2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「鴨川ホルモー」万城目学

鴨川ホルモータイトル:鴨川ホルモー
著者  :万城目学
出版社 :産業編集センター
読書期間:2006/12/25 - 2006/12/26
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。前代未聞の娯楽大作、ここにあり!

第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。衝撃的なタイトルに引かれて手にしたのですが、「ホルモー」をずっと「モルホー」と思い込んでいて、読み始めてもしばらくは間違えていました。間違えていてもぜんぜん問題はないのですが。

京大青竜会という「ホルモー」サークルに入部して日々「ホルモー」に明け暮れる安部を主人公とし、サークル同期との友情や恋愛を描いた青春小説。友情や恋愛を描く、ってところはまぁありがちなわけですが、そもそも「ホルモー」って何?ってところがポイントで、これがあるだけで普通の青春小説とは一線を画します。

読者だけでなく、登場人物たちも「ホルモー」って何かを知らず、先輩に説明されることで徐々に理解していくのですが、んなあほなと思いつつも細部の描き方が実に緻密で、ありえるかもって思えてくる。京都という土地柄なしにはこの本は生まれなかっただろうけど、巧みに纏め上げるとは新人離れした筆力です。

「ホルモー」を通じた同級生たちとの交流は、猥雑さと清々しさを併せ持っていて何とも言えない感覚です。普通の青春小説ではちょっと味わえない不思議な感覚。そしてラストでは爽やかな余韻が広がり、心地よく本を置くことが出来ました。

またまたブログを始めてなかったら出会えなかった一冊かと思いました。この本を紹介されていたみなさまに多謝。

+++++

【みなさまのご意見】
今日何読んだ?どうだった??さん
本のある生活さん
まったり読書日記さん
本を読む女。改訂版さん
宙の本棚さん('07/01/11追加)
ナナメモさん('07/02/05追加)
黒猫の隠れ家さん('07/02/08追加)
多趣味が趣味♪さん('07/03/05追加)
ぱんどら日記さん('07/03/14追加)
粋な提案さん('07/04/18追加)
デコ親父はいつも減量中さん('07/04/22追加)
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん('07/05/18追加)
聞いてあげるよ君の話をさん('07/05/30追加)
<花>の本と映画の感想さん('07/08/22追加)
hibidoku〜日々、読書〜さん('07/12/9追加)


スポンサーサイト

  • 19:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

はじめまして。
ホルモーをモルホーと間違える…というの、私も同じです。
「ホルモンと似ているからホルモー」と頭の中で確認してから書いたり言ったりしています。
京都ならあり得るかも…と思えてしまうお話でした。

こんばんは、ご無沙汰してました。
『鴨川ホルモー』は私もちょっと気になっていた本でした。
図書館の新刊コーナーの少し前に並んでいたので。
“ホルモー”って一体なんだろう・・・みたいな(笑)
あおちゃんさんのオススメ度は★5つということで、
とても読みたくなりました。
ぜひ、今度借りてきてみますね!

■小葉さん
はじめまして。
同じ間違いをされていましたかっ。僕だけじゃなくってちょっとうれしい・・・。
京都の土地勘はないのですが、有名な場所が出てきたのでイメージしやすかったです。
話と場所設定がばっちりでしたね。

  • あおちゃん
  • 2007/01/11 11:39 AM

■tomekitiさん
はい、オススメです!
ぜひ借りてきて読んでください。そして感想を聞かせてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2007/01/11 11:40 AM

こんにちは。

面白かったですね。
やっぱり京都じゃなかったら成り立たなかったんじゃないかと思います。

私も「ホルモー」を「モルホー」と読み違えていました。
叫ぶところなんかでもいちいち頭の中で変換してたりして。

■ななさん
いやほんとに面白かったです。
確かに京都じゃないと成り立ちませんよね。うまく利用してます。
万城目さんの次回作も気になります・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/02/05 9:25 PM

こんばんはー。
やっと手に入りまして、読み終わりました。

京都ならではの物語でしたね。
鴨川のほとりでなければ許されない・・・みたいな。
でも面白かったです。
“ホルモー”奥深いですね。
真に“ホルモー”とは何なのかは神のみぞ知る・・・。

また著者の新刊が出たら読んでみたいなと思いました。

■tomekitiさん
予想とはまったく異なる展開で、ものすごく楽しめました。
僕も著者の新刊は出たら読みたいです。今後の活躍に注目!

  • あおちゃん
  • 2007/03/05 9:15 PM

TB送らせていただきました!
読んだ直後に映画が公開されたので見に行きましたが、オニは最高の出来映えでした!先に原作を読んでしまうとがっかりすることのほうが多いのですが、ホルモーに限っては映像化されてもあまりがっかりすることはなかったですね。

■山手のドルフィンさん
コメント遅れてすみません。。
映像で鬼がどうなっているのか、興味がありますね。
DVDが発売されているようなので、見てみたいと思います。

  • あおちゃん
  • 2009/10/15 9:54 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「鴨川ホルモー」万城目学

まず、タイトルに引っかかります。ホルモーって何? そう思ったが最後、釣り上げられてしまうのです。それもこの物語の語り手である安倍のいうように、「罠」なのかもしれません。 ホルモーとは何ぞや。 「はじめに」で簡単に説明されてはいるものの、それだけでは

