2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「銃とチョコレート」乙一

銃とチョコレートタイトル:銃とチョコレート
著者  :乙一
出版社 :講談社 MYSTERY LAND
読書期間:2006/09/18 - 2006/09/20
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた“GODIVA”の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。ある日リンツは、父の形見の聖書の中から古びた手書きの地図を見つける。その後、新聞記者見習いマルコリーニから、「“GODIVA”カードの裏には風車小屋の絵がえがかれている。」という極秘情報を教えてもらったリンツは、自分が持っている地図が怪盗ゴディバ事件の鍵をにぎるものだと確信する。地図の裏にも風車小屋が描かれていたのだ。リンツは「怪盗の情報に懸賞金!」を出すという探偵ロイズに知らせるべく手紙を出したが…。

「天帝妖孤」以来、久しぶりの乙一本です。「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」ミステリーランドから刊行された本。装丁が豪華なので、本棚にシリーズ全巻を並べたら、さぞ壮観な眺めだろうなぁと思いますが、値段が高いのちょっと無理そう・・・。

内容は、上の方に書いてあることそのままなので割愛。というか、これ以上書いたら面白くなくなってしまいます。話が二転三転、信じてはだまされの連続で、先が気になって仕方がありませんでした。何と言ってもいきなりロイズが・・・とはねぇ。単純な怪盗と探偵モノになっていないところとか単純に良い人と悪い人の話になっていないところが、乙一さんらしいですね。

同じシリーズの「びっくり館の殺人」を読んだときは、これは少年少女が読んだら楽しめるのか?と疑問だったのですが、この本は少年少女でも楽しめそうです。小学校高学年以上が対象かな。リンツの境遇とか舞台の背景とかは、小学生ではちょっと理解に厳しいかもしれないので、ここら辺は「かつて子どもだったあなた」を対象としているのかなと思います。

随所に張られた伏線がしっかりと繋がっていて読み応えは十分。とても楽しい読書時間を過ごせました。

+++++

【みなさまのご意見】
読むなび!(裏)さん
粋な提案さん
ナナメモさん
本を読んだら・・・さん
Grave of memoryさん
活字中毒日記!さん
アン・バランス・ダイアリーさん
おいしい本箱Diaryさん
苗坊の読書日記さん
ぼちぼち。さん
まったり読書日記さん
ひなたでゆるりさん
book diaryさん
寝ていられるのになぜ起きる?さん
かみさまの贈りもの〜読書日記〜さん
本のことどもさん('06/10/25追加)
ついてる日記IIさん('06/10/28追加)
Grave of memoryさん('06/11/18追加)
聞いてあげるよ君の話をさん('06/11/19追加)
空夢ノートさん('06/12/02追加)
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん('07/02/04追加)
たこの感想文さん('07/08/08追加)
しんちゃんの買い物帳さん('08/01/17追加)


スポンサーサイト

  • 21:32
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは!
TBありがとうございました
このシリーズをずらりと本棚に並べると壮観でしょうね〜
それぞれに凝った装丁してますし
・・・でも、価格を考えると私も躊躇してしまいます 汗
名探偵vs怪盗の単純な図式ではないところなど、随所に乙一サンラ示唆を感じることができて、楽しい読書になりました。

乙一らしい、凝った内容でしたね〜!!
このシリーズの中では、私はこれがピカイチだと思います。
そうなんですよ、このシリーズ綺麗なんですけど、高い・・。
そこで、つい図書館まかせです。でも、これは買ってもよかったかなあ・・。

  • ERI
  • 2006/10/16 11:50 PM

こんばんは。
このシリーズいいシリーズだと思うんですけど、やっぱ高いのはネックですよね。でも図書館本でいい気もするんですけど。

凝ってて最後まで一気に読ませる名作だと思います。私も楽しかったです。

■エビノートさん
ひさびさの乙一本だったのですが、らしさを感じつつも新しい面も垣間見えてとても面白かったです。これを機に、既刊本にも再び手を伸ばしてみようかなぁと思ってます。

