取りには、まだ見ぬ相手への「浮つき感」が感じられて、少々くすぐったい気がしながら読みました。でも、メールへの返信で喜んだり、数日返事が返ってこないと不安になったりする気持ち、よくわかります。俺にも昔はそういうことがあったなぁ・・・。

それにしても、自分の納得いかないことにはとことんぶつかっていく信行のパワーはすさまじいなって感じました。自分の主張だけを押し通すようなことをせず、必ず二人で何とかしようと考える信行。これからどのように展開していくか、二人の間にはまだまだ乗り越えなくちゃならない壁がいくつも立ちはだかっているだろうけど、このパワーがあれば乗り越えられるかなって思いました。

障害の種類、障害を持つ方々の生活や苦労など、しっかりリサーチされているのに好感が持てます。これを読んで聴覚障害者のことがわかったというつもりは毛頭ありませんが、障害を特別視するのではなく、その人個人を尊重してあげることが一緒に生活していくうえで必要ではないかと感じました。障害者だって健常者だって、結局はさまざまな悩みを抱えているわけで、別に障害だけを特別視する必要はないのではないか。障害により出来ないことはありますが、代わりにその人でないと出来ないこともあるはずだから、と思いました。

信行が関西弁だったのが、うまくはまったなとちょっと思いました。標準語だったら問い詰められたように感じるだろうなと。関西弁に標準語にはない言葉の温かみを感じました。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:45
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは★
ふたりの一途な想いや健気な様子に、おもわず頬が緩んでしまう作品でしたね。
と同時に、多かれ少なかれみな辛い何かを背負っている、
それでも前を向いて生きていこう…
そんな勇気をくれた作品でした。

こんばんは。
こういう企画モノはお楽しみがあって好きです。
内容も重いテーマだけど、明るさがありました。
まだまだいっぱい知らないことがあるなあと気づかされた一冊でした。

>信行が関西弁だったのが、うまくはまったな
私もそう思いました。
とんがってない感じがしますよね。

あおちゃん、こんにちはっ♪
伸行、驚くほど真摯に正面から向き合っていましたね。
確かにパワフルだわ。
何だか応援したくなるような2人でしたね♪

関西弁。
たしかに、関西弁だからこそ…の暖かさやさりげなさがよかったんだよなぁと改めて思いました。

■Rutileさん
こんばんは。
本来こういった真っ向勝負の恋愛モノは苦手なのですが、この本は素直に読めました。
前途多難でしょうけど、この二人なら乗り越えられるかなぁって思います。

  • あおちゃん
  • 2007/04/18 10:08 PM

■ちきちきさん
ほんと、まだまだ知らないことが一杯ありますね。
われわれから見れば同じ聴覚障害であっても、症例でコミュニティが違ったりとか。
知るとしたらうわべだけではいけないし、かといって深く突っ込むにはパワーがいるし・・・。
この本を読んで考える契機にはなりましたが、難しい問題ですね。

  • あおちゃん
  • 2007/04/18 10:17 PM

■そらさん
こんばんは。
伸行のパワーはすごいですよね。
当事者になってみないとわかりませんが、自分にはあれほどのパワーはないかも。
陰ながら二人を応援したいと思います。

  • あおちゃん
  • 2007/04/18 10:21 PM

こんばんは!!
実際にこういう出会いで結婚する方って、おられるんですね〜。
私も、この関西弁の持つ言葉の魅力、大阪者だけに強く感じてしまいました。いや・・人を説得するのに、いい言葉かもしれません(爆)

  • ERI
  • 2007/04/20 1:38 AM

■ERIさん
ネットで出会って結婚した人、知ってるだけで三人います。
世の中にはまだまだいるんでしょうね。
そうそう、説得力!関西弁にはありますよね。
それにユーモラスな部分も兼ね備えてて、いい言葉と思います。
捲くし立てられると怖いですが・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/04/20 10:58 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

『レインツリーの国』有川浩

http://calroz1.info/t4k4/シェアブログ1152に投稿 ネット上で知り合うこととなった伸行とひとみ。 彼らがゆっくりと仲を深めていく様子がなんとも切ないです。 思いやりがかえって相手を傷つけてしまい、互いの想いは

  • 道草読書のススメ
  • 2007/04/17 10:56 PM

「レインツリーの国」有川浩

レインツリーの国 有川さんいわく、「『図書館内乱』とコラボ、しかも今までオプションだった飛び道具なし」の恋愛小説です。「図書館内乱」を先に読んでいたので、恋愛ものといってもどういうものかはだいたいわかってました。有川さんの恋愛ものというと「乙女」と

  • 本のある生活
  • 2007/04/17 10:57 PM

「レインツリーの国」を読む

本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんで

  • 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
  • 2007/04/18 12:05 AM

レインツリーの国 有川浩

装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中

  • 粋な提案
  • 2007/04/18 1:46 AM

「レインツリーの国」 有川浩

レインツリーの国posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8有川 浩著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2007/04/18 4:40 AM

「レインツリーの国」有川浩

有川浩(ありかわひろ)さん、女性の方なんですね。 そういえばどこかで聞いたような気もするけれど、すっかり忘れて男性名でお名前を読んでいたので、ちょっとびっくり。 作品は、繊細で女性らしくもあり、緻密で男性ら

  • 日だまりで読書
  • 2007/04/18 4:37 PM

「レインツリーの国」有川浩

レインツリーの国 有川 浩 関西から東京の会社へ就職して3年、向坂伸行は中学生の時に読んでラストに衝撃を受けた本を他の人はどう感じていたのか調べる為ネットで検索してみた。そこで見つけた「レインツリーの国」というブログ。管理人ひとみが書いた感想と自

  • ナナメモ
  • 2007/04/18 9:34 PM

有川浩  レインツリーの国

レインツリーの国 有川 浩 実は、去年にこの本を読んでいるのですが、図書館で見かけたのでまた借りてきました。初読の時は、ひとみと自分を重ね合わせすぎて、読みながら泣いて一緒に傷ついたり色々気づかされたり・・・なので、もう冷静にこの本について感想は

  • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
  • 2007/04/19 11:51 AM

レインツリーの国 有川浩

レインツリーの国 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 いやぁ。 まいったな。 まいったよ。 図書館戦争&内乱のノリと、あの具合のよろしさを基準にしていたから、正直ちっと期

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/04/20 1:25 AM

レインツリーの国 World of delight 有川浩 新潮社

先日読んだ「図書館内乱」の中に、この物語が出てきてました。 クールな小牧さんと可憐な鞠江ちゃんのエピソードです。 鞠江ちゃんは、難聴者です。「突発性難聴」という病気のせいで 音が聞こえにくくなってしまった彼女を支え、愛していく小牧さんが 素敵で、とて

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/04/20 1:34 AM

「レインツリーの国」(有川浩著)

 今回は 「レインツリーの国」 有川 浩著 です。この本は「図書館内乱」の中で重要な役割を果たしている劇中作ですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2007/04/22 7:26 PM

有川浩『レインツリーの国』  ★★★

レインツリーの国 有川 浩  実際に会っての取材に応じてくださった方が偶然にも私の本を全部読んでくださっている方で、「難聴者を主人公にして恋愛物を書く」と申し上げましたら、 「それはあれですか、自衛官が地雷処理とかで失敗して難聴になったりするんです

  • book diary
  • 2007/05/04 2:13 PM

『レインツリーの国』 有川 浩 新潮社

レインツリーの国  きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。 「図書館内

  • みかんのReading Diary♪
  • 2007/06/05 11:18 AM

レインツリーの国/有川 浩 [Book]

 有川 浩:著 『レインツリーの国』  レインツリーの国新潮社このアイテムの詳細を見る  先日読んだ 『図書館内乱』に、  この 『レインツリーの国』 が出てきました。  とても素敵な話だよって、  ある図書館員が女の子に勧めるんですよ。  これはもう、読むし

  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2007/06/28 2:10 AM

(書評)レインツリーの国

著者:有川浩 レインツリーの国価格:¥ 1,260(税込)発売日:2006-09

  • たこの感想文
  • 2007/11/05 3:46 PM

レインツリーの国<有川浩>−(本:2008年8冊目)−

レインツリーの国 出版社: 新潮社 (2006/9/28) ISBN-10: 4103018712 評価:86点 (ネタバレあります) 中学生の頃に読んだ忘れられない本。 ネットでその本を検索しヒットしたサイトの感想文があまりにも心の琴線に触れたため、主人公の「伸」は思わず相手

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2008/01/11 1:25 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2013/04/19 7:20 AM