2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「噂」荻原浩

噂タイトル:噂
著者  :荻原浩
出版社 :新潮社文庫
読書期間:2006/06/09 - 2006/06/13
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。
これまで荻原さんの作品は10作近く読みましたが、その中でも1,2を争う出来。

「女の子の足首を切り落とすレインマンが渋谷に出没している。でも、ミリエルという香水をつけていれば狙われない」香水を売り出すために口コミで広めたでたらめな噂。作戦は成功し、噂は蔓延、香水は大ヒットする。しかし、その噂を利用した殺人事件が本当に起こってしまう。犠牲者は一人に留まらず、二人、三人と増えてゆく・・・。

妻に先立たれ、一人で高校生の娘を育てている刑事・小暮が主人公。被害者たちがちょうど娘と同年代ということで、小暮は犯人追跡に力が入ります。小暮とタッグを組むのは、夫に先立たれ、一人で息子を育てている女刑事・名島。名島の方が役職が上ということで、当初はギクシャクとしてましたが、地道な捜査で二人の間の溝は埋まり、だんだんよい感じに。最後は無事事件が解決、この二人が結ばれるのだろうなぁ、なんて予想を立てていましたが、甘かった・・・。

物証が見つかり、犯人を追い詰めていくところは、緊迫感があり、なかなか読み応えがありました。ところどころにこれまでの荻原作品で見られた笑いが書かれていて、息を呑む展開の中、ほっと一安心することも出来ます。やっぱり荻原さんはこうでなくっちゃね。重要な一文を読み落としたおかげで(?)、途中犯人に気が付くこともなく、最後まで楽しめました。自分の注意力不足が情けなく感じましたが。

予定通りに無事解決かと思いきや最後に大きな落とし穴が・・・。自分の読み間違いかと思って、最後の章を読み直すこと数度。読み終わったときは唖然呆然で、しばらく力が入らなかったです。改めて考え直してみて、中盤の「なぜここでこんな話が?」ってところは、ラストに繋がっていたのかと気が付きました。

犯人の心理をもうちょっと深く描いて欲しかったと思わなくもありませんが大満足です。しかし、登場人物たちの今後を考えると胸が苦しくなってしまいます・・・。

+++++

【みなさまのご意見】
本を読む女。改訂版さん
本を読んだら・・・さん
たこの感想文さん
読書感想文とブツブツバナシさん
+++こんな一冊+++さん
本のことどもさん
+ChiekoaLibrary+さん
Mememto-Moriさん('06/06/20追加)
たりぃの読書三昧な日々さん('06/07/17追加)
日だまりで読書さん('06/08/08追加)
マリーの本棚さん('06/09/14追加)
mikapapaの「こんな本を読んだ」さん('06/10/11追加)
聞いてあげるよ君の話をさん('07/03/27追加)
黒猫の隠れ処さん('07/04/17追加)
higeruの大活字読書録さん('07/04/30追加)
奥さまは149cmさん('07/09/03追加)
月灯りの舞さん('07/09/03追加)


スポンサーサイト

  • 23:25
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

ほんと、この後どうなるのか…。発覚しなきゃいいって問題じゃないだろうし…。他人事とは思えずモンモンとしてしまいます。うぅ。

  • chiekoa
  • 2006/06/20 4:23 PM

■chiekoaさん
その後を想像するとつらいですよね・・・。読み間違いと思って何度も読み返してしまいました・・・。思い返すだけでちょっと苦しいです・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/06/21 12:42 AM

あおちゃん、こんにちはっ♪TBさせていただきました。
いや〜、ぞわぞわ〜と背中が寒くなりましたよ。
こういう作品をおもしろいと言っていいのかどうか分からないけど、ラストが効いていて、印象深い作品になりました。

>登場人物たちの今後を考えると胸が苦しくなってしまいます・・・。
特に小暮さん(涙)

■そらさん
こんばんは。TBどうもです。
ラストを読んで、何度前のページを読み返したことかっ。
おそらく荻原さんは、最後の一文が書きたくて、この本を書いたんでしょうね。
小暮さんには気がつかず、平穏に暮らしていただきたいものです・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/08/08 8:08 PM

こんにちわ♪マリーです
初めて読んだ荻原作品なんです。
ミステリー以外にもジャンルを問わず小説を書いてるって、解説部分を読んでビックリしたところです。もちろん本書のラストにも、かなりビックリさせられましたけどね☆

■マリーさん
こんにちは。
ほんとラストには驚かされましたね。なんどもページを捲り直しました。
荻原さんの他の本も面白いですよ。おススメの作家さんです。

  • あおちゃん
  • 2006/09/14 1:08 PM

こんにちは 私はミステリーとしてって言うより、荻原氏の書くキャラと言うか二人の刑事の描き方が面白くてに、たしかに犯人のコトは印象が薄いですね

■きりりさん
ラストありきで書かれた小説だから、犯人の書き込みが足りなくなったのかもしれませんね。
ただ、端々に荻原節を感じることが出来て、満足できました。

  • あおちゃん
  • 2007/03/27 11:55 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「噂」荻原浩

噂posted with 簡単リンクくん at 2005. 8. 1荻原 浩著講談社 (2001.2)この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「オロロ畑でつかまえて」「なかよし小鳩組」に続く、荻原浩。 あまり前知識なく図書館で借りたが、どうやらミステ

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/06/19 11:43 PM

香水「ミリエル」の販売戦略として流した「女の子をさらって足首を切り落とす、レインマンが渋谷に出没。でも、ミリエルをつけている子は狙われない」という噂。始めはただの噂だったはずなのに実際にそっくりな手...

