2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ホーキング、宇宙のすべてを語る」S.W.ホーキング他

ホーキング、宇宙のすべてを語るタイトル:ホーキング、宇宙のすべてを語る
著者  :S.W.ホーキング,L.ムロディナウ,佐藤勝彦
出版社 :ランダムハウス講談社
読書期間:2006/03/15 - 2006/03/17
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


宇宙には始まりと終わりがあるのか?時間の本質とは何なのか?時間をさかのぼることはできるのか?宇宙論の基礎から最新の学説までをカバーした、すべてがわかる決定版。
「ホーキング、宇宙を語る」の17年ぶりの改訂新版という扱いの本書。しかし、内容を一新し、「宇宙を語る」よりももっと平易な言葉で、大事な理論に限定した入門書になったという印象です。

一般的な科学理論についての説明から始まり、天動説と地動説への理論の変化、理論の修正過程などが前半に並べられています。ほとんどが学校で習ったことばかりで、まずは基本のおさらいといった感じ。中盤ではニュートン力学、ミクロな世界を表現する量子力学、ブラックホールの謎、みんなが憧れるタイムトラベルは可能なのかといった内容へと展開。最後に統一理論の可能性、超ひも理論など最新の話題にも触れています。

著者の狙い通りわかりやすい内容となっており、また時間の概念やタイムトラベルの話などは興味深かったのですが、期待していた最新の物理理論についての紹介が極わずかなページのみで正直物足りなかったです。ある程度知識のある方には「未来を語る」の方をオススメします。


スポンサーサイト

  • 22:16
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback