2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠タイトル:砂漠
著者  :伊坂幸太郎
出版社 :実業之日本社
読書期間:2006/03/03 - 2006/03/06
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」に巣立つ前の「オアシス」で、あっという間に過ぎゆく日々を送る若者群像を活写。日本全国の伊坂ファン待望、1年半ぶりの書き下ろし長編青春小説!
発売後比較的早く買ったはずなのに、積んだままで2ヶ月。ブログで感想が出始めて盛り上がる中、読んだら一緒に盛り上がれるだろうなぁって思いつつも読むのは3月になってしまいました。でも、3月=卒業の時期にこの本を読めたのはちょうど良かったかも。

仙台の大学(おそらく東北大学)を舞台に、主人公・北村と彼の仲間(鳥井、南、東堂、西嶋)ら、男女五人の学生たちが繰り広げる青春物語。「春」「夏」「秋」「冬」の章から構成されていて、あぁ一年間の出来事かぁなんて読んでたんだけど、最後の最後でそうじゃないことに気がつきました。うまい!と思いましたが、ただ自分が鈍かっただけかも。

読んでいる最中、とにかく大学時代に戻ったような感覚をずっと味わってました。書かれているエピソードほど大規模なネタはないものの、自分にもいくつか思い出せることがありました。ことあるごとに集まる仲間。麻雀もしたし、非常にくだらないことで盛り上がったりもしたし、バカなこともしてみたし。すごく懐かしい。

伊坂作品にはいつも登場するクールな主人公を始め、今回は魅力的なキャラが満載です。それぞれが個性的で、「自分」というものを持っていて、仲間を信用していて。金城一紀さんの「ザ・ゾンビーズ」とはまた違ったいい仲間です。主要な5人以外にも幹事の莞爾や北村の彼女・鳩麦さんなども素敵でした。特に鳩麦さん。あの頃って年上の女性にちょっと憧れってあるよね?

大学を卒業してそれぞれの道に進む5人。社会が砂漠かどうかはその人次第です。「砂漠に雪を降らせてやる」の気持ちで一つ一つ壁を乗り越えていって欲しいなぁって思います。そして自分もそういう気持ちで日々精進したいです。

【追記】
「なんてことは、まるでない」を使おうと考えてたけど、思い浮かびませんでした・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 13:39
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん☆トラバありがとうございます

この本、実に爽快です。
若いってこういうことだと思います。
この気持ちをずっと持ち続けることができるかどうか?
そのあたりも書いて貰えると嬉しいなぁ。なんて思います。

  • Roko
  • 2006/03/30 9:43 PM

この時期読むというのは、タイムリーですねー。ラストが心に沁みそうです。
ちなみに私も、すっかり騙されました。
そういえば、ところどころ違和感を感じるところはあったんですよね。
でも騙されるのもまた爽快です♪

  • june
  • 2006/03/30 10:48 PM

■Rokoさん
いいですよねー、この本。ほんと懐かしい。
いつまでも昔の気持ちを忘れないでいたいですね。
続編、あるかなぁ。あったらうれしいですね。

  • あおちゃん
  • 2006/04/02 11:57 PM

■juneさん
面白かったですねぇ。大学を卒業するとき思い出しました。
juneさんは何となくは感じたんですね。
僕はまったく気が付きませんでした。違和感すら感じず・・・。
そういえば今回ってこれまでの作品とのリンクはあったのだろうか?
それにも全然気が付きませんでした・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/04/03 12:07 AM

こんばんは。
何度かTBいただいていたのに、こちらのブログを拝見する事が出来ずにいました。
今日やっとどうしたらいいのかがわかって晴れ晴れした気持ち。
TBさせていただきました。

■ななさん
こんにちは。
いつもTBしっぱなしでコメントもせずスミマセン・・・。
見れなかったとのことですが、原因はこちらにあったのかな。
ちょっと気になってしまいました・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/04/07 2:06 PM

インターネットオプションのセキュリティーを「高」にしなければ、ブログが見れないのです。
私の書いてる事で理解できますか?
基本的にPC・ネット関係は全く無知なので、どうしてそうなるのかはわかりませんが…

こんにちは。
伊坂作品、大好きです。
「砂漠」はいいですよね。
私、今大学生ですけど、羨ましく思っちゃいます。
こういう友情も素敵だと思いました。
ゾンビーズも最高ですけどね^^

■ななさん
そうですか・・・。聞いておきながら、僕もあまり詳しくないのでお役に立てそうにありません。ごめんなさい・・・。セキュリティオプションを「高」にするとWeb閲覧にいろいろ制約がありそうですね。それにめげず(?)、また書き込みにきてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/04/09 1:52 AM

■苗坊さん
こんばんは。大学在学中にこれを読めるとはうらやましいかぎりです。
しかも、ブログを拝見したところ就職活動中だとのこと。
なんだかこの本を読む時期としてはぴったりでしたね。
お忙しいと思いますが、暇を見つけてTB&コメントしてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/04/09 2:01 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

◎◎「砂漠」 伊坂幸太郎 実業之日本社 1600円 2005/12

 偉そうな言い方を許していただければ、一人の作家の作品を読み続けていると、“来たな!”と感じさせる作品がある。偉そうなというのは、文章の世界において、例えば東野圭吾みたいな天性の物語作家に対して、評者がああだこうだいう程の立派な人物でないことは自覚し

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/03/30 3:18 PM

砂漠

砂漠 実業之日本社 伊坂幸太郎 このアイテムの詳細を見る 「四者会談。確率と中国語の研究ですよ」  「何それ」  「麻雀」西嶋は右手の指を3つ立てた。「今、3人まで見つかったんだけど、あと1人は北村じゃないとダメなんですよ」(本文より抜粋)  

  • ついてる日記
  • 2006/03/30 5:19 PM

砂漠に雪を降らせましょう

その気になったら砂漠に雪を降らせるコトだって出来るんだ。 っとこのフレーズでこの「砂漠」を読み始めることにしましたぁ。 先日ご紹介させていただきました「陽気なギャングが地球を回す」の伊坂幸太郎さんの作品です。 この表紙の絵といい なんともいえない魅力を

  • ユキデッポウ
  • 2006/03/30 5:26 PM

砂漠*伊坂幸太郎

☆☆☆☆・ 砂漠に雪を降らせてみせよう! ファン待望、著者1年半ぶりの書下ろし長編! 青春小説の新たな傑作が、いまここに誕生した―― 「大学の一年間なんてあっという間だ

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2006/03/30 5:53 PM

「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠 おもしろかったですー。「魔王」以来、伊坂さんがいっそう好きになってしまったのですが、これもよかった。伊坂さんの語り口が堪能できます。「アヒ鴨」で残ったやりきれない思いも、心に残るものではあったのですが、やっぱりこういうすっきりしたものは、読ん

  • 本のある生活
  • 2006/03/30 10:44 PM

『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社

砂漠 ここのところ、ライブだトリノだと、ほかのことに夢中になってしまって(トリノはちょっと淋しい展開ですが)、読書がお留守になってしまっています。ぼちぼち読んでようやく読み終えました。時間はかかりましたが、面白かったです。とても良い読後感でした。 大

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2006/03/31 12:36 AM

■ 砂漠 伊坂幸太郎 

砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10by G-Tools 大学生活の「日常」を丁寧に描いてくれて、懐かしさを感じさせてくれる本です。ああ、大学時代って、こんな感じだったなあ、と。実際は、麻雀、合コン、ボーリングなど私はあまりしていないことを、彼らはするので

  • IN MY BOOK by ゆうき
  • 2006/03/31 1:42 PM

砂漠 [伊坂幸太郎]

砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10 仙台の大学を舞台に、北村と彼の仲間たち、鳥井、南、東堂、西嶋ら、男女五人が繰り広げる青春物語。 大学に入学した「春」の章からはじまり、次の年の夏、またその次の年の秋、さらにその次の年の冬…ときてまた春になる

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2006/03/31 6:34 PM

砂漠 伊坂幸太郎

大学生5人の日常を、平行して起こった事件と絡めながら鮮やかに描く長編青春小説。 極端なキャラクターを持ち合わせた彼らではあったが、一人一人が本の中で確実に生きていて、本当に存在するのではないか?という位に人物造形や描写が素晴らしかった。 普通のキャン

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2006/03/31 9:30 PM

「砂漠」伊坂幸太郎

 [amazon] [bk1] わー、楽しかった。大学の4年間が春夏秋冬の章に分けて描かれていく群像劇なんですけど、もうほんと読んでて自分の大学時代が懐かしくな...

  • Ciel Bleu
  • 2006/04/02 7:27 AM

伊坂幸太郎『砂漠』  ★★★★☆

砂漠 伊坂 幸太郎 「砂漠で雪を降らせてみなよ」と唆されて、立ち上がらない西嶋はすでに西嶋ではない、と知り合って間もない僕ですら思ったのだから、西嶋歴十八年以上の西嶋ならなおさらそう感じたはずで、だからなのか、すっくと立ち上がった。  わー伊坂大好

  • book diary
  • 2006/04/02 10:17 PM

「砂漠」

砂漠伊坂 幸太郎 Amazonで詳しく見るby G-Tools 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」に巣立つ前の「オアシス」で、あっとい

  • moji茶図書館
  • 2006/04/03 12:23 PM

「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠伊坂 幸太郎仙台の大学に入って最初のコンパ。遠くからみんなの様子を見ていた北村に声をかけてきた、鳥みたいな頭でお調子者の鳥井。不思議な能力を持つ南、愛想のない美女の東堂、前進あるのみの西嶋、5人の大学生活。大学時代ってホントくだらない事が面白かっ

  • ナナメモ
  • 2006/04/04 10:41 PM

砂漠 伊坂幸太郎

砂漠 オススメ! 某国立大学に入学した北村。 彼は騒いでいる同級生達を上から見下ろす鳥瞰型だった。 そんな彼に話しかけていたのはヤマセミのような髪をした鳥井。 そして、遅れてきていきなり演説のような自己紹介をしてその場をしらけさせた西嶋。 とびきりの

  • 苗坊の読書日記
  • 2006/04/08 2:23 PM

伊坂幸太郎【砂漠】

あなたは「学生時代に戻りたい」と思いますか? 私は…… 学生時代、楽しかったけど、戻りたいとは思わない。 学生時代って辛いです。 毎年、試験が何回もあるし。レポート書いたり、宿題があったり。 世間の流行をいちいち追わないとダメだ、

  • ぱんどら日記
  • 2006/05/07 8:55 AM

『砂漠』 伊坂幸太郎 (実業之日本社)

砂漠伊坂 幸太郎 / 実業之日本社(2005/12/10)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <“いつまでも素直な気持ちを忘れずに生きようよ!”ということを教えてくれる青春小説の決定版!> 今までの伊坂作品は本

  • 活字中毒日記!
  • 2006/05/14 8:56 PM

砂漠 [伊坂幸太郎]

砂漠伊坂 幸太郎著 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂

  • 玉葱の本棚
  • 2006/05/16 12:28 AM

砂漠 伊坂幸太郎

砂漠 ■やぎっちょ評価コメント(この本はエビノートさんオススメで読みました。エビノートさんありがとう!!) 超能力があってもいいんじゃないか、って思う人は先にワンクリック 普通系ですね。内容が。というより日常系かな。 無理、飛躍した設定はなくて大

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2006/05/17 2:37 AM

「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠発売元: 実業之日本社価格: ¥ 1,600発売日: 2005/12/10売上ランキング: 12285おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/10 直木賞選考会にて。 「ああ、また伊坂くんか」 「もう5回目ですわね、ふふ」 「今度はなんだ、ミステリじゃないのか」 「青

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/07/12 12:33 AM

「砂漠」 伊坂幸太郎

砂漠posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.21伊坂 幸太郎著実業之日本社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2007/11/27 5:15 PM

「砂漠」伊坂幸太郎

砂漠(2005/12/10)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 仙台の大学に入学して、クラスの懇親会という名目で開かれたコンパ。どこかさめた気持ちで、クラス...

  • しんちゃんの買い物帳
  • 2008/02/24 10:18 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2010/09/16 11:55 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2010/09/23 9:22 AM