  • Memento-Mori
  • 2006/06/20 12:59 AM

噂*荻原浩

☆☆☆☆・ 東京エージェンシーはクライアントのひとつであるミリエル社のローズという香水の販売促進のために、企画会社・コムサイトに販促企画を依頼した。 コムサイト社長・杖村沙耶が打ち出したのは、WOMというい

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2006/06/20 7:15 AM

○「噂」 荻原浩 講談社 1700円 2001/2

噂なんて、って思うかも知れないが、それが大規模なものになればなるほど、否定できないパワーを帯びてくる。評者が小学生の時も、今考えるとトンデモナイ噂が流れたのを覚えている。 "加藤茶が死んだ"。この噂は、当時、評者の通う小学校で瞬く間に広がった。勿論、

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/06/20 8:18 AM

荻原浩のことども

◎◎ 『なかよし小鳩組』   ◎ 『ハードボイルド・エッグ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『噂』   ▲ 『誘拐ラプソディー』 既読書評なしm(__)m   ○ 『メリーゴーランド』 ◎◎ 『僕たちの戦争』   ○ 『明日の記憶』   ◎ 『さよならバースディ

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/06/20 8:18 AM

(書評)噂

著者:荻原浩 「レインマンが出没して、女の子の足首を切っちゃうんだ。でも、ミリエ

  • たこの感想文
  • 2006/06/20 9:23 AM

噂 [荻原浩]

噂荻原 浩講談社 2001-02 「女の子を殺して足首を切る殺人鬼レインマンが出没している。でもこの香水をつけていれば狙われない」。新しい香水を売るために仕掛けられたニセの噂。しかしその噂通りの殺人事件が発生してしまいます。刑事・小暮は犯人逮捕のため捜査を続

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/06/20 11:35 AM

★ 噂 荻原浩 

噂荻原 浩講談社 2001-02by G-Tools とりあえず、今まで読んだ荻原浩作品の中では、私的にNo.1。 日本に初上陸する無名の香水ブランド・ミリエル。その宣伝のために、広告代理店の美しい女社長は「口コミ」という手段を使います。「女の子をさらって足首を切り落

  • 本を読んだら・・・by ゆうき
  • 2006/06/20 5:31 PM

「噂」(荻原浩著)

 今回は 「噂」 荻原 浩著 です。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/07/15 8:48 PM

「噂」荻原浩

ぞわりと背筋が寒くなる作品でした。 ★★★★☆ 広告代理店に勤める西崎、加藤、企画会社杖村の発案のもと、香水ミリエルを売り出すため、口コミを利用することにする。 女子高生をターゲットとしたその商品に、「

  • 日だまりで読書
  • 2006/08/08 10:33 AM

荻原 浩 噂 内容(「BOOK」データベースより) 「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広

  • マリーの本棚 
  • 2006/09/13 8:25 PM

「噂」  荻原浩

噂posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 9荻原 浩著新潮社 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る評価 ★★★★★+α「うわぁ*@〜p6¥30&`+_*U()#%&!!!!!」最後の一行を読んで、俺は声にならない叫び声をあげて本を放り投

  • mikapapaの 「こんな本を読んだ」
  • 2006/10/09 9:14 PM

荻原浩「噂」

「ミリエルをつけると三ヶ月以内に恋人ができるんだって!」 香水を売り出すためのプロモーションとして使われた口コミ作戦 渋谷を根城とする女子高生達をモニターにし、口コミを広げようとしていた そんな時に、ちょっとしたいたずらのように、もう一つの噂も広めら

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/03/27 2:31 AM

噂/荻原浩

『明日の記憶』があまりにも有名な著者による、え〜と……やっぱりサイコ・サスペンスですかね。 噂荻原 浩 新潮社 2006-02売り上げランキング : 56907おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ●内容(「BOOK」デー

  • 黒猫の隠れ処
  • 2007/04/17 4:43 PM

【荻原浩】噂

 次に読む荻原作品はこれ、と前から決めていた。噂に違わぬ面白さの『噂』であった。 新潮文庫 2006/11/20 11 刷  警視庁目黒署管内の森で殺人死体が発見される。被害者は若い女性、全裸、額には「R」と読める赤い文字、そしてもう一つの奇妙な事実…彼女は両足

  • higeruの大活字読書録
  • 2007/04/28 4:10 PM

荻原浩 『噂』

久々におもしろいミステリーを読みました。 噂 (新潮文庫)荻原 浩  ちびちび的プチ評:[emoji:i-280][emoji:i-280][emoji:i-280]   最後の最後ですべてがひっくり返る! 新潮社 2006-02Amazonで詳しく見る by G-Tools 海外ブランドの香水「ミリエル」を売

  • 奥さまは149cm
  • 2007/08/24 3:20 PM

「噂」荻原 浩

「噂」  荻原 浩:著  新潮社/2006.2/629円 衝撃のラスト一行に瞠目! 都市伝説が渋谷の女子高生たちの間を 駆けめぐる。 背筋か凍る 萩原流サイコ・サスペンス。      <帯より> どんでん返し好きとしては、この帯に惹かれ

  • 月灯りの舞
  • 2007/08/30 3:42 PM

荻原浩『噂』

噂 (新潮文庫)荻原 浩新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『噂』を紹介します。新製品ミリエルを売り出すためには、企画会社がある噂を流す。その噂は、「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね。ミリエルをつけてると狙われないんだ

  • itchy1976の日記
  • 2010/01/05 11:15 PM