2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「夜のピクニック」恩田陸

夜のピクニックタイトル:夜のピクニック
著者  :恩田陸
出版社 :新潮社
読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。

朝から晩までとにかく歩いて80km先のゴールを目指す「歩行祭」。高校三年生にとっては最後の一大イベントである一夜の物語。

ただ歩きながら友達と他愛もないことを話す。言ってみればこれだけのお話なんだけど、そのなんてことのないお話がとても懐かしくって胸に迫ってきます。周りに仲のよい友達がずっといて、普段出来ないほど夜更かしとかして(といっても歩いてるのだけれど)、励ましあったり、時には力を貸したり。彼らの息遣いが、まるでその場にいるかのように感じられるから不思議。

異母兄弟でありながら同級生であるという複雑な関係の貴子と融。互いに素直な気持ちをぶつけ合えたのも、世を徹して歩くという「非日常」だったが故かもしれません。「非日常」のなかでは、日常の悩みもなんだかちっぽけに見えました。

長い人生からみるとほんの一瞬の出来事。後々思い出したときに「あの時はつらかったよね」の一言で終わってしまうかもしれないけれど、かけがえのない時間であることは間違いありません。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:18
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんにちは。
この本は、恩田さん本の中でも本ブロガーさんに大人気ですよね。
青春と心の解放とかが喜ばれるポイントなのかなぁなんて思ってます。
もちろん非日常の世界観も。
読んだあとは仲間と歩きたくなる本ですね!

こんにちは。TBどうもありがとうございます。
恩田さんはこういう学園ものの爽やかな小説が良いと思います。

自分の高校時代とかを思わず思い出してしまう本です。

>そのなんてことのないお話がとても懐かしくって胸に迫ってきます
うんうん、何だか懐かしい気持ちになる作品でした。
私は、この作品を読んで、恩田陸さんの本をもうちょっと読んでみたいなぁと思ったのでした。
それから何冊か恩田さんの本を読んだけど、
こういう等身大の青春、という感じの作品って、
いまだお目にかからないわ〜。
「ごく普通の感じ」が恩田さんの作品の中では異色というのも、何だかおもしろい作家さんだなぁと思います。

考えてみれば、こんな風にとことん友達と語り明かすって、
学生時代にしかできなかった・・。お金hあなくて、暇だけあった
あの頃・・。その懐かしさもありますよねえ〜・・。
恩田さんは、ほんとに設定が上手です!!

  • 2006/10/31 11:43 PM

■やぎっちょさん
万人に受け入れられる本っていうのがよくわかる内容でした。
会話が自然でその場にいるようでした。あのころが懐かしい!

  • あおちゃん
  • 2006/11/01 11:26 AM

■moji茶さん
恩田さんの書く学生さんはさわやかで良いですよね。
ただ、男の子が美形揃いってのが少女漫画っぽいですが・・・。

こんなさわやかな学生じゃなかったですが、昔を思い出します・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/11/01 11:29 AM

■そらさん
そうですね。恩田さんの作品では異色かも知れないですね。
青春モノといえば他に「ネバーランド」あたりがそうなのかなぁって思います。
引き出しが多くって読者を飽きさせませんね、恩田さんは。

  • あおちゃん
  • 2006/11/01 11:33 AM

■ERIさん(かな?)
最近高校の友達と会うこともめったになくって結構寂しいです。
語り合うというよりもっぱら麻雀だったのだけど、そういう日々も懐かしい・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/11/01 11:35 AM

最近高校時代の友人が結婚したりして、あらためてあの頃を思い出す機会が多くなりました。ほんと、過ぎ去ると一瞬ですね…。はぁ、まさにノスタルジー…。

■chiekoaさん
濃密な時間を過ごしたはずなのに、今となってはほんの一瞬の出来事に感じます。
昔の思い出、かなり忘却の彼方にいってしまってますし・・・。あぁ、ノスタルジー。

  • あおちゃん
  • 2006/11/02 2:53 PM

あおちゃん☆こんばんは
学生時代にこんな良い思い出を残せるなんて、とっても幸せですよね。
何十年たっても、「あの時はねぇ」って語り合うんだろうなぁ!

