2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「忘れないと誓ったぼくがいた」平山瑞穂

忘れないと誓ったぼくがいたタイトル:忘れないと誓ったぼくがいた
著者  :平山瑞穂
出版社 :新潮社
読書期間:2006/10/01 - 2006/10/03
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


世界中が君を忘れてしまっても、僕だけは君を憶えてる!――時の裂け目に消えゆく少女と、運命をも変えようと必死にもがく少年。激しく、切ない恋愛小説。

最近初読みの作家さんが増えてます。この本もそうで、おそらくブログを始めていなかったら読まなかっただろう一冊。ジャンルは、恋愛ファンタジーでしょうか。恋愛小説はかなり苦手なのですが、この本の内容はすーっと頭の中に浸透していきました。ファンタジックな設定に違和感は全く感じません。

「ぼく」こと葉山タカシは、私立進学高校三年生。夏休みも終わる頃、はじめて訪れたメガネショップで、アルバイトをしていた彼女・織部あずさと出会う。一目惚れ。しかし奇妙なことに、どうしてもどんな顔だったのか思い出せないのだった…。

記憶の片隅から消え行くあずさとそれを止めようと必死で忘れない努力を続けるタカシ。狂気とも取れるほど、自分の全てを「忘れないこと」に注ぎ込むタカシの姿は、あきらめたかのように現実を淡々と見つめるあずさと姿と対比され、ものすごく痛々しさが伝わってきます。あずさを覚えているのはタカシ一人という境遇に、タカシに共感し、応援せずにはいられない気持ちになりました。

存在が消えるというのは特殊な設定ですが、絶対に忘れないと思った(誓った)ことであろうとも、記憶が薄れていって忘れてしまうということは悲しいけど現実によくあります。こんなに一生懸命に人を好きになれるのは素敵だなと思いながら、自分にもこういうことが一つくらいあったかなとちょっと昔懐しい気持ちにもなりました。

+++++

【みなさまのご意見】
+ChiekoaLibrary+さん
今日何読んだ? どうだった??さん
ナナメモさん
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜さん
本を読む女。改訂版さん('06/10/25追加)
猛読醉書さん('06/11/06追加)
きつねの本読みさん('06/11/19追加)


スポンサーサイト

  • 19:32
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

はじめまして!
この度ブログのランキングサイト 『ニンキブログ』 がオープンしましたので、お知らせに参りました。
『ニンキブログ』 の特別なお友達紹介システムにより、あなたのブログが毎日トップページに表示され、どんどんランキングの順位が上がります。
登録の早い方にビッグチャンスがございますので突然お邪魔させていただきました。

『ニンキブログ』 はコミュニティーにトラックバックして頂く事で皆様のブログをつなげ、ブログへの訪問者に提供される情報のつながりを大切に考えております。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

http://www.ninkiblog.com
ニンキブログ

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2012/06/29 11:10 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「忘れないと誓ったぼくがいた」平山瑞穂

忘れないと誓ったぼくがいた 平山 瑞穂 1人の少女を好きになってしまった高校生の男の子タカシの恋。タカシが好きになった少女あずさは目の前から突然消えてしまうだけでなく、人の記憶からも消えてしまう。どんどん短くなっていく存在する時間。僕だけは絶対

  • ナナメモ
  • 2006/10/24 10:01 PM

「忘れないと誓ったぼくがいた」平山瑞穂

忘れないと誓ったぼくがいた発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/02/20売上ランキング: 41423おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/25 なんか表紙見てると雰囲気がセカチューっぽい、でもブログでの評判はいいらしい、 そのわりにはどんな話か書い

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/10/25 1:27 AM

忘れないと誓ったぼくがいた [平山瑞穂]

忘れないと誓ったぼくがいた平山 瑞穂 新潮社 2006-02-20 たとえ世界中の誰もが君を忘れてしまっても、ぼくだけは君を憶えてる―。一目見て気になっていた眼鏡屋の店員「織部」と、偶然自分の高校で再会したタカシ。ある日彼女がタカシに告白した彼女の「秘密」とは…

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/10/25 11:26 AM

「忘れないと誓ったぼくがいた」 平山瑞穂

忘れないと誓ったぼくがいたposted with 簡単リンクくん at 2006. 4.15平山 瑞穂〔著〕新潮社 (2006.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2006/10/29 9:27 AM

『忘れないと誓ったぼくがいた』 平山瑞穂

『ラス・マンチャス通信』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビューした作家。本書はその受賞後、第一作目。知り合った女の子が<消え>ていく運命。というファンタジーのような、SFのような設定。<消える>とは、人々の記憶にも残らない。この世の中からフェ

  • 猛読醉書
  • 2006/11/05 7:34 PM

忘れないと誓ったぼくがいた 平山瑞穂

真面目な受験生のタカシは、眼鏡を作りにいったショップの店員、織部あずさに一目惚れ

  • きつねの本読み
  • 2006/11/18 10:11 PM

平山瑞穂 「忘れないと誓ったぼくがいた」 

影が次第に薄くなっていくというよりは現世界から一旦消えて、暫くすると戻ってくる。ちょっと、不思議な織部あずさ。

  • ゼロから
  • 2010/10/03 5:43 PM