2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「みぃつけた」畠中恵

みぃつけたタイトル:みぃつけた
著者  :畠中恵, 柴田ゆう
出版社 :新潮社
読書期間:2006/12/10
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


ひとりぼっちで寂しく寝込む幼い一太郎が見つけた「お友だち」は、古いお家に住み着いている小さな小さな小鬼たち。ちゃんと仲良くなれるかな。しゃばけシリーズ番外編。

「しゃばけ」シリーズ新作は、カラーイラスト付きの絵本。お馴染みの若だんな・一太郎がすごく小さかったころの、若だんなと鳴家たちの出会いを描いたお話です。

シリーズで登場する妖の中でも一番人気なのは鳴家でしょうね。そんな鳴家たちが優しい表情でたくさん描かれていて、とってもかわいいです。読んでいてほんわかとした気分になってきます。ストーリーに目新しさはないけれど、この絵を見ているだけで満足です。

個人的にツボにはいったのは、鳴家たちの影絵。小さい鳴家たちが力を合わせて作った影絵は・・・。あっという間に読み終えてしまい、早く次のシリーズ本が出ないかと待ち遠しいです。

+++++

【みなさまのご意見】
ChiekoaLibraryさん
まったり読書日記さん
たりぃの読書三昧な日々さん('06/12/30追加)
苗坊の読書日記さん('07/02/26追加)
粋な提案さん('07/11/04追加)


スポンサーサイト

  • 18:23
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

イラストを見ているだけで癒されますよね。
本編もどんどん書いて欲しいけれど、
絵本の方もシリーズ化して欲しいです。

■エビノートさん
絵本もシリーズ化、いいですねぇ。次は手代の2人との話とか。
ゆっくりしたペースでいいので、続けて欲しいですね。

  • あおちゃん
  • 2006/12/21 12:24 AM

私もあの影絵には感動しました!おぉ、そんなアクロバットな!(笑)。鳴家大好きな私にはたまらない本でした♪

■chiekoaさん
これを読むまで鳴家を一匹欲しいと思っていましたが、
あんなことになるのならたくさん欲しいです!

  • あおちゃん
  • 2006/12/21 7:26 PM

影絵は凄かったですよね〜
おお、と声が出ちゃいました^^
この本は図書館で借りたんですが、手元に置きたくなっちゃいました。

  • 苗坊
  • 2007/02/26 9:34 AM

■苗坊さん
手元に置きたくなるきもち、よーくわかります。
若だんなと鳴家が仲がいい理由もよーくわかりました。
影絵、生で見たい・・・。

  • 2007/02/26 9:08 PM

ほんとに素敵な一冊ですよね。
鳴家ファンにはたまりませんでした〜。

トラバさせていただきました。

■藍色さん
とってもかわいい本ですよね。
本編は順調にシリーズ展開していますが、
番外編のほうも続編を期待したいです。

  • あおちゃん
  • 2007/11/03 5:59 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

みぃつけた 〔畠中恵〕

みぃつけた ≪内容≫ ひとりぼっちで寂しく寝込む幼い一太郎が見つけた「お友だち」は、古いお家に住み着いている小さな小さな小鬼たち。 ちゃんと仲良くなれるかな。 しゃばけシリーズ番外編。 (BOOKデータベースより)

  • まったり読書日記
  • 2006/12/20 6:54 PM

みぃつけた [畠中恵]

みぃつけた畠中 恵 柴田 ゆう 新潮社 2006-11-29 本屋さんで平積みになっていたので…買ってしまいました。あぁ!まだ『うそうそ』を読んでいないのに…!でもかわいくてかわいくて、買わずにはいられません。 これは『しゃばけ』シリーズでおなじみの若だんなが、

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/12/21 6:33 PM

「みぃつけた」(畠中恵著)

 今回は 「みぃつけた」 畠中 恵著 です。この本はしゃばけシリーズの番外編のビジュアル・ストーリーブックですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/12/29 8:24 PM

みぃつけた 畠中恵

みぃつけた 身体がめっぽう弱く、いつも寝て過ごしている一太郎。 両親は仕事で忙しく、いつも一人で過ごしています。 遊びに行きたくてもいけない。 そんな寂しい思いをしている一太郎は、部屋で小さな小さな子鬼達を見つけます。 隠れ鬼をする事になった一太郎。

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/02/26 8:48 AM

みぃつけた 畠中恵

文・畠中恵、絵・柴田ゆう。装幀は新潮社装幀室。オールカラー。 「しゃばけ」シリーズ特別編の絵本。おなじみの若だんな、一太郎が幼い頃のお話。病気で寝込みひとりぼっちのさみしさ。天井から湧き出すように現われた小

  • 粋な提案
  • 2007/10/31 11:03 AM