2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「パンク侍、斬られて候」町田康

パンク侍、斬られて候タイトル:パンク侍、斬られて候
著者  :町田康
出版社 :マガジンハウス
読書期間:2006/04/23 - 2006/04/26
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


江戸時代、奇怪な宗教団体「腹ふり党」が蔓延する藩に現れた牢人・掛十之進。彼は弁舌と剣の実力を発揮して活躍するが…。『鳩よ!』及び『ウフ.』連載を大幅に加筆修正して単行本化。
「告白」以来久々に著者の本を読みました。相変わらず弁舌軽やかな世界が展開しています。

街道沿いの茶屋で茶を飲んでいた牢人・掛十之進が、突然巡礼の父娘に歩み寄り、その父をずばっと斬り捨てるところから物語は始まる。自他共に認める凄腕の剣士でありながら流浪の身である掛は、一計を案じてある藩に取り入れてもらおうと企てる。悪徳宗教「腹ふり党」が近隣諸国で蔓延しており、専門家である自分を召抱えないと藩の壊滅につながるというものだが……。

時代小説らしからぬ言い回し、頻出するカタカナ言葉と難しい漢字。この本を時代小説として受け止めようとしたのが、そもそも間違いでした。リズミカルな言葉の流れに翻弄されっぱなし、流されっぱなしなのですが、それがとても心地よいです。毎度のことながら、文章の意味について一つ一つあまり考えすぎないほうが調度よかったです。

前半はだらっとした展開でしたが、「腹ふり党」が出現してからの展開は怒涛の如く。民衆が狂ったように行う腹ふりは、ロックコンサートで猛り狂うファンの姿を彷彿させるほどすさまじいものがあります。自らを「パンク侍」と名乗った掛は、自分をロック=既成概念を壊す存在として君臨しようとしたのでしょうか。

ラストの展開も見事。はまる所にぴたりとはまったのがとても爽快でした。町田さんの本は割りと読み手を選ぶと思いますが、この本は比較的どなたが読んでも楽しめるエンタテインメント作品だと思います。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 15:42
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんにちは〜 告白以来の長編を読みました 凄い登場人物達.. たしかに前半のタラタラ度からは想像できない程の後半の展開 ホント面白いですね

■きりりさん
コメント、遅くなりました。
僕もこの本は「告白」の次に読みました。
「告白」もすごく面白かったのですが、こちらも負けじと面白かったです。
そういえばしばらく町田さんの本を読んでないような・・・。

  • あおちゃん
  • 2007/08/02 8:36 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

パンク侍、斬られて候 (町田康)

これは良く出来たエンターテイメントです。漢字アレルギーでさえなければ(後述)、誰でも楽しめそう。 時代小説の体裁だけど、時代考証無視、ハチャメチャでナンセンスでちょっぴりシュール。でも訳が分からなくなるほどにはハメをはずしていないし、物語としての筋道

  • 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog
  • 2006/05/22 10:36 PM

◎◎「パンク侍、斬られて候」 町田康 マガジンハウス 1680円 2004/3

 多分、本書『パンク侍、斬られて候』は、町田康の集大成作品と呼んでもおかしくないだろう。過去、『夫婦茶碗』や『耳そぎ饅頭』といった、評者がいたく痛快に読した傑作たちを他人にお薦めしたところ、共感者が半分、何が面白いのって感性の輩が半分だったのだが、こ

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/05/23 8:35 PM

町田康のことども

◎◎ 『くっすん大黒』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『夫婦茶碗』   ○ 『へらへらぼっちゃん』 既読書評なしm(__)m   ○ 『屈辱ポンチ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『つるつるの壺』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『耳そぎ饅頭』 既読書評なしm(__)m   ◎

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/05/23 8:36 PM

「パンク侍、斬られて候」町田康

パンク侍、斬られて候発売元: マガジンハウス価格: ¥ 1,680発売日: 2004/03/18売上ランキング: 11008おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/30 これを読み終わって17時ごろ。ちょっと寝転んだらどうやら寝てしまったらしい。この本の感想をだーーーっと書

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/09/06 12:40 AM

パンク侍、斬られて候<町田康>−(本:2006年121冊目)−

マガジンハウス (2004/3/18) ASIN: 4838714904 評価:85点 時代小説かとおもいきや、中身は奇想天外荒唐無稽一罰百戒魑魅魍魎のナンセンスドタバタ小説だ。 誰もが昔の筒井康隆を思い出すだろうな。 しかし、設定や展開がドタバタでも、文章のキレが凄い。 や

  • デコ親父はいつも減量中
  • 2006/12/07 12:07 AM

町田康『パンク侍、斬られて候』●

 2006.10.25初版。単行本は2004年3月マガジンハウス刊。  時代小説...

  • 駄犬堂書店 : Weblog
  • 2006/12/11 12:51 AM

町田康「パンク侍、斬られて候」

この世は、巨大な条虫の胎内にあり、この世に起ることは無意味である 彼らが願うのは条虫の胎外、真正世界への脱出である 彼ら一党「腹ふり党」 奇妙な宗教団体 虫は自分たちを毒として体外に糞として排出しようとする それこそが真正世界 そのため、ひたすらに「

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/07/24 2:45 AM