  • 宙の本棚
  • 2007/01/09 8:57 PM

鴨川ホルモー 〔万城目学〕

鴨川ホルモー ≪内容≫ このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。 腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。 このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い

  • まったり読書日記
  • 2007/01/09 9:51 PM

「鴨川ホルモー」万城目学

鴨川ホルモー 最初タイトルを見たとき、焼肉の話だと思ったんです。鴨肉とホルモンのことかと。で、青春小説らしいというのがわかって、焼肉道場!みたいな話(意味不明)かなぁとか思ってたんですが、読んでみたら焼肉は全く関係ありませんでしたが、やっぱり青春小

  • 本のある生活
  • 2007/01/10 12:45 PM

「鴨川ホルモー」 万城目学

鴨川ホルモーposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18万城目 学著産業編集センター (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2007/01/18 5:20 PM

「鴨川ホルモー」万城目学

鴨川ホルモー 万城目 学 京都大学青竜会という不可思議なサークルに足を踏み入れた主人公の安倍が、サークルの仲間達と協力しながら、立命館大学、京都産業大学、龍谷大学の代表と「ホルモー」という対抗戦を行っていく中で、大学生活につきものの、友情、葛藤、

  • ナナメモ
  • 2007/02/05 10:10 AM

鴨川ホルモー/万城目学

『夜は短し、恋せよ乙女』に続いて、同じく京都を舞台にした小説を読みました。第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 「夜は短し」とこの『鴨川ホルモー』、いずれも京都を舞台にした青春ファンタジーではあるのですが、「

  • 黒猫の隠れ処
  • 2007/02/07 12:05 PM

万城目学『鴨川ホルモー』

万城目学(まきめまなぶ)『鴨川ホルモー』 株式会社産業編集センター 2006年4月20日発行 葵祭の帰り道に手渡された古臭い勧誘文のビラが一枚。 絶世の美女(鼻)に誘われて、謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた“ホルモー”とは? 京都の街に

  • 多趣味が趣味♪
  • 2007/03/04 8:54 PM

万城目学(まきめ・まなぶ)【鴨川ホルモー】

若さとバカさ溢れる大学生たちの青春小説。とても懐かしい感じがする。 大学生の私にとって何よりも大切なものは サークル、アルバイト、恋愛 の三つであった。 社会人になると、まぁ会社の先輩・後輩関係

  • ぱんどら日記
  • 2007/03/13 10:18 AM

鴨川ホルモー 万城目学

イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞の本書で作家デビュー。 主人公で語り手の俺:安倍は二浪の京大新入生。葵祭のバイト帰りに知り合った高村と怪しげなサークル、京大青竜

  • 粋な提案
  • 2007/04/10 2:52 PM

鴨川ホルモー<万城目学>−(本:2007年37冊目)−

産業編集センター (2006/04) ISBN-10: 4916199820 評価:87点 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 っていうかあ、ボイルドエッグズって知らんけど。 ネットで調べた限りでは、日本初の作家エージェントらしい。 詳しくはご自分で検索してくださいませ。

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/04/21 8:41 PM

鴨川ホルモー 万城目学

鴨川ホルモー ■やぎっちょ書評 穏やかな冬晴れの日でも、岩倉からやってきたバスの屋根には雪が積もっているという。 これね、実話です。 なにせ、昔昔は岩倉が職場でしたからね〜。鴨川の朝を三条から出町柳まで歩いて、そこからバスや叡山電車に乗って通勤したも

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/05/15 8:40 PM

万城目学「鴨川ホルモー」

葵祭りのバイトの帰り道に、京大青竜会と言う得体の知れないサークルに勧誘された阿部と高村 新人歓迎コンパで食いつないでいた阿部は、そこで出会った女性の鼻に人目惚れしサークルに入会  ま〜はじめは、楽しそうなイベント系なサークルだったのが、祇園宵山に現れ

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/05/28 1:33 AM

本「鴨川ホルモー」

鴨川ホルモー 万城目学  産業編集センター 2006年4月 ? 大学生になってひと月が経ったばかりのころ、エキストラとして葵祭りに参加していた安部は、同じく参加していた高村と共に、京大青竜会というサークルの勧誘をうける。阿部は空腹を満たすため、居酒

  • <花>の本と映画の感想
  • 2007/08/18 3:43 PM

鴨川ホルモー/万城目学

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2007/11/25〜2007/11/26 【ボイルドエッグズ新人賞(第4回)】謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、

  • hibidoku〜日々、読書〜
  • 2007/11/30 12:31 AM

鴨川ホルモー 万城目学

鴨川ホルモー このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。 腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。 このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の

  • 苗坊の読書日記
  • 2008/05/10 4:01 PM

鴨川ホルモー

★★★★★

  • 自由の森学園図書館の本棚
  • 2008/11/24 9:43 PM

○読書記録○ 「鴨川ホルモー」 万城目学

くぅに貸してもらいました。 実はこの作者の、「鹿男あをによし」を読みたい!と思った 瞬間テレビドラマ化が決まり、これはドラマが終わるまで 読まないようにしなくては…と思っていたら鹿男は店頭から 消えてしまい、いまだ未読。それと入れ替わるように本

  • The 近況報告!
  • 2009/09/06 7:10 PM