2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「Run! Run! Run!」桂望実

Run! Run! Run!タイトル:Run! Run! Run!
著者  :桂望実
出版社 :文芸春秋
読書期間:2007/03/05 - 2007/03/06
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点。仲間なんか必要ないはずだった…。アスリートとして最高の資質を持つ主人公が知った事実とは? 箱根駅伝に懸ける仲間と走るうちに、閉じかけていた世界が開いていく。

主人公の岡崎優は、走る度に記録を塗り替えてきたトップアスリート。箱根駅伝の準優勝校・S大学に入学するも、目標はオリンピックの金メダルとのたまい、個人競技に仲間は要らないと陸上部仲間との付き合いを極力行わないようにしていた。しかし、母の口から出生に関する発言が・・・。

主人公は、自分の才能に自惚れ、仲間を見下し、自分のことしか考えない嫌なヤツ。練習をしっかりと積み、食べ物にも気を使い、走ることに打ち込んでいる姿は一流と思いますが、心が伴っていない。仲間と馴れ合うことがいいとは言わないけれど、度を超えた態度からは何も生まれません。

こんなのをいつまで読まされるのかと作者の意図を測りかねていたのですが、優が出生の秘密を知り、走ることに集中できなくなった当たりから、少し面白くなりました。優とはまるっきり正反対の性格をしている岩本の存在が光っていました。優が人間的に成長していく姿は、ベタ中のベタな展開でしたが、それでも駅伝のシーンは胸が熱くなりました。

ただ、全体的にリアリティに欠けており、「うそ臭さ」のために心底は楽しめませんでした。遺伝子操作については、今後こういうこともありえるかなぁと思った程度でしたが、肝心の陸上競技にリアリティがない。走った距離と時間経過がとてもチグハグで、取材不足を感じました(読んだ当時の話。今は手元に本がなく、具体例が挙げられなくてすみません)。

どうしても同じ陸上を扱った「風が強く吹いている」(三浦しをん著)と比較しちゃうのですが、「風が〜」の圧倒的勝利でした。リアリティの無さは「風が〜」も同様ですが、ここまで突き抜ければ楽しめるというものです。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 17:00
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。
「風…」と同じような時期に陸上の物語。
ちょっとタイミングが悪かったですよね。
どうしても比べちゃいますから。

こんばんは。
主人公の嫌な奴っぷりが天晴れでしたね。それにしても最後まで好きになれん主人公てどうなんでしょう…
>走った距離と時間経過がとてもチグハグ
全然気づきませんでした!ぽんやりしてますね(^_^;)

岩本の存在に救われましたね〜
それがなかったら、途中で投げちゃったかも(苦笑)
でも、想像とはまったくちがった展開が意外で
印象に残る作品になりました。

■ななさん
同じ陸上の長距離を描いてるってことで比較しちゃいますよね。
この二作のほかに「一瞬の風になれ」も同時期でしたね。
こっちも読んで比較してみようと思ってます。

  • あおちゃん
  • 2007/04/04 1:26 PM

■ちきちきさん
最後の方はだいぶ許せる性格になっていたけど、最初は何だコイツって思いましたね。

>>走った距離と時間経過がとてもチグハグ
>全然気づきませんでした!ぽんやりしてますね(^_^;)

「風が強く吹いている」がしっかりと書かれていたので、気になったのかもしれません。
話の本筋ではないので、気にならなくても問題ないと思いますよ。

  • あおちゃん
  • 2007/04/04 1:31 PM

■エビノートさん
岩本くん、頑張りすぎですよね。
いくらなんでも大事な大会とかの前日くらい休めばいいのに・・・。
あの努力と明るさには救われました。

  • あおちゃん
  • 2007/04/04 1:32 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「Run! Run! Run!」桂望実

RUN!RUN!RUN! 桂 望実 長距離ランナーとしての高い能力を持って生まれ、子どもの頃から地道な努力を重ねる事を当然としてきた岡崎優。目標はオリンピック出場。S大学陸上部でも仲間を必要とせず、一人孤立していた。箱根駅伝での優勝も自分にとってはオリンピ

  • ナナメモ
  • 2007/04/03 8:52 PM

RUN!RUN!RUN!

『RUN!RUN!RUN!』桂望実(文藝春秋) 目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点、仲間なんか必要ないはずだった…。天才ランナーを揺さぶる血の秘密。「BOOK」データベースより 初読み。『県庁の星』(小学館)で読みそこなったので。 『一瞬の風にな

  • ぼちぼち
  • 2007/04/03 9:11 PM

Run!Run!Run! 〔桂望実〕

RUN!RUN!RUN!桂 望実 文藝春秋 2006-11売り上げランキング : 26836おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 目標はオリンピックの金メダル。 箱根駅伝は通過点。 仲間なんか必要ないはずだった…。 アスリートとして最高の資質を持つ主人公が知った

  • まったり読書日記
  • 2007/04/03 11:04 PM

RUN!RUN!RUN! 桂望実

写真は井上佐由紀。装丁は番洋樹。シューズ(カバー写真)提供は亜細亜大学陸上競技部。 2003年「死日記」でエクスナレッジ社「作家への道!」優秀賞を受賞デビュー。主な作品「県庁の星」「ボーイズ・ビー」「Lady,Go」

  • 粋な提案
  • 2007/04/04 2:33 AM

桂望実  Run!Run!Run!

RUN!RUN!RUN! 桂 望実 岡崎優は天性の才能を持つアスリート。スポーツ推薦で大学に入るも傲慢で人を見下す態度で一匹狼を貫いている。目標はオリンピック、箱根駅伝は通過点と言い切る優。そんな中、母がもらした出生の秘密。出生の秘密とはいったいなんなのか?

  • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
  • 2007/04/04 1:50 PM

桂望実【RUN! RUN! RUN!】

中学生のときから駅伝大会で華々しい記録を打ち立ててきた岡崎優が、スポーツ推薦で大学に入学。 いよいよ活躍の場を箱根駅伝へ移そうかというとき、優は人生を左右する重大な秘密を知る。 RUN!RUN!RUN!桂 望実 (2006/11

  • ぱんどらの本箱
  • 2007/08/27 2:24 PM

「Run!Run!Run!」桂望実

RUN!RUN!RUN!桂 望実 (2006/11)文藝春秋 この商品の詳細を見る 岡崎優は、幼い頃から陸上選手だった父の英才教育を受け、全国中学校駅伝競技走大会に三回出走し、自分の出した区間最高記録を走る度に塗り替え、全国高校駅伝競

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/11/12 5:36 PM