2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「うそうそ」畠中恵

うそうそタイトル:うそうそ
著者  :畠中恵
出版社 :新潮社
読書期間:2006/08/17 - 2006/08/20
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!初めての旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪しくなっていき…。大好評「しゃばけ」シリーズ第五弾。

若だんなと愉快な妖怪たちシリーズ第五弾。第一弾以来ひさびさの長編です。母親・おたえの提案で、箱根の湯治に行くことになった若だんな一行。ゆっくり温泉につかって養生することが出来るのか・・・。

前作で少々マンネリ感を感じてましたが、今回は目先が変わって新鮮でした。お供をするのは手代の二人・仁吉と佐助、兄・松之助、鳴家が数匹と、シリーズで徐々に性格が見えてきた妖たちが付いていけないのは寂しい気もしますが、いつも若だんなの傍を離れない仁吉と佐助が謎の失踪、いくつかの集団からなぜか命を狙われる若だんななど、"謎"がたくさんあって面白かったです。

自分の身に危険が迫りながらも、他人のことばかり心配する若だんな。育ちがいいというのか世間知らずというのか・・・。でも、そんな若だんなの姿を見ると、何かほっとするんですよねぇ。

いつも通り、読後感はすこぶるよいです。あまり考えなくてもいいし、リラックスしたいときに最適ではないでしょうか。

+++++

【みなさまのご意見】
Ciel Bleuさん
粋な提案さん('06/11/02追加)
時代伝奇夢中道 主水血笑録さん('07/02/13追加)


スポンサーサイト

  • 19:01
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃんさん、こんにちは。
相変わらずの楽しさでしたね!
このシリーズは、もうマンネリになってもいいと思ってるんですが
それでも目先が変わると、やっぱり楽しいです。
若旦那って、ほんといい人ですよねえ。
「いい人」というより、「いい子」という感覚ですが…(笑)
見てるとほっとするというのは同感です(^^)。

  • 四季
  • 2006/09/11 6:37 AM

■四季さん
こんにちは。
ひさびさの長編、楽しかったですね。若だんなには、他人の心配をしている暇はないでしょ、と思いつつも、そんな若だんなを見るとほっとするんですよねぇ。次が出ても、おそらく即入手すると思います。
目指せ、「偉大なるマンネリ」。これ、四季さんの言葉でしたね。。。

  • あおちゃん
  • 2006/09/11 12:06 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「うそうそ」畠中恵

 [amazon] [bk1] 夜中の突然の地震で起きた若だんなが耳にしたのは、若だんなが邪魔だから殺してしまおうという声と、このままでは若だんなが死んでしまう...

  • Ciel Bleu
  • 2006/09/11 6:34 AM

うそうそ 畠中恵

装画・挿画は柴田ゆう。 2001年「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞デビュー。しゃばけシリーズ「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」。ほかに「ゆめつげ」「とっても不幸な幸運

  • 粋な提案
  • 2006/11/01 2:26 PM

「うそうそ」 いつまでも訪ね求める道程

 「しゃばけ」シリーズ第五弾は、久々の長編。湯治のために江戸を離れた若だんな・一

  • 時代伝奇夢中道 主水血笑録
  • 2007/02/13 12:17 AM