2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「東京公園」小路幸也

東京公園タイトル:東京公園
著者  :小路幸也
出版社 :新潮社
読書期間:2007/02/07
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男から奇妙な頼み事をされる。バイト感覚で引き受けた圭司だが、いつのまにかファインダーを通して、話したこともない美しい被写体に恋をしている自分に気づく…。すれ違ったり、ぶつかったり、絡まったりしながらも暖かい光を浴びて芽吹く、柔らかな恋の物語。

建築科の大学生である圭司は、亡き母の影響もあって休日に「家族」の写真を撮ることを趣味としています。ある日偶然出会った男性・初島に、晴れた日に公園に出かける妻・百合香と娘を尾行して、その様子を写真に撮る、というアルバイトを頼まれることから物語は展開します。

ファインダーごしに百合香を見つめるうちに、しだいに百合香さんにひかれていく圭司。百合香もいつしか圭司に気づき、ファインダーを通した無言の交流が交わされてゆきます。幾度となく尾行と撮影の繰り返すうちに、圭司は百合香が公園めぐりをする理由に気が付き・・・。

主要な人物は五人程度。普通少なくとも一人くらい悪いヤツがいるんだけど、この本にはまったく悪いヤツは登場しません。みんな穏やかで他人思いのいい人ばかり。終始ゆったりした読書が出来たのですが、なんだか物足りないような気もしました。

百合香の意図には早々に気が付いてしまったので、圭司と圭司を取り巻く人たちとのサイドストーリーの方が興味深かったです。気恥ずかしくてのめり込むまでには至りませんでしたが、それなりに楽しめました。

著者の作品は、「東京バンドワゴン」「キサトア」に続いて三冊目なのですが、どれも同じ匂い、同じ雰囲気を感じます。著者の作風、もしくは人柄なのでしょうか。

+++++

【みなさまのご意見】
まったり読書日記さん
ぼちぼち。さん
きつねの本読みさん
ナナメモさん
本を読んだら・・・さん
粋な提案さん
こんな一冊さん
今日何読んだ?どうだった??さん
おいしい本箱Diaryさん
hibidoku〜日々、読書〜さん('07/04/06追加)
ついてる日記IIさん('07/04/09追加)
たこの感想文さん('07/05/18追加)
きつねの感想日記さん('07/09/14追加)
しんちゃんの買い物帳さん('07/10/14追加)
デコ親父はいつも減量中さん('08/01/07追加)


スポンサーサイト

  • 21:20
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。お久しぶりです。
確かにいい子すぎる感じはしなくもないんですが、嫌味じゃないので好きです。
ご指摘の、著作に共通する雰囲気がお気に入りです。

こんばんは!
この本を読んで、公園に行きたくなっちゃいました〜
すぐ本に影響されるんですよね(^_^;)
散歩したり、子どもが遊んでいたりする公園の穏やかな雰囲気が伝わってくるようでした。

■ちきちきさん
こんばんは。
雰囲気がとても心地よかったです。
この雰囲気は著作に共通しているのですね。
じゃ、"癒し"が欲しいときに読むといいかなぁ。

  • あおちゃん
  • 2007/03/18 8:08 PM

■エビノートさん
こんばんは。
確かに公園めぐりをしたくなりますね。いくつか行った事はあるのですが。
暖かくなったら、のんびりと公園読書でもしたいです。

  • あおちゃん
  • 2007/03/18 8:34 PM

TBお返しするのが遅くなりました。
気恥ずかしかったですか?そうなんやあ、と、それでかえってこの物語のふんわりした感じが伝わるような気がします。この物語の中では違う時間が流れているようでしたね。

  • ERI
  • 2007/03/21 11:24 AM

■ERIさん
流れる空気感がちょっとくすぐったくって・・・。それで気恥ずかしいような気がしました。
嫌いってわけないんですが、ぐっと物語に入り込む、ってところまでは行きませんでした。

  • あおちゃん
  • 2007/03/22 2:16 PM

あおちゃん☆こんばんは
富永さんが持ってくる映画のDVD、趣味がいいなぁって思いました。
小路さんは映画ファンなのかなぁ?

  • Roko
  • 2007/04/08 9:37 PM

■Rokoさん
小路さんのサイトの日記によく映画ネタが登場するので、おそらく詳しいのでしょう。
日記では、そのほか音楽や雑誌などが挙げられててなかなか面白いです。
もし見たことがなければ、一度覗いてみてはいかがですか。
http://www.solas-solaz.org/sakka-run/index.html

  • あおちゃん
  • 2007/04/10 11:08 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

東京公園

『東京公園』小路幸也(新潮社) 「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男から奇妙な頼み事をされる。バイト感覚で引き受けた圭司だが、いつのまにかファ

  • ぼちぼち
  • 2007/03/16 10:43 PM

東京公園 〔小路幸也〕

東京公園 ≪内容≫ 「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」 ―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男から奇妙な頼み事をされる。 バイト感覚で引き受けた圭司だが、いつのまにかファインダーを

  • まったり読書日記
  • 2007/03/16 11:03 PM

「東京公園」小路幸也

東京公園 小路 幸也 カメラマン志望の圭司は大学で建築の勉強をしながら休みの日には公園に出かけていって「家族」の写真を撮る。ある日、カメラを向けた母と子。その夫・初島さんから「平日、公園に出かけていく二人を見つからないように撮影して欲しい」と頼ま

  • ナナメモ
  • 2007/03/16 11:12 PM

東京公園 小路幸也

カバー写真は広瀬達郎(新潮社写真部)。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 主人公で語り手の志田圭司は、旭川出身でカメラマン志望の大学生。建築工学を学びながら「家族」を自分のテーマに決めて、公園でくつろぐ家族写真の撮影をし

  • 粋な提案
  • 2007/03/16 11:56 PM

東京公園 小路幸也 新潮社

「写真を撮る」ということが、私にはどうも苦手だ。 これは絵を描く、ということにも繋がるのかもしれないけれど、 私が写真を撮ると、なにやらボケる。いや、ピンボケではなくて ちゃんと写ってるんですが、自分の撮りたい、と思ったものは写っていない んですよ。

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/03/21 11:20 AM

東京公園/小路幸也

読書期間:2007/4/1〜2007/4/3 他の方々のブログで見た記憶があったこの作品。図書館で見つけたので借りました。

  • hibidoku〜日々、読書〜
  • 2007/04/05 11:08 PM

『東京公園』 小路幸也

東京公園発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/10/28

  • ついてる日記?
  • 2007/04/08 9:25 PM

(書評)東京公園

著者:小路幸也 東京公園価格:¥ 1,470(税込)発売日:2006-10-28

  • たこの感想文
  • 2007/05/17 10:04 PM

東京公園 小路幸也

「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」くつろぐ親子の写真を撮

  • きつねの感想日記
  • 2007/09/13 9:41 PM

「東京公園」小路幸也

東京公園小路 幸也 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る まだ自分が小さい頃に死んでしまった母親のことを思うとき、いつも最初に浮かんでくる光景は、一眼レフのカメラを構える姿だった。カメラマン志望の大学生、志田圭司

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/10/13 5:18 PM

東京公園<小路幸也>−(本:2008年5冊目)−

東京公園 出版社: 新潮社 (2006/10/28) ISBN-10: 4104718025 評価:86点 穏やかで心地よい小説だった。 心ゆるがせるような大事件は起きないが(富永の言動は結構派手だが)、淡々と書かれる日常の中に、人が人とかかわっていくなかで大事にするべきものがし

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2008/01/06 1:15 AM