2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「図書館内乱」有川浩

図書館内乱タイトル:図書館内乱
著者  :有川浩
出版社 :メディアワークス
読書期間:2006/12/14 - 2006/12/15
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


武蔵野第一図書館の図書隊員・小牧が、耳の悪い少女に難聴者がヒロインの恋愛小説「レインツリーの国」を勧めたとの噂により、メディア良化委員会が検閲に抗う図書館を攻撃しはじめ…。「図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。

「図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。この本の前に読んだ「ナイチンゲールの沈黙」もシリーズ続編。満足度で残念ながら前作を超えられなかったので、この本はどうかと思いつつ読み進めました。はっきりと言いましょう。この本は、前作以上に面白い!

前作で不満だったのは、善(=図書館)と悪(=良化特務機関)が固定化していたこと。本の選択は読み手に委ねる、というのは至極当然な話ですが、それでも子どもには読ませたくないと思う本があるのも事実。本を規制することが完全な悪として書かれていた前作には、「バランス感」という面でちょっと不満が残りました。

本作は「内乱」と付いているように、図書館内での意見の対立(本の閲覧を規制すべきか否か)をバランスよく書いています。耳の悪い少女に難聴者が広いんの小説を進めるのは悪か、良化特務機関が閲覧を規制する本を調査が入る前に廃棄するのは悪か、などなど。両者の言い分ががっぷり四つに組み合って展開していくので読み応えがありました。

各章の主人公がころころと変わるのも、登場人物たちの人物像を深く知れて興味深かったです。正論しか吐かない小牧教官の意外な一面とか手塚の家族関係とか情報通の柴崎の心理状態とか。こういう人格に成るべくして成ったのだと納得。

堂上と郁の関係は、知らぬは本人ばかりなりって感じで笑えます。お互いの態度が非常に甘くって、読んでるのが恥ずかしい・・・。堂上教官、事あるごとに郁の頭をなですぎです。

次への展開がすごく気になるラストでしたね。もう少しシリーズが続きそうなので、楽しみに待ちたいと思います。その間に「レインツリーの国」を読まねば。

+++++

【みなさまのご意見】
本のある生活さん
おいしい本箱Diaryさん
りょーちの駄文と書評さん
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん
ひなたでゆるりさん
寝ていられるのになぜ起きる?さん
ChiekoaLibraryさん
ナナメモさん
今日何読んだ?どうだった??さん
たりぃの読書三昧な日々さん
本を読んだら・・・さん
a bird shopさん
苗坊の読書日記さん('06/12/28追加)
ぼちぼち。('06/12/28追加)さん
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】さん('06/12/28追加)
道草読書のススメさん('07/01/29追加)
はるばーもんどさん('07/02/06追加)
脳内TraPさん('07/03/17追加)
たこの感想文さん('07/04/09追加)
粋な提案さん('07/04/18追加)
miyukichin' mu*me*mo*さん('07/06/11追加)
聞いてあげるよ君の話をさん('07/10/09追加)
空夢ノートさん('07/10/09追加)
デコ親父はいつも減量中さん('07/12/09追加)


スポンサーサイト

  • 18:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんにちは。
ナデナデしすぎー!でも堂上さんなら私もしてほしいっ☆
レインツリー予約をしたんですが、なかなか回ってきません(TT)

■sonatineさん
堂上は他の人にしないことを郁にしすぎですよね。これじゃばれるはずです・・・。
レインツリー、僕も予約中ですが、同じく届くのはまだしばらく先のようです。

  • あおちゃん
  • 2006/12/27 10:02 PM

良かったでしょ?(何で私が自慢するんだか)
有川さんという人は、過激な設定がウリですが、バランス感覚の良い人だと思います。まっとうなんですよね。それが、作品に好ましさを与えていると思ってます。「レインツリーの国」も、また良かったですよ!!

こんばんは。
やっぱりみなさん、なでなではひっかかるんですねえ。ははは。
背の低い堂上ががんばってなでなでしてるところを想像するに微笑ましいものがありますが。

私も前作よりこっちの方が面白かったです。ってゆうか主役カップル?より周りの人のほうが好きだからなのかもしれません。
テーマとかもあるんでしょうけど。

次も楽しみですね♪

こんばんわ^^
本当に好きです。この作品は。
どんなにこっぱずかしくても許せます!^^
堂上ラブですから^^
とっても続きが気になります。
早く続きが出てほしいですねぇ。

  • 苗坊
  • 2006/12/27 11:53 PM

■ERIさん
はい、よかったです!有川さんという人は、バランス感覚がよくって、甘い恋愛話が好きな方とインプットされました。続編も期待大です。

  • あおちゃん
  • 2006/12/28 1:52 PM

■ちきちきさん
脇の人々のお話は、確かに興味深かったですね。
僕は玄田さんがお気に入りなので、今回出番が少なくて残念でしたが・・・。
ほんと次も楽しみですね。

  • あおちゃん
  • 2006/12/28 1:58 PM

■苗坊さん
いやぁ、こっぱずかしいですよ。堂上の歳は30台前半くらいなのかな。
だとすると、自分とほぼ同じくらいなんだけど、あんなことは出来ません・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/12/28 2:01 PM

やっぱりやっぱり前回以上ですよね!!!
続きが激しく気になります。こういう右上がりなシリーズっていいですねぇ。

■sonatineさん
間違いなく前作以上でしょう!
第三弾は2月発売だそうですね。
ものすごく楽しみです!

