2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ユグドラジルの覇者」桂木希

ユグドラジルの覇者タイトル:ユグドラジルの覇者
著者  :桂木希
出版社 :角川書店
読書期間:2007/02/08 - 2007/02/14
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


華僑の若き総帥“華龍”、娼街育ちにしてEU経済界の女帝、某巨大財閥をバックに持つ米最大IT企業トップ、そして流浪の一日本人と覆面トレーダーの二人組…。混沌のネット経済界を制するのは誰か―?くせ者たちが火花を散らす、タイムリミットの頭脳戦。第26回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。

インターネットにより世界中の株式、金融取引を可能とする動きが進む中、米IT業界のトップ、欧州経済界の女帝、華僑の総帥といった経済覇者たちが主導権を握ろうとしのぎを削っている。そんな彼らに、日本人の元プログラマ・矢野と覆面トレーダーが勝負を挑み・・・。

久しぶりに登場人物が外人だったせいか、名前が頭に入ってこない・・・。それはさておき、序盤は結構楽しく読めました。株式投資に関して知識が全くないのですが、強烈な個性を放つ人物ばかりなので、どのように物語が展開していくかと先がすごく気になりました。

しかし、中盤を過ぎると一転、読み進めるのが辛くなってきました。自分の中で、それらの強烈な個性がうまく混ざりあってこないのです。それは、各人の生い立ちやこれまでの経歴に関して書き込みが薄く感じ、経済覇者となった先に何を目指すのかが見えてこなかったからかもしれません。お金ではない、とは漠然と理解したのですが・・・。

非常に壮大なスケールでそれに僕の頭がついていけなかったのかもしれませんが、もう少し詳しい描写があればとちょっと残念に思いました。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

ユグドラジルの覇者

桂木 希 ユグドラジルの覇者 「ユグドラジルの覇者」 桂木希・著 角川書店・出版 『国際ネット経済サスペンス』  パソコンの前で世界経済をあっといわせるヤノケン 彼の狙いは、??と、言った感じなのですが、 本書プロットを説明するのが、大変難し

  • 個人的読書
  • 2007/04/17 12:09 AM