2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「リズム」森絵都

リズムタイトル:リズム
著者  :森絵都
出版社 :講談社
読書期間:2006/07/21
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


ガソリンスタンドで働きながらロックバンドで歌をうたう、いとこの真ちゃん。そんなハデな真ちゃんに、まゆをひそめる人もいるけれど…。小さいころから大すきだった真ちゃんの家族が、ばらばらになってしまうかもしれないと知った、さゆきは…。第31回講談社児童文学新人賞。

直木賞受賞ということで、読みたいと思っていた森さんの本を借りてきました。まずはデビュー作から。

子供向けの本のようで、文字が大きくページ数も200ページ弱と薄め。ほんの30分で読み終わってしまいました。大好きないとこの真ちゃん一家が離婚でばらばらになってしまうかもしれない、と知った中学一年生・さつきの心の動揺と葛藤、そして成長を描いたお話。

自分は何も変わらないのに、周りがどんどん変わってゆく。まるで自分だけが取り残されているかのように感じたさつきは戸惑い、生活のペースを崩してゆきます。何も変わらない世界は居心地がよいですが、変化なくして成長はしない。「自分だけのリズムを打てばいい」という真ちゃんの言葉は、自分のペースを見失っているさつきのためであり、変化のスピードが速く、何かとストレスの多い社会に住む人々(大人も子供も)に向けてのためでもあるようでした。

読み終わったのは通勤電車の中でした。いつもは周囲の迷惑を顧みない乗客たちにいらいらを募らせてますが、この本を読んだときは何だか少しやさしい気持ちになれました。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 19:33
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんわ^^
そうか、この作品がデビュー作だったんですね。
この作品は中高生に読んでほしい作品ですね。
凄く想いが伝わってくるように思います。
真ちゃんがかっこいいな〜と思います。
私は続編のゴールド・フィッシュも好きです^^

■苗坊さん
そうですね、主人公と同世代の人には是非読んで欲しいですね。
あと、心がすこしささくれ立っている人にも読んで欲しいです。
続編も読みました。感想は後ほど・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/08/17 10:59 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

リズム 森絵都

リズム 13歳のさゆきの周りには、姉と、従兄弟の高志と、その弟の真治。 そして幼馴染の気弱なテツがいる。 特に小さいころからずっと好きな真ちゃんと一緒に過ごす時間が多かった。 今、姉は高校受験を控えており、家の中はぴりぴりしている。 高志と真の親が離

  • 苗坊の読書日記
  • 2006/08/17 1:21 AM

■ リズム 森絵都

リズム 森 絵都 講談社 1991-06 森絵都さんのデビュー作です。主人公は、中学1年生のさゆき。森さんが描く、この年頃の少年少女が、私はやっぱり大好きです。 小学校を卒業して、中学生になったけど、ほとんどの友達が同じ学校に進学し、さゆきのダラダラした

  • 本を読んだら・・・by ゆうき
  • 2006/08/17 1:25 AM

リズム [森絵都]

リズム森 絵都 講談社 1991-06 中学一年生のさゆき。いとこの真ちゃんは、高校にも行かずに髪を金色にそめてバンドで歌を歌ったりして、ちょっと評判が悪いけど、さゆきにとっては大切な大好きな幼なじみ。そんな真ちゃんや、クラスメイトや、家族の中で過ごすさゆき

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/08/17 4:14 PM

リズム 森絵都【児童書】

いとこの真ちゃんと中学生のさゆきとの、思春期の切ない一コマを鮮やかに描く児童書。 両親の離婚問題に揺れる真ちゃん一家に、さゆきの心も揺れ動く。 子供なりにも心を痛めている様が伝わってきてこちらも心が痛くなるが、話のテンポがいいせいか、さらさらと読めて

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2006/08/18 11:42 PM

『リズム』森絵都

リズム森 絵都 (1991/06)講談社この商品の詳細を見る

  • まろ茶らいふる
  • 2007/02/11 2:28 PM