  • あおちゃん
  • 2006/10/18 6:57 PM

■ERIさん
そうですか、シリーズでもピカイチですか!
僕はまだ2冊しか読んでいないので比較は出来ないのですが、他の本も読んでみたいと思っています。ただ、図書館には全部はそろっていないんですよ。古い本なんかは購入願いを出してもいいものかと、少々悩みます・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/10/18 6:59 PM

■ちきちきさん
僕は月刊誌は一度買うと以降毎月買っちゃうタイプなんです。
この本は手元に置きたいと思うのですが、他の本もついつい買ってしまいそう。
そして金欠に・・・って風に流れていきそうで何だか怖いです・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/10/18 7:02 PM

TBありがとうございました。
>単純に良い人と悪い人の話になっていないところが、乙一さんらしいですね。

私もそんなとこが好きです。

■sonatineさん
乙一さんの人物描写がとても好きです。内在する悪というか腹黒さというか。
その辺を書かせたらピカイチだと思っています。

  • あおちゃん
  • 2006/10/20 11:41 PM

あおちゃん☆こんばんは
このシリーズ、他の作品も面白そうですね。
チェックしてみようっと!(#^.^#)

  • Roko
  • 2006/10/28 11:16 PM

■Rokoさん
このシリーズ、かなり豪華の作家さんたちが書いてるんですよねぇ。
まだ2冊しか読んでいないのですが、いくつかチェックしてるのがあります。
ゆっくりシリーズを読み進めていこうかなぁと思ってます。

  • あおちゃん
  • 2006/10/28 11:35 PM

こんにちは
初のミステリーランドでしたが、これでも子供が読んでいいのかな?って思いました
最後のゴティバの謎ときが素敵です
乙一の作品でも、とても好きな作品です

■きりりさん
世の中奇麗ごとばかりじゃないってことがわかっていいんじゃないでしょうか。
挿絵が怖いってのも乙一さんは意図的にそうしているようでしたし。
僕もこの本は、乙一作品のなかでも好きな本の一冊です。

  • あおちゃん
  • 2006/11/19 5:25 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

乙一『銃とチョコレート』  ★★★★

銃とチョコレート 乙一  ときには「うっせぇ、この水虫小僧!」や「この外反母趾め!」などとののしられた。 「ははははは! つよいものにしたがうのがわたしの生きかたなのだ!」  最高に乙一が好きだと自覚したんだが、どうだろう。  平仮名が多くてすご

  • book diary
  • 2006/10/16 10:08 PM

銃とチョコレート 乙一

銃とチョコレート ヨーロッパのとある国で、怪盗ゴディバという高価なものを盗む悪党がいた。 その悪党を捕まえようとしている探偵ロイズは、子ども達に大人気。 少年リンツもその一人。 リンツは移民の血を引く11歳の少年。 父デメルは杯の病気で死に、母メリーと

  • 苗坊の読書日記
  • 2006/10/16 10:27 PM

銃とチョコレート 〔乙一〕

銃とチョコレート ≪内容≫ 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。 現場に残されているカードに書かれていた“GODIVA”の文字は泥棒の名前として国民に定着した。 その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーロー

  • まったり読書日記
  • 2006/10/16 10:33 PM

『銃とチョコレート』乙一

銃とチョコレート乙一講談社2006-05-31by G-Tools 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されたカードには「GODIVA」の文字が。はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!? 乙一さん、やはりあなたは

  • ひなたでゆるり
  • 2006/10/16 11:03 PM

銃とチョコレート、乙一

イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒とともに買った聖書に、

  • 粋な提案
  • 2006/10/16 11:40 PM

銃とチョコレート 乙一 講談社

ほんとうに久々の乙一の作品。 待ちましたね、ほんと。しかも、書き下ろしで・・。 この講談社ミステリーランドのシリーズは、けっこう凝った装丁なんですが、 この本も非常に乙一らしい、ダークな作りになってます。 それを見るだけでも、面白いんですが、中身もこ

  • おいしい本箱Diary
  • 2006/10/16 11:46 PM

『銃とチョコレート』  乙一  講談社

        銃とチョコレート 「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」というのがうたい文句の、ミステリーランドシリーズです。このシリーズは島田荘司さんの「透明人間の納屋」に続いて2冊目なのですが、ラインナップを見てみると、

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2006/10/17 7:13 AM

銃とチョコレート 乙一

リンツ少年が住む国で、連続強盗事件が発生。 リンツ少年が、とある物を手にした事をきっかけに、少年たちの憧れである探偵ロイズと出会い、共に『ゴディバ』と名乗る怪盗を追う長編ミステリー。 思わぬストーリー展開や、話の運びがとても面白く、飽きることなく最後

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2006/10/17 9:25 AM

「銃とチョコレート」乙一

銃とチョコレート ルビも振ってあるし、ひらがなも多いので児童書なのかと思いましたが、「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」というシリーズということで、大人も読んでいいようです。大人が読んでも充分おもしろかったです。というより

  • 本のある生活
  • 2006/10/17 12:15 PM

銃とチョコレート

『銃とチョコレート』乙一(講談社) ミステリーランド第10回配本。 ミステリーランド、もうちょっと安ければいいシリーズなのにね。 久々の乙一はすごい面白かったです。 途中までは正統派冒険小説なんですよ。 それでそのまま行っても普通に面白いと

  • ぼちぼち。
  • 2006/10/17 10:23 PM

「銃とチョコレート」乙一

銃とチョコレート 乙一 盗んだ後現場に必ず1枚のカードを残す怪盗ゴディバ。それを追う探偵ロイズは子供たちの人気者。ある日、貧しい移民の子リンツは父と買い物に行き、聖書を買ってもらう。その聖書の中に挟まっていたのはゴディバの手がかりになりそうな謎

  • ナナメモ
  • 2006/10/17 10:48 PM

銃とチョコレート

銃とチョコレート乙一 講談社 2006-05-31売り上げランキング : 531おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> 楽しめた <ストーリー> 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2006/10/20 5:19 PM

○「銃とチョコレート」 乙一 講談社 2100円 2006/5

 今現在、駿河の単身赴任中の我が家に、母親が来ている。今年、春に祖母が亡くなったとき、母親が片足を庇うように歩いているのに気づいた評者は、勤務先である清泉クリニック整形外科で治してやろうと呼んであげたのである、エヘン。と言っても、もう69歳。鹿児島から

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/10/25 5:20 PM

「銃とチョコレート」 乙一

銃とチョコレートposted with amazlet on 06.10.13

  • ついてる日記?
  • 2006/10/28 11:13 PM

乙一の「銃とチョコレート」読了

銃とチョコレート 乙一 著 「銃とチョコレート」 ★★★★ 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた<ゴディバ>の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロ

  • Grave of memory
  • 2006/11/18 1:07 AM

乙一「銃とチョコレート」

20番目に盗まれた英雄の金貨の持ち主オリジーヌ氏 彼は弾丸製造機で大金持ちになった その機械は簡単に弾丸が作れるから 熊のぬいぐるみを抱いた女の子だって作れるのだ その弾丸は安くて、よく飛び、そして敵にあたると、いい音がしたと言う こわい こわいよ〜

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2006/11/19 2:51 AM

『銃とチョコレート』の感想

『銃とチョコレート』乙一/講談社ミステリーランド/面白かった!! …第2章までは、ね(笑)。 文句なしに好みの面白さでした。ところが第3章からは爽やかさが吹き飛ぶ様子をじっくり見せつけられました(笑)。なのに面白いのが、ホント不思議。これはまさに乙一マジッ

  • 空夢ノート
  • 2006/12/01 1:52 AM

銃とチョコレート 乙一

銃とチョコレート この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 な〜んと言いたいことの満載した本ざましょ。 まず

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/02/03 11:27 PM

(書評)銃とチョコレート

著者:乙一 銃とチョコレート (ミステリーランド)価格:¥ 2,100(税込)発

  • たこの感想文
  • 2007/08/07 2:08 AM

「銃とチョコレート」乙一

銃とチョコレート (ミステリーランド)乙一 (2006/05/31)講談社 この商品の詳細を見る 大金持ちの豪邸から英雄の金貨が盗まれた。そして数ヵ月後に...

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2008/01/12 12:51 PM