2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「サラン 哀しみを越えて」荒山徹

サラン 哀しみを越えてタイトル:サラン 哀しみを越えて
著者  :荒山徹
出版社 :文芸春秋
読書期間:2007/01/24 - 2007/01/26
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


秀吉の半島出兵による戦乱の中、両親をなくした朝鮮の少女「たあ」。しかしその後「たあ」の心の支えとなったのは日本の武将・三木輝景だった。輝景へのサラン(=愛)を抱きながら、「たあ」がたどる数奇な運命は―。愛と憎しみ、そして捨てられぬ「意地」を描いた荒山徹待望の作品集。

「耳塚賦」「何処か是れ他郷」「巾車録」「故郷忘じたく候」「匠の風、翔ける」「サラン 哀しみを越えて」の六編が収録されている短編集。

どの作品も、秀吉の朝鮮出兵ごろを描いている点は同じですが、全て独立した話となっています。共通して言えるのは、倭人にしても朝鮮人にしても、極々普通に生活してきた人びとが、歴史の動きと社会制度にいやがおうなく巻き込まれ、故郷や家族との辛い別れを経験するという点です。

表題作「サラン 哀しみを越えて」について。

少女「たあ」の村に踏み込んできた小西行長軍は、村の安全と引き換えに案内役を出せと要求。「たあ」の父が案内役を買って出たため、村は略奪を禁ずるとのお墨付きをもらった。おかげで、村は数度にわたる日本軍部隊の侵攻にも無事で過ごすことが出来、たあの父は村人から感謝される。

しかし、両班の義勇軍が村を占領すると村の者たちの態度は一変、「たあ」と母を売国奴と罵るのであった。「たあ」の身を心配したキリシタン武将・三木輝景は「たあ」を助けは、「たあ」を日本に連れてゆくのだが・・・。

力を持つ者、持たない者の差をまざまざと見せ付けられます。また一人の力がなんと無力なことか。そんな中にあって、「たあ」が三木輝景への愛と神への信仰を胸に、強く生き抜こうとする姿は胸を打ちます。

「たあ」が哀しみを越えて育てた子どもの名は・・・。ちょっとびっくりました。すごいというべきか、これでいいのかというべきか。「カノッサの屈辱」と似た空気を感じたのは私だけでしょうか・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 17:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback