2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「芥子の花 金春屋ゴメス」西條奈加

芥子の花タイトル:芥子の花 金春屋ゴメス
著者  :西條奈加
出版社 :新潮社
読書期間:2006/11/08 - 2006/11/10
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけるが…。辰次郎、NY出身の時代劇オタク・松吉、海外旅行マニア・奈美といった面々はもちろん、女剣士朱緒をはじめ新メンバーも登場し、ますますパワーアップした異色時代小説。

金春屋ゴメス」の続編。阿片の産地として、日本や諸外国から疑いの目を向けられた江戸国。存亡の危機に立たされてしまった。老中から探索の命を受けた「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守は、異人たちの住む麻衣椰村が怪しいと睨むが・・・。

シリーズ本を連続で読書。登場人物たちのイメージが、まだ頭に残っていました。前作の登場人物が総出演し、さらには新しいキャラも増えていて賑やかでした。ほぼ時代劇なのですが、ところどころに現代も感じさせてもらえるのがうれしい限り。

阿片の元となる芥子の栽培地とか、なぜ犯人たちが芥子を栽培するにいたったかとかちゃんと練られてて、前作で不満だった犯人の動機に納得がいきました。昔の「江戸」にはなかった、現代の「江戸」ならではの動機かもしれません。

辰次郎や松吉など登場人物に成長が感じられて、続編ならではの楽しみがありました。ゴメスもパワーアップしていたし。まだまだ続きそうな雰囲気だったので、次作にも期待です。

+++++

【みなさまのご意見】
のほ本♪さん
ChiekoaLibraryさん
ぼちぼち。さん
しんちゃんの買い物帳さん('07/03/12追加)
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん('08/01/17追加)
粋な提案さん('08/02/28追加)


スポンサーサイト

  • 18:35
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。
TBありがとうございます。
あおちゃんさんは、連続して読まれたのですね。ちょっとうらやましい。私は結構間が開いてたのでこれ誰やっけ?とか思い出しながら読んでました。
シリーズとしていい感じになってきましたよね。
私も続きが楽しみです。

■ちきちきさん
一作目を読もうと思ったらたまたま続編が出ていたのを知って、両方同時に借りました。ラッキーでした! 2作読むと登場人物が頭にしみこみますね。続編がすごく楽しみです。

  • あおちゃん
  • 2006/11/24 11:53 PM

ゴメスのパワーアップが期待以上で痛快でした。

トラックバックさせていただきました。

■藍色さん
ゴメス、怪物のようになってましたね。。。
次回作でさらにパワーアップすることを想像すると、非常に恐ろしいです・・・。

  • あおちゃん
  • 2008/02/26 9:01 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

芥子の花 金春屋ゴメス

『芥子の花 金春屋ゴメス』西條奈加(新潮社) 上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目を

  • ぼちぼち。
  • 2006/11/24 8:43 PM

「芥子の花」西條奈加

芥子の花西條 奈加 (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る 江戸から阿片が亜細亜各国に出回った。 それを馬込播磨守寿々・通称ゴメス率いる長崎奉行の面々が捜索する。 シリーズ2作目です。 読みは(まごめはりまのかみ

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2007/03/10 10:36 AM

芥子の花 金春屋ゴメス 西條奈加

芥子の花 (金春屋ゴメス) ■やぎっちょ書評 運良く図書館にあったので、連続してこの2作目を読んでみました。いやぁ。おもしろかった! 1作目よりもなんとなしに腕が上がっている気がします。 朱緒というキャラが出てきたことでうまく色がついた気がします。その

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2008/01/13 1:27 AM

芥子の花金春屋ゴメス 西條奈加

装幀は新潮社装幀室。装画は村田涼平。ゴメスシリーズ二作目。書き下ろし。 海外に出回る阿片は江戸国産…金春屋ゴメスこと長崎奉行馬込播磨守寿々は配下たちに出所探索を命じます。甚三の喧嘩好きや良太の得意な口真似や指笛で既

  • 粋な提案
  • 2008/02/21 3:45 AM