2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


企画「2006年新刊本ベスト」

昨年も参加した読者大賞blogの企画「新刊本ベスト」。今年もたくさんの本がエントリーされています(記事はこちら)。

特定の著者の作品ばかり読んできたので、この企画は読書幅を広げるために非常にありがたくて、出来るだけ多くの本を読んで投票したいと思っています。

さすがに読書経験豊富なブロガーさんたちが選んだだけあって、どれを読んでも面白いです。今年は一冊僕もエントリーさせてもらいました(「ケッヘル」中山可穂著)。みなさんの感想を聞かせてください!!

以下、エントリー作品と読書状況のメモです。
(○:読了済み、△:図書館予約中、□:図書館予約予定)



○「砂漠」伊坂幸太郎(感想)
 「雪屋のロッスさん」いしいしんじ
 「強運の持ち主」瀬尾まいこ
△「沖で待つ」絲山秋子
△「ミーナの行進」小川洋子
○「風に舞いあがるビニールシート」森絵都(感想)
△「チョコレートコスモス」恩田陸
 「贄の夜会」香納諒一
□「ぼくのメジャースプーン」辻村深月
○「忘れないと誓ったぼくがいた」平山瑞穂(感想)
○「イレギュラー」三羽省吾(感想)
○「終末のフール」伊坂幸太郎(感想)
□「いつもの朝に」今邑彩
 「温室デイズ」瀬尾まいこ
○「キサトア」小路幸也(感想)
△「赤い指」東野圭吾
○「うそうそ」畠中恵(感想)
 「夜をゆく飛行機」角田光代
△「鴨川ホルモー」万城目学
○「ひかりをすくう」橋本紡(感想)
 「ゆれる」西川美和
 「栄光なき凱旋」真保裕一
□「シンデレラ・ティース」坂木司
△「風が強く吹いている」三浦しをん
□「ブラバン」津原泰水
○「図書館戦争」有川浩(感想)
△「図書館内乱」有川浩
△「闇の底」薬丸岳
 「エバーグリーン」豊島ミホ
△「名もなき毒」宮部みゆき
 「パパとムスメの7日間」五十嵐貴之
□「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
○「ケッヘル」中山可穂(感想)

完読が目標ですが、なんとか△と□の計13冊を読了したいと思います。

エントリーに追加ありました。(2006/11/13)
 「転生(てんしょう)」仙川環
 「タックス・シェルター」幸田真音
 「女たちは二度遊ぶ」吉田修一


スポンサーサイト

  • 11:59
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

ご紹介ありがとうございました。
既に私より読んでおられるのではないかと(笑)さすがですね。
負けじと私も頑張りますー。次は「温室デイズ」。
「ケッヘル」も既に図書館でみかけたので、待たずに借りられそうです。

すいません追記です。
今日、また3冊増えました。まだアップできていませんが、
「転生(てんしょう)」仙川環著(小学館文庫) ISBN:4094081178
「タックス・シェルター」幸田真音著(朝日新聞社) ISBN:4022502207
女たちは二度遊ぶ(吉田修一著)角川書店 ISBN:4048736825
です。「転生」は文庫オリジナルのようです。全くノーチェックの本ばかりで、
こちらもとても楽しみです。ほんま、世界が広がりますよね。って自分で企画しておいてなんですけど、自分が一番楽しんでおります(笑)
また、面白い新刊があったら紹介してくださいねー。

  • ざれこ
  • 2006/11/13 2:33 AM

■ざれこさん
追加連絡、ありがとうございます。どれも未読です。
「転生」は本屋で見かけてちょっと気になっていました。
医療サスペンス、だったような。読んでみます。

  • あおちゃん
  • 2006/11/13 1:25 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback