2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「リカ」五十嵐貴久

リカタイトル:リカ
著者  :五十嵐貴久
出版社 :幻冬舎
読書期間:2006/03/01 - 2006/03/02
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


本間隆雄は妻子を愛する、42歳のごく平凡なサラリーマン。軽い気持ちで始めたインタネットの出会いサイトである日リカと名乗る女性と知り合う。メールでのやり取りから、徐々に常軌をいっしていくリカの言動に脅えた本間はリカとの連絡を断ったが…。エスカレートし続けるリカの狂気、もう、彼女から逃れることはできないのか?第2回ホラーサスペンス大賞 大賞受賞作品。
安政五年の大脱走」以来久しぶりに五十嵐さんの本を読みました。第2回ホラーサスペンス大賞受賞作品。

平凡なサラリーマン・本間隆雄はほんの出来心から出会い系サイトを始める。しかし、知り合ったのはとんでもない女性・リカだった。徐々に本性を見せるリカ。常軌を逸したリカの行動に無視を決め込もうとする隆雄であったが・・・。

五十嵐さんはとんでもない化け物を作り上げたなぁと関心。自己中心的で常軌を逸した行動。辻褄の合わない言動。そして、その容姿・・・。確かにこんな化け物に付きまとわれたら生きた心地などしないだろうと思う。五十嵐さんは出会い系サイト絡みの事件が多発してる現代に警鐘を鳴らしているのかもしれない。ただ、メールや電話で女性を落とす方法を微に入り細に入り説明されていますが・・・。

でも、ホラーサスペンスとしてはどうでしょう。結局はインパクトのある化け物を登場させたそれだけの本という印象です。リカがどうしてそうなってしまったのかの過程をもっと描写して欲しかったなぁと。リカの本性が早々に分かってしまい、その後はただただ残酷な描写が続くのでは読んでいてちょっと辛いです・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 21:41
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

(書評)リカ

著者:五十嵐貴久 平凡な中年・本間が出会ったのはリカという女だった。最初は大人し

  • たこの感想文
  • 2006/03/29 9:01 PM

「リカ」(五十嵐貴久著)

 今回は 「リカ」 五十嵐 貴久著 です。この本は第2回ホラーサスペンス大賞受賞作で五十嵐さんのデビュー作ですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/03/31 8:01 PM

読書感想「リカ」

読書感想「リカ」 リカ 【評価】★★★

  • 三匹の迷える羊たち
  • 2006/05/15 11:42 PM

リカ

リカposted with amazlet on 06.08.16五十嵐 貴久 幻冬舎 (2003/10)売り上げランキング: 126,345Amazon.co.jp で詳細を見る 妻子ある普通のサラリーマン・本間は遊び心で始めた出会い系サイトでリカという女と知り合う。メールで慎重に何度も駆け引きにも似たやりとりを

  • 読了漫画覚え書き
  • 2006/08/16 9:43 PM