  • あおちゃん
  • 2007/01/14 10:15 PM

こんばんは★
いやいやいや、今回はもう、萌え萌えでしたネ(〃▽〃)キャー♪
小牧ファンの私としては、彼の優しさと芯の強さに悶えまくりでした。
悶えるといえば、堂上&郁も…
あぁ!!もう、頑張れよオトメ!!という感じでしたネ。
いよいよ第3弾発売ですねぇ。
でもその前に『レインツリー〜』を読まねば。

■Rutileさん
おぉ、すっかり忘れてました。新刊は2月発売でしたっけ。もうそろそろですね。
とても楽しみですが、僕も「レインツリー〜」を読んでからにするつもりです。

  • あおちゃん
  • 2007/01/30 2:21 PM

コメント、TBありがとうございます。
バランス、キャラクターの掘り下げ、読み応えがありましたね。
まさに、知らぬは本人ばかりなりで、ベタ甘ですけど
でもそれを読むのが楽しいんですよね(笑)。
続き、楽しみですね〜。

先日「鴨川ホルモー」TB送らせていただきました。
TB返していただけるとうれしいです。

■藍色さん
こんにちは。
読み応えがあって、僕は前作よりもこちらの方が好きでした。
主要登場人物たちの内面も描かれていたし、堂上と郁の関係も進展しているような・・・。
続編楽しみです。

「鴨川モルホー」、TBしておきました。

  • あおちゃん
  • 2007/04/18 4:10 PM

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 私もこの2作目のほうが、すいすい読めました。
 登場人物にもすごく愛着が湧いちゃってます^^

 次作も楽しみです☆
 

■miyukichiさん
>次作も楽しみです☆
最近ようやく感想をupしました。2ヶ月以上前に読んだのですが・・・。
3作目もとても面白いです。感想、お待ちしてます。

  • あおちゃん
  • 2007/06/14 10:56 PM

こんばんは。 『図書館内乱』の感想を捜して来ました。
えーと、ノリ遅れちゃったんですけどね・・・(笑)。
前作より今作の方が、確かに面白かったですよね。
いろんな登場人物が掘り下げられていたし、主張も多々あるんだなぁと
説得力があったし。
スゴイところで終わってるので、次が気になって仕方ありません(笑)。
読んだら、またこちらにうかがわせて下さい。 それでは。

■りるさん
こんにちは。前作は主張が図書館側に寄っていたので今一つ釈然としませんでしたが、
本作では両方の意見を聞くことが出来て納得できました。
登場人物たちに焦点が当たっているのもよかったですね。
みんな郁に感化されているようですが・・・。
11月にシリーズ最終巻が出るようなので、それまでに「図書館危機」を読めるといいですね。
また感想をお待ちしてます。

  • あおちゃん
  • 2007/10/10 6:50 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

図書館内乱

図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11売り上げランキング : 1245おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> <ストーリー> 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2006/12/27 6:55 PM

「図書館内乱」(有川浩著)

 今回は 「図書館内乱」 有川 浩著 です。この本は図書館戦争シリーズの第2作ですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/12/27 8:58 PM

「図書館内乱」有川浩

図書館内乱 有川 浩 「図書館戦争」の続編。図書隊とメディア良化委員会の対立、図書館内での派閥の問題などを、主要メンバー一人ずつを主人公にした連続短編風に書いた物語。 待ってました!私の「乙女心」を刺激する「図書館戦争」の続編です。郁の両親が図

  • ナナメモ
  • 2006/12/27 9:07 PM

図書館内乱 有川浩 メディアワークス

ライヴ終わって放心しておりました。 あきませんねえ・・。ライヴはこの上なく楽しいけど、後遺症がでる(汗) 気合〜〜〜!!

