2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編」大崎梢

晩夏に捧ぐタイトル:晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編
著者  :大崎梢
出版社 :東京創元社
読書期間:2007/01/10 - 2007/01/12
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされている、ついては名探偵のアルバイト店員を連れて助けに来い、というのだ。杏子は気が進まぬながら、多絵を伴って信州の高原へと赴く。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…!「本の雑誌」二〇〇六年上半期ベストテンの堂々第二位に輝いた「配達あかずきん」で今もっとも注目を集める著者、初の長編推理小説。

「配達あかずきん」の続編で、今回は長編となります。老舗書店「まるう堂」のピンチに、成風堂書店の店員・杏子と多絵が立ち上がります。

場の雰囲気や細かい心理描写が得意なのでしょうね。情景がとても活き活きと描かれていて、目に浮かぶようです。本屋に対する愛情のなせる業でしょうか。特にまるう堂の紹介がとても興味深くて、一度この手の老舗に訪れてみたくなりました。

ただ、ミステリとしてはややパンチ不足で謎にも無理があるような気がしますし、展開はスピーディーさに欠けてて謎を解きたいと思わせてもらえなかったし、種明かしをする多絵にも洞察力が鋭すぎと思ってしまいました。こういった大きな謎よりも、日常に潜む小さな謎を描く方が合っているように思いました。

本作で杏子と多絵のキャラもはっきりしてきました(非常に不器用な多絵が微笑ましい・・・)。次回作では、二人の出会いのエピソードが明らかになるのかな。次はまた短編に戻るらしいので、非常に楽しみです。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 22:10
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんわ^^TBありがとうございました。
素敵な作品でしたね。
このコンビ、スキです^^
多絵はもっと器用だったら、きっと素敵なお医者さんになっただろうになぁ〜と、思いましたねぇ。
勘が良いのに、もったいない^^;

  • 苗坊
  • 2007/02/05 10:35 PM

まるう堂良いですよね〜こんな書店があったら、毎日でも通いたいと思っちゃいます。
ミステリとしては確かに物足りない面もありましたが、今後の作品にも期待大です♪

■苗坊さん
楽しく読みましたが、途中もたつきも感じました。
短編のほうが著者のよさが生きるのかなぁと思います。
あの不器用さだと外科医は無理ですね・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/02/06 8:08 PM

こんばんは〜TBありがとうございました♪
これはこれで楽しめたのですが、やはり1作目のような本屋の日常業務にまつわるミステリの方が私は好みだったかな〜?まるう堂はとても気になるお店なのでどんな感じなのか見てみたいですけど(^^ゞ
3作目はまた短編集らしいので次作に期待です♪

■エビノートさん
何でも置いている本屋もいいですが、雰囲気を楽しめる本屋ってのもいいですよね。
うちの近くにあればいいのに・・・。次回作でも二人の活躍が楽しみです。

  • あおちゃん
  • 2007/02/06 8:30 PM

こんばんは。
まるう堂にラブな一冊でした。こういう本屋さんがあると本当にいいなあと思います。

私も著者は短編の方が向いてると思います。ちょっと多絵が鋭すぎて胡散臭いですよね…
でも次回はまた短編だそうなので本領発揮かなと期待しております。

こんばんは!!多絵と杏子のキャラをわけようとして、どっちの設定も極端になってしまったきらいがありましたね。私は、杏子がニブすぎる!!と気になってしまいました。まるう堂は、とても好感がもてただけに、やはり本屋さんからはみださないほうがいいのかも、と思ったりします。

  • ERI
  • 2007/02/07 12:12 AM

はじめまして。
このシリーズは前作も読んだのですが、やっぱり短編の方があっている感じがします。ミステリとしても、別に書店員じゃなくてもよいような気もしますし。
次は短編集ということで、やっぱり楽しみですけどね。またまるう堂のようなところ出てこないでしょうか。

■ちきちきさん
こんにちは。
ブックカフェとか古書店情報が載っている本を見かけるといつも目を通してチェックしているのですが、家から離れているのでほとんど行ったことはありません・・・。
ご近所にあれば通っちゃうんだけどなぁ。

>私も著者は短編の方が向いてると思います。
多絵、鋭すぎますよね〜。もうちょっと推理させて欲しかったです。

  • あおちゃん
  • 2007/02/08 2:24 PM

■ERIさん
今回の謎は、何も本屋さんじゃなくても解決する謎のように思えましたね。
本屋さんならではっていう謎を読みたいです。まぁ、そうすると範囲が狭まって書くのが難しくなると思いますが・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/02/08 2:26 PM

■shiba_motoさん
はじめまして。
そうですね、舞台が本屋でしたが、何も書店員じゃなくてもよかった謎でしたね。
日常に潜む小ネタを膨らませてもらった方が面白いのではないかと思います。
次の作品に期待しましょう!

  • あおちゃん
  • 2007/02/08 2:29 PM

こんにちは♪
「まるう堂」さんがなんとも魅力的でしたよね〜。
今ああいう本屋さんって減ってきてるんだろうなと思うと、
淋しくてなりません。
次回作ではまた一作目のような、
きらりほろりとくる書店ミステリを期待したいですね。

■こんにちは。
「まるう堂」が近くにあったら、是非とも常連になりたいですね。
大型書店に押されて店を畳んでいる本屋さんって増えているんでしょうね。
ご近所の本屋がなくならないことを祈るばかり・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/03/14 10:31 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

晩夏に捧ぐ 大崎梢

晩夏に捧ぐ&lt;成風堂書店事件メモ・出張編&gt; 以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。 勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされてい

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/02/05 10:34 PM

『晩夏に捧ぐ』大崎梢

晩夏に捧ぐ大崎 梢東京創元社2006-09-30by G-Tools 友人からの手紙で、地方の老舗書店の幽霊騒動を探りに出かけた杏子と多絵。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…! 元書店員さんが書くミステリ

  • ひなたでゆるり
  • 2007/02/06 5:30 PM

晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編) 〔大崎梢〕

晩夏に捧ぐ&lt;成風堂書店事件メモ・出張編&gt; ≪内容≫ 以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。 勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に

  • まったり読書日記
  • 2007/02/06 6:51 PM

大崎梢 晩夏に捧ぐ

晩夏に捧ぐ 大崎 梢 成風堂で働く杏子の元に手紙が届いた。信州の宇都木書店 通称「まるう堂」に勤めるかつての同僚 美保からで「まるう堂」に幽霊が出るようになり店が存亡の危機に立たされているので、名探偵のアルバイト店員を連れて助けに来て欲しいという

  • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
  • 2007/02/06 8:12 PM

晩夏に捧ぐ〈成風堂書店事件メモ・出張編〉

『晩夏に捧ぐ』大崎梢(東京創元社) 以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされている、ついては名探

  • ぼちぼち。
  • 2007/02/06 10:04 PM

晩夏に捧ぐ 〜威風堂書店事件メモ(出張編)〜 大崎梢 東京創元社

前回の「配達赤ずきん」から、ほどなくしてのシリーズ二冊目。 ちょいとびっくりの本格ミステリ仕立てでした。 長編じゃないですか。前回と同じコンセプト、つまり短編でいくのかと 思っていたので、これはうれしい誤算。ミステリーの楽しみは長編にあり・・。 とい

  • おいしい本箱Diary
  • 2007/02/07 12:06 AM

晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)大崎梢

COVER PHOTO:SAY-KA。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 「配達あかずきん」(「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位)でデビュー。 成風堂書店、店員の木下杏子に以前の同僚・有田美保から届いた手紙。

  • 粋な提案
  • 2007/02/07 1:41 AM

「晩夏に捧ぐ」大崎梢

晩夏に捧ぐ 大崎 梢 駅ビル六階の書店「成風堂」で働く杏子はバイトの多恵と一緒にある事件の容疑者のアリバイを証明した。そんな杏子の所に元同僚で今は地元長野の書店で働く有田美穂からの手紙が届いた。数日前に長電話したはずの彼女からの手紙には「働いて

  • ナナメモ
  • 2007/02/07 10:37 AM

晩夏に捧ぐ [大崎梢]

晩夏に捧ぐ大崎 梢 東京創元社 2006-09-30 以前成風堂にいて、今は故郷に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされている、ついては名

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2007/02/07 11:59 AM

[review][△]大崎梢『晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編』

 老舗書店に幽霊が出る! 元同僚の美保から「まるう堂」の危機を聞いた杏子は、渋々ながらもアルバイトの多絵を伴い信州に赴いた。まるう堂に出現するという幽霊は、店主たちを驚かせるだけでなく、老舗書店に存続の危機をもたらしている。しかも、事件は27年前に老

  • こんな夜だから本を読もう
  • 2007/02/07 6:16 PM

『晩夏に捧ぐ』大崎梢

シェアブログ1152に投稿 「書店の謎は書店人が解かなきゃ!」 書店ミステリ『配達あかずきん』の続編です。 >>『配達あかずきん』私の感想はコチラ 今回は、成風堂から信州のふるきよき書店、通称「まるう堂」へと舞台を移し、

  • 道草読書のススメ
  • 2007/03/13 11:23 PM

晩夏に捧ぐ 大崎梢

晩夏に捧ぐ&lt;成風堂書店事件メモ・出張編&gt; ■やぎっちょ書評 「配達あかずきん」に続く威風堂書店シリーズ第2弾です。 本屋さんが舞台ということで、本ブロガーさんにはかなり人気のあるこのシリーズ。この本では長野の本屋さんに勤める友人の事件を解

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/03/18 5:06 PM

「晩夏に捧ぐ −成風堂書店事件メモ」 大崎梢

晩夏に捧ぐposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 5大崎 梢著東京創元社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2007/06/08 10:40 PM

【大崎梢】晩夏に捧ぐ

 『配達あかずきん』に次ぐ「成風堂書店事件メモ」シリーズ第二弾、今回は長編である。 東京創元社 2006/9/29 初版  成風堂書店員の杏子とバイトの多絵が、杏子の元同僚・美保の依頼を受けて、信州の老舗書店「まるう堂」の幽霊騒ぎの解決に出張るという設定。

  • higeruの大活字読書録
  • 2007/07/18 11:22 PM

(書評)晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)

著者:大崎梢 (ミステリ・フロンティア)" />晩夏に捧ぐ (ミステリ・フロンテ

  • たこの感想文
  • 2007/08/31 4:18 PM

『晩夏に捧ぐ (ミステリ・フロンティア) (単行本) 』  大崎 梢  東京創元社

晩夏に捧ぐ (ミステリ・フロンティア) 友人からの手紙で、地方の老舗書店の幽霊騒動を探りに出かけた杏子と多絵。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…! 『配達あかずきん』の続編で長編小

  • みかんのReading Diary♪
  • 2007/12/17 3:58 PM

晩夏に捧ぐ<大崎梢>−(本:2008年9冊目)−

晩夏に捧ぐ&lt;成風堂書店事件メモ・出張編&gt; (ミステリ・フロンティア) 出版社: 東京創元社 (2006/9/30) ISBN-10: 4488017304 評価:70点 「配達あかずきん」という本が「本の雑誌2006年上半期ベストテン第2位」になり一躍有名になった著者。 これ

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2008/01/12 12:32 PM

大崎梢『晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) 』

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)大崎 梢東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、大崎梢『晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) 』を紹介します。昔の同僚の美保が今勤めているまるう堂に幽霊が出没するという。その幽霊と27年前の嘉

  • itchy1976の日記
  • 2010/05/14 9:49 PM