  • Roko
  • 2006/11/03 9:25 PM

■Rokoさん
こんな美しい思い出、僕にはないですねぇ・・・。うらやましいかぎりです・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/11/06 12:30 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

夜のピクニック 恩田陸

高校生活の最後を飾る「北高鍛錬歩行祭」。 80キロの道のりを、夜通し歩き通すという伝統的記念行事で繰り広げられた青春の一コマを鮮やかに描いている。 わだかまりのある関係が続いていた融と貴子だが、この歩行祭を通してかけがえのない絆を見出す事が出来た。 生

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2006/10/30 9:34 PM

「夜のピクニック」 恩田陸

夜のピクニックposted with 簡単リンクくん at 2005. 4.23恩田 陸新潮社 (2004.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2006/10/30 9:47 PM

夜のピクニック 恩田陸

夜のピクニック オススメ! 毎年、北高では1年の最後の行事に「歩行祭」というものがある。 名のとおり、朝8時から丸1日かけて80キロの道のりをひたすら歩く。 膝に痛みを感じていた西脇融は、自由歩行の際に、テニス部の部員達と歩くか、親友の戸田忍と歩く

  • 苗坊の読書日記
  • 2006/10/30 10:03 PM

夜のピクニック 恩田陸

夜のピクニック ■やぎっちょコメント これはまた狭い世界でよくこれだけお話を作りこむなぁ、というお話です。。。「麦の海に沈む果実」では学園内という狭い世界が舞台でしたが、この本では学校行事の歩行祭が舞台となります。 高校の全学年が白いジャージを着て80

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2006/10/30 10:17 PM

(書評)夜のピクニック

著者:恩田陸 夜のピクニック価格:¥ 660(税込)発売日:2006-09 高校

  • たこの感想文
  • 2006/10/30 10:27 PM

『夜のピクニック』恩田陸

夜のピクニック恩田 陸新潮社 2004-07-31by G-Tools あの一夜に起きた出来事は、紛れもない奇蹟だった、とあたしは思う。 夜を徹して八十キロを歩き通す、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。 三年間わだかまっていた想いを清算すべく、あたしは一つの賭けを胸

  • ひなたでゆるり
  • 2006/10/30 10:32 PM

夜のピクニック*恩田陸

☆☆☆☆・  夜を徹して八十キロを歩き通すという、  高校生活最後の一大イベント「歩行祭」    生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、  想い人への気持ちを打ち明けあったりして一夜を過ごす。

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2006/10/31 6:47 AM

「夜のピクニック」

夜のピクニックposted with 簡単リンクくん at 2006. 9.18恩田 陸著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 恩田陸さんて女性だったんですね・・・宮部みゆきと親戚か何かかと思うくらい似ている! もうすぐ映画公開とい

  • moji茶図書館
  • 2006/10/31 8:04 AM

「夜のピクニック」恩田陸

胸にスーッとなじむお話でした。 大切だったあの頃が、丁寧にすくい取られていた作品でした。 ★★★★☆ 高校最後の学校行事、歩行祭。丸1日かけて80キロを歩くこの行事に、貴子は自分にある賭けを課していた。

  • 日だまりで読書
  • 2006/10/31 8:05 AM

▲「夜のピクニック」 恩田陸 新潮社 1680円 2004/7

と写真の説明にもあるように鹿児島市を中心に妙円寺参りという風習がある。今はどうか知らないが、少なくとも評者の小学生時分は、ほとんどすべての小学校の高学年が約24キロの道を歩行して、伊集院町の徳重神社まではるばる歩いたものである。小学校高学年ともなると疲

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/10/31 10:16 AM

『夜のピクニック』 恩田陸 新潮社

夜のピクニック 第26回吉川英治文学新人賞受賞作 第2回本屋大賞受賞作。 「本の雑誌」が選ぶ2004年度1位。 北高校の年行事の一つ、朝の8時から仮眠を少し取るだけで翌日の朝8時まで、全校生徒で80?歩き続ける『歩行祭』が行われる。完走する為にただ歩き続け

  • みかんのReading Diary♪
  • 2006/10/31 11:05 AM

恩田陸【夜のピクニック】

夜は人の心に魔法をかける。ふだん言えないことが言えてしまう。自分の秘密を人に話したくなる。 あんまり好みのタイプではない男性なのに、夜の車の中だと、ちょっとイイ男に見えたり。(すみません。若気の至りです)

  • ぱんどら日記
  • 2006/10/31 11:30 AM

夜のピクニック

夜のピクニック 恩田陸 朝の8時に学校を出発し、夜を徹して80キロを歩き通すという、北高の一大イベント「歩行祭」。異母きょうだいであることを同級生たちに隠し、お互いの存在に悩む貴子と融。3年間わだかまっていた悩みを高校最後の歩行祭で解決することに賭ける

  • 本のある生活
  • 2006/10/31 12:36 PM

恩田陸『夜のピクニック』新潮文庫

高校生活も終わりに近づくにつれて誰もが抱える「このまま卒業してしまっていいのか」というモヤモヤ。それを「歩行祭」というイベントの中でしっかりと描き出した良作。主人公の男女二人の関係が最後の昇華してゆく様が実に清々しい。こう書くと一見ただの青春小説の

  • 活字の宇宙へと
  • 2006/10/31 9:19 PM

夜のピクニック 恩田陸 新潮社

梅雨は明けたんですよね。何なんだ、この暑さは!祇園さんの時には暑いのが 当たり前ですが、急にこれではおかしくなりますよ、全く。 今日は恩田陸の「蒲公英草紙」について書こうと頑張って読んでいたのですが、 あえなく撃沈。明日頑張るとして、今日は予告編恩

  • おいしい本箱Diary
  • 2006/10/31 11:40 PM

● 夜のピクニック 恩田陸

夜のピクニック恩田 陸 新潮社 2004-07-31by G-Tools ★★★★☆ 私は恩田陸さんのファンですし、この作品は本屋さん大賞受賞作品でもありますし、恩田陸作品のあちこちのランキング投票でも上位ですし、面白いのはわかっていました。読むのをずっと楽しみにしてい

  • 本を読んだら・・・by ゆうき
  • 2006/11/01 1:12 AM

夜のピクニック(文庫版) [恩田陸]

夜のピクニック恩田 陸 新潮社 2006-09 単行本持ってるのに…文庫が出たので買っちゃいました。そして再読。 何度読んでも、いいものはいいし、色あせないものは色あせません!じんわり。でも最初に読んだときの「あの気持ち」とはまた違う気持ち。どうしてだろう

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/11/01 11:34 AM

夜のピクニック [恩田陸]

夜のピクニック恩田 陸新潮社 2004-07-31 上手く言うことなんてできない。きっと分かってもらえないだろうとも思う。 でも、あの一夜の出来事は、紛れもない奇跡だった。 ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説。(帯より)今読み終わったばかりだけど、

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/11/01 11:34 AM

「夜のピクニック」(恩田陸著)

 恩田陸さんは今まで読んだことがなかったけど、本屋大賞の第1位ということで 「夜のピクニック」 恩田 陸著 を読んでみました。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/11/02 7:52 PM

夜のピクニック/恩田陸

恩田陸(2004)新潮社 「本屋さんが選んだ本第1位」だそうですね。それに惹かれて読んでみました。 単純に進むストーリーの中にいろんな人生が出てきて、僕もこれ、好きです。 夜のピクニック taste:★★★★☆  

  • サラリーマンの読書エッセイ
  • 2006/11/03 10:25 AM

「夜のピクニック」 恩田陸

夜のピクニックposted with amazlet on 04.11.09

  • ついてる日記?
  • 2006/11/03 9:22 PM

「夜のピクニック」  恩田 陸

夜のピクニックposted with 簡単リンクくん at 2006.10.11恩田 陸著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る評価 ★★★単行本が出た時に半分だけ読んでそのままだった本。文庫になってたので思い出して続きを読む。という

  • mikapapaの 「こんな本を読んだ」
  • 2006/11/03 10:50 PM

恩田陸を読む

恩田陸を読む: 恩田陸作品,小説,エッセイ等の紹介、作品ごとのレビュー、感想の投稿。

  • 恩田陸を読む
  • 2006/11/05 2:58 PM

恩田陸『夜のピクニック』

本日の一冊は、恩田陸『夜のピクニック』。 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。

  • 坂本総合研究所
  • 2006/11/23 2:43 PM

コミック化希望小説◇恩田陸『夜のピクニック』

いろいろ書くことはあった週末でしたがとてもとても手が回らず,盗作ブログ発見で無駄な時間を費やしてしまってアホアホな状態の私。 とりあえず,先週半ばまでに読み終わった本,次の本を読むための区切りの意味でも感想をあげておきます。駆け足〜!!! って,ほ

  • D.D.のたわごと
  • 2006/11/25 11:05 AM

夜のピクニック<恩田陸>−(本:2007年33冊目)−

新潮社 (2004/7/31) ISBN-10: 4103971053 評価:84点 2004年に第2回本屋大賞を受賞した作品。 もう文庫本になってさえいるのに、未だに図書館では予約しないと読めない。これも予約してから2ヶ月ぐらいでやっとまわってきた。 全校生徒が24時間かけて80キロ

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2007/04/08 12:11 AM

「夜のピクニック」恩田陸

夜のピクニック(2004/07/31)恩田 陸商品詳細を見る 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。朝の八時から...

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2008/02/19 11:39 PM