  • おいしい本箱Diary
  • 2006/12/27 10:47 PM

図書館内乱

『図書館内乱』有川浩(メディアワークス) 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦

  • ぼちぼち。
  • 2006/12/27 10:55 PM

「図書館内乱」を読む

「図書館内乱」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館戦争の続編です。さっそく読みました。もう、一気読みですよ。(^.^)で、感想。ここで終わりかよっ!?(-"-)・・・・・・・・・・・・・・・・・・いやいや、おいしー「引き」をしとりますなぁ。(^_^;)つーわけで、

  • 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
  • 2006/12/27 11:08 PM

図書館内乱 有川浩

図書館内乱 オススメ! 「両親攪乱作戦」 図書特殊部隊(ライブラリー・タクスフォース)である笠原郁は、自分の所属を両親に内緒にしている。 その両親が、郁の職場へ遂にやってきた。 堂上、小牧、手塚、柴崎も何とかばれないよう協力するが・・・。 「恋の障害

  • 苗坊の読書日記
  • 2006/12/27 11:49 PM

『図書館内乱』有川浩

図書館内乱有川 浩メディアワークス2006-09-11by G-Tools 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って

  • ひなたでゆるり
  • 2006/12/28 8:46 AM

図書館内乱 [有川浩]

図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや?!どう打って出る行

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/12/28 1:06 PM

「図書館内乱」有川浩

図書館内乱 期待通りのおもしろさでした!メディア良化委員会との戦いだった前回の「図書館戦争」から、今度は図書館内部の派閥の対立、まさに陰謀と心理戦の渦巻く内乱です。大きな組織になれば、一枚岩ってわけにはいきませんよね。読んでいて色んな考え方を提示し

  • 本のある生活
  • 2006/12/29 3:47 PM

図書館内乱

図書館内乱 有川 浩 出版社 / 著者からの内容紹介 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや 小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打

  • a bird shop
  • 2007/01/04 12:15 PM

『図書館内乱』有川浩

シェアブログ1152に投稿 話題沸騰!!図書館シリーズ第2弾ですね。 前作『図書館戦争』よりも肉体的なドンパチは少ないですが、 登場人物たちの内面や図書館内部での人間関係が掘り下げられていました。 郁や小牧が精神的に追いつ

  • 道草読書のススメ
  • 2007/01/27 10:50 PM

図書館内乱/有川浩

FC2調子わるいなー。何度消えたことかorz 題名:図書館内乱 作者:有川浩 出版:メディアワークス 評価:☆☆☆☆ 有川浩の図書館シリーズ第二巻。 今回は主要各キャラの状況に変化が多かった気がします。

  • はるばーもんど
  • 2007/02/06 2:34 AM

図書館内乱 - 有川 浩

前作「図書館戦争」の続編です。前作を読んでいる人には非常に馴染みやすくて面白く感じられます。相変わらずのドタバタコメディーっぽいのも良いです。

  • 脳内TraP
  • 2007/03/17 3:58 PM

(書評)図書館内乱

著者:有川浩 図書館内乱価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006-09-11

  • たこの感想文
  • 2007/04/07 8:16 PM

図書館内乱 有川浩

イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありや

  • 粋な提案
  • 2007/04/18 12:41 PM

「図書館内乱」有川浩

図書館内乱有川 浩 (2006/09/11)メディアワークス この商品の詳細を見る 「図書館戦争」より先にリアル図書館から順番が回ってきてしまい、焦っりまくった「内乱」なのだ。 ほんとに乱だった。 順番通りに読めて良かったー

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/04/18 5:41 PM

図書館戦争

この本は、本屋大賞にもノミネートされる位に、本好きに支持されている作品です。 私もずっと気にしていたのを、一気読みしてしまいました。 主人公の郁が本の為と、一目ぼれしてしまった人を追いかけて、図書館隊に入って本を守る戦いをする話と言うと、そのまんま

  • 本を読もう
  • 2007/05/09 8:45 AM

図書館内乱/有川 浩 [Book]

 有川 浩:著 『図書館内乱』  図書館内乱メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 に続く、「図書館シリーズ」第2弾。  「メディア良化法」のもと行われる  超法規的検閲に対抗する、  正義感にあふれた図書館の面々。  第2弾だけあって

  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2007/06/10 10:08 PM

有川浩「図書館内乱」

メディア良化法の成立から良化委員会と戦い本の自由を守る図書館、図書館隊 その戦いを描いた(だけじゃないけど)「図書館戦争」の第二弾 今回は郁と堂上との話に留まらず、各レギュラー陣が次々と事件に巻き込まれる 幼なじみの高校生の女の子を意識している小牧

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/10/06 1:30 AM

『図書館内乱』の感想

『図書館内乱』有川浩メディアワークス/2006.9.30/¥1600『汚名を着てまで守りたいものがあるから、図書隊員は隊と一緒に泥を被るんだと思う』 <ご紹介>白泉社『LaLa』+メディアワークス『電撃大王』で漫画化も始まった人気小説シリーズ第2弾。 シリーズ最終巻『

  • 空夢ノート
  • 2007/10/09 7:19 PM

図書館内乱<有川浩>−(本:2007年146冊目)−

図書館内乱 出版社: メディアワークス (2006/9/11) ISBN-10: 4840235627 評価:85点 うーむ、楽しい。 前作もそうだったし、著者の「くじらの彼」を読んだときにも感じたが、少女マンガなんだよね。 絵とセリフになっているものを、そのまま文章につなげてい

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/12/02 1:31 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2011/05/18 7:29 PM