2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ニート」絲山秋子

ニートタイトル:ニート
著者  :絲山秋子
出版社 :角川書店
読書期間:2006/08/29 - 2006/08/30
お勧め度:★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


現代人の孤独と寂寥、人間関係の揺らぎを完璧な文体で描いた傑作短篇集。
かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこもりをつづけて困窮を極める青年との淡い関係を描く表題作。大阪の彼女と名古屋の育ての母との間で揺れる東京のホテルマンを描いた「へたれ」他全5篇。気鋭の傑作短篇集。

絲山さんの本は大体読んでいて、読むたび面白いって思うんですけど、でも読み終わってふと何を言いたかったのかを考えてみると、きちんとした答えが浮かばない。結局あまり理解していないと思うんですよ。

それでも「イッツ・オンリー・トーク」や「逃亡くそたわけ」は、自分なりに消化したんですけど、この本は・・・うーん、よくわかんない。「ニート」「ベル・エポック」「2+1」「へたれ」「愛なんかいらねー」の五編が収録されている短編集。

表題作である「ニート」と「2+1」は続き物で、生活が困窮している"キミ"にお金を出す"私"。私の設定が作家なので、どうしても絲山さんを重ねちゃいます。"キミ"を温かく見守っているとは思えず、お金を出している自分が好きというような自己満足しか感じられませんでした。絲山さんの真意は何?

「ベル・エポック」は、近くに住んでいる友達の引越しを手伝う私。心温まる話かと思いきや・・・。オチが割と好きかも。「へたれ」は、遠距離恋愛する彼女に会うための新幹線の中であれこれ考える男。率直な感想は、タイトルそのまま"ほんとへたれだなぁ"。「愛なんかいらねー」は、ほんと愛を感じなかった。ただ、読んでいて気分が悪くなることもなくて、こういう世界もあるのかなと割と冷静でした。

結局のところよくわかんなかったです、この世界は。これからもこんな本ばかり出たら読むのは辛いなぁ。でも、何となく気になるから読んじゃうんでしょうけど。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:51
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは。
絲山さんの本、感想は書きにくいし、読み終わった後に何を思っていたかを忘れちゃう。
だけど、新刊が出るたびに手にしてしまうんです。
不思議な魅力です。

あおちゃん☆こんにちは
絲山さんって女性なんだけど、普通の女性とは大夫価値観が違うようですね。
情が深いけれど表現はクールってところが不思議だなぁって思います。

  • Roko
  • 2006/09/16 12:03 PM

■ななさん
この本は2週間ほど前に読んだのですが、かなり忘れていました・・・。
つかみ所のなさが気になって、新しい本が出るたびに手にしてしまいます。
ほんと不思議な魅力です。

  • あおちゃん
  • 2006/09/16 5:48 PM

■Rokoさん
男女関係の描き方がかなりさばけてますよね。
好きでもない男と簡単に寝るような女ばかり出てくるような気が・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/09/16 5:50 PM

TBさせてもらいました〜。
絲山のこの本は、私受け付けませんでした。
自分なりに消化しようとするところ、あおちゃんさんと似ているかも。。。と思いました。

■sonatineさん
こんにちは。
絲山さんの本って、わりとさらりと読めてしまうので、何も考えなければ何も残らないというか・・・。いつもページを捲りなおして、ここはこういうことかと消化しながら読んでます。
この本は少々外れ感がありましたが、「沖で待つ」がまだ未読なので、次に読んでみようと思います。

  • あおちゃん
  • 2006/09/19 11:49 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「ニート」絲山秋子

ニート絲山 秋子あぁ、ダメかも。この先絲山さんの本に手を出せないかもしれないです。「海の仙人」以外の絲山さんの本は全部読んでます。今までは苦手だなぁと思う分野の話が出てきても大丈夫だったのです。だけどこの本の最後の短編「愛なんかいらねー」は辛すぎた。

  • ナナメモ
  • 2006/09/16 12:08 AM

ニート

ニートposted with amazlet on 06.07.23 絲山 秋

  • ついてる日記?
  • 2006/09/16 11:55 AM

ニート

ニート絲山 秋子 角川書店 2005-10-29売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 現代人の孤独と寂寥、人間関係の揺らぎを完璧な文体で描いた傑作短篇集。 かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこも

  • 寝ていられるのになぜ起きる?
  • 2006/09/18 8:36 AM

「ニート」絲山秋子 を読んで

ニート (角川書店)絲山 秋子 前を向いて生きていこうとする力。今の状況を改善しようと一歩を踏み出そうとする勇気。 それらは、一回どこかに忘れてしまったら、再びその手に取り戻すことが難しい、そういうものなのだろう。 ニート。 彼がそれでも今日を生きているのは

  • そういうのがいいな、わたしは。
  • 2007/10/09 1:31 AM

絲山秋子『ニート』

ニート (角川文庫)絲山 秋子角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、絲山秋子『ニート』を紹介します。5編の短編集。全体的には、なんて表現すればいいか分からない曖昧模糊な感じがしました。私はこの主人公たちとそんなに変わんないかなと思う

  • itchy1976の日記
  • 2009/11/29 9:43 AM