2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「いちばん初めにあった海」加納朋子

いちばん初めにあった海タイトル:いちばん初めにあった海
著者  :加納朋子
出版社 :角川文庫
読書期間:2006/06/22 - 2006/06/23
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


堀井千波は周囲の騒音に嫌気がさし、引っ越しの準備を始めた。その最中に見つけた一冊の本、『いちばん初めにあった海』。読んだ覚えのない本のページをめくると、その間から未開封の手紙が…。差出人は“YUKI”。だが、千波にはこの人物に全く心当たりがない。しかも、開封すると、「私も人を殺したことがあるから」という謎めいた内容が書かれていた。“YUKI”とは誰なのか?なぜ、ふと目を惹いたこの本に手紙がはさまれていたのか?千波の過去の記憶を辿る旅が始まった―。心に傷を負った二人の女性の絆と再生を描く感動のミステリー。
久々に加納さんの本。中編2編を収録。

表題作「いちばん初めにあった海」について。心に深い傷を負った主人公・堀井千波が封印した過去の記憶を取り戻す。手紙の差出人"YUKI"の正体は、章の構成ゆえにすぐに知るところとなってしまいますが、千波と"YUKI"との関係や千波が今のような生活をおくっている理由が徐々に明らかになる過程はなかなかに読み応えがありました。

もう一編の「化石の樹」は、「いちばん初めにあった海」とゆるくつながっていて、おそらくその後のお話ではないかと思います。著者お得意の入れ子構造になっていて、最後でその入れ子構造がうまく生きる展開。表題作よりこちらの方がミステリーっぽいかな。

二編とも結構重たい内容だけど、暖かい気持ちにさせてくれるラストのおかげでじんわりとしたいい気持ちになりました。

+++++

【みなさまのご意見】
本を読む女。改訂版さん
+++こんな一冊+++さん
苗坊の読書日記さん
本を読もうさん('07/04/30追加)


スポンサーサイト

  • 11:25
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

いちばん初めにあった海*加納朋子

☆☆☆☆・  ワンルームのアパートで一人暮らしをしていた堀井千波は、  周囲の騒音に嫌気がさし、引越しの準備を始めた。  その最中に見つけた一冊の本、『いちばん初めにあった海』。  読んだ覚えのない本のペ

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2006/07/04 6:40 PM

「いちばん初めにあった海」加納朋子

いちばん初めにあった海posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.27加納 朋子角川書店 (2000.5)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 表題作と「化石の樹」、中編2編収録。 私は勝手に長編小説と思っていたので、一作目が終わってし

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/07/05 12:41 AM

いちばん初めにあった海

 表題作と、その続編の「化石の樹」の二による、文体も構成もそれまでのカラー と違う異色作です。  甘いテイストは消え、より一層文学的で、それが最初は少し残念で「化石の樹」 は読まないで閉じようか…などと思いつつ読み始めると、とんでもない。その完結

  • 本を読もう
  • 2007/04/28 9:41 PM