2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「県庁の星」桂望実

県庁の星タイトル:県庁の星
著者  :桂望実
出版社 :小学館
読書期間:2007/02/6
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


小学校の時からずっと成績優秀、品行方正。役人根性全開の県庁のエリートが、田舎のスーパーにやって来た。手に汗握る、役人エンターテインメント! サラリーマンも身につまされる役人意識構造改革ストーリー。

初読みだった「Lady,Go」が思いのほか面白かったので、この本を図書館から借りてきました。映画化とかで話題になってると、どうしても原作を読んでみる気持ちが失せてしまって、手が伸びずにいました。あまのじゃくな性格です・・・。内容は思っていたのとちょっと違いました。

県庁職員・野村聡は、民間企業との人事交流研修で地元の大型スーパーマーケットに派遣される。役所と民間のギャップに戸惑う野村。パートだがスーパーを取り仕切っている二宮に教育を受けながら、徐々に意識が変わっていく。

マニュアルを重視し、何事もかっちり調査しないと気がすまない野村は、臨機応変さが要求されるスーパーの中で一際浮いた存在です。世間一般が持っている展開的なお役人さまで、読み始めは何だかイライラしました。まぁ、作業を効率化するにはマニュアルも必要とは思いますが。

ただ、スーパーの人たちに共感して読んだかというと、そういうわけでもありません。向上意欲のなさにはほとほと呆れ、共感することは出来ませんでした。やる気がない→売り上げが下がる→リストラの恐怖→さらにやる気がなくなる、という負のスパイラルに完全にはまっちゃって、誰も改善する意欲がない。こんなスーパーつぶれるのも時間の問題、むしろつぶれてしまえとも思っちゃいました。

ひょんなことから始まった弁当売り上げ競争を機に野村の意識は変わって、そしてみんなが野村を見る目も変わって、最終的にはスーパーの雰囲気さえも変わっちゃって、非常に都合のよい展開でしたが、スピード感と盛り上がりがあったので一気に読めました。現実ではありえないだろうけど。

てっきり役所の批判をするお話かと思ったら、スーパーの再生話がメインでした(僕にはそう思えました)。自分の描いていた展開と違いましたが、そこそこ楽しめました。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 18:45
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「県庁の星」(桂望実著)

 今回は 「県庁の星」 桂 望実著 です。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2007/03/15 8:48 PM

「県庁の星」 桂望実

県庁の星posted with 簡単リンクくん at 2005.10.25桂 望実著小学館 (2005.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2007/03/15 10:03 PM

「県庁の星」桂望実

県庁の星 桂 望実 31歳、県庁職員、自他共に認めるエリート公務員の野村聡が民間企業との人事交流研修で地元の大型スーパーマーケットに派遣される。お役所と民間のギャップに戸惑いながら、成長する。 「県庁さん」と呼ばれる野村聡。マニュアルも組織図

  • ナナメモ
  • 2007/03/15 11:16 PM

県庁の星 〔桂望実〕

県庁の星 ≪内容≫ 前代未聞! 抱腹絶倒の娯楽公務員小説。 野村聡。31歳。Y県職員一種試験に合格。入庁9年目。Y県県庁産業局産業振興課主任。Y県初の民間人事交流研修対象者6名の一人に選ばれた期待のホープだ。 一年間の研修を無事にこなして戻れば、念

  • まったり読書日記
  • 2007/03/15 11:24 PM

桂望実【県庁の星】

エリート公務員がスーパーマーケットへ出向させられ、民間の荒波にもまれて一皮むけるというお話。織田裕二の主演で映画化され、話題を集めた。 県庁の星 スタンダード・エディション織田裕二 (2006/10/27)東宝 この

  • ぱんどら日記
  • 2007/03/16 